ロバート・ゲーツ ニュース&Wiki etc.

ロバート・マイケル・ゲーツ(, Ph.D.、1943年9月25日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。国防長官(第22代)。中央情報局(CIA)長官、テキサスA&M大学学長を歴任。現在、ウィリアム・アンド・メアリー大学総長(第24代)。 (出典:Wikipedia)

「ロバート・ゲーツ」Q&A

  • Q&A

    元米国防長官、韓国元大統領を「頭がおかしい」、米国のロバート・ゲーツ元国防長官は14…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年1月16日 00:07

  • Q&A

    朴大統領は、この一年、どんな成果をあげましたか?*朴大統領「村山・河野談話」継承要求…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2014年1月15日 19:49

  • Q&A

    中国による衛星への攻撃に頭を悩ますアメリカ米国にとって最も大きな破壊力を持つのは中国…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2012年12月23日 09:31

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ロバート・ゲーツ」のつながり調べ

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見たロバート・ゲーツ

    尖閣諸島付近での緊張が高まる中、2010年9月23日、ヒラリー・クリントン国務長官は、日本の前原誠司外務大臣との日米外相会談で、「尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象範囲内である」との認識を示し、同日行われた会見でロバート・ゲーツ国防長官は「日米同盟における責任を果たす」「同盟国としての責任を十分果たす」とし、マイケル・マレン統合参謀本部議長は「同盟国である日本を強力に支援する」と表明した。また、菅直人内閣総理大臣とバラク・オバマ大統領の日米首脳会談で、両国は「緊密に連携する」ということで一致した。(尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・フセイン・タンターウィー

    ムハンマド・フセイン・タンターウィーから見たロバート・ゲーツ

    ムバーラクは大統領府を去り、副大統領のオマル・スレイマーンがムバーラクの退任と最高評議会への権限の委譲を発表した。これにより、タンターウィーは軍最高評議会議長として国家元首代行となった。この間、アメリカ合衆国の国防長官であるロバート・ゲーツと電話会談と重ね、軍部がムバーラクを支持していないことを伝えたとされる。(ムハンマド・フセイン・タンターウィー フレッシュアイペディアより)

「ロバート・ゲーツ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ロバート・ゲーツ」のニューストピックワード