前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • リビア飛行禁止空域

    リビア飛行禁止空域から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アメリカのロバート・ゲーツ国防長官は公聴会にてこの点について、「飛行禁止空域は防空体制を撃破するためリビア国土への攻撃から開始される・・・。そして、リビア領空全域に航空機を展開させるが、銃殺されている人々を(直接)救うことは出来ない。しかしこれが(間接的に)救う最初の手立てとなるであろう。」と説明している。リビア飛行禁止空域 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲイツ

    ロバート・ゲイツから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ラサ・ユクネヴィチエネ

    ラサ・ユクネヴィチエネから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    [[ファイル:R. Juknevičienė and Robert M. Gates.jpg|thumb|left|2009年2月12日、ペンタゴンにてロバート・ゲーツ米国国防長官と会談するユクネヴィチエネ。]]1988年、サユディスに参加するようになり、パスヴァリス・サユディス評議会議長となった。1990年にリトアニア独立回復宣言に署名。その後は国会議員として活動し、1999年から2000年にはセイマス副議長も務めた。2008年12月9日、国防相に就任した。ラサ・ユクネヴィチエネ フレッシュアイペディアより)

  • ミズーリ (原子力潜水艦)

    ミズーリ (原子力潜水艦)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ミズーリの建造は2003年8月14日にコネチカット州グロトンのジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、2008年9月27日に起工した。2009年12月5日にベッキー・ゲーツ(ロバート・ゲーツ国防長官の妻)によって命名、進水し、2010年7月31日に就役した。ミズーリ (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 外交問題評議会

    外交問題評議会から見たロバート・ゲイツロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲイツ 1991年11月6日 - 1993年1月20日外交問題評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 作戦計画5029

    作戦計画5029から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2008年後半は終始、北朝鮮指導者金正日の健康状態悪化の噂に呼応し、対応する本計画が実行されるのではないかとの言及があった。同年10月、米国国防長官ロバート・M・ゲーツと韓国国防部長官(イ・サンヒ)との間で戦作権の韓国軍への計画的移行について会談が持たれた。会談に先立ちアメリカ統合参謀本部ととの間で案がまとめられ、北朝鮮体制崩壊時の軍事作戦計画の取りまとめを継続することなどが話し合われた。(Korea Retired Generals and Admirals Association)でのスピーチの中で、在韓米軍司令官将軍は、北朝鮮体制の動揺や崩壊を含め何らかの体制変動が発生した際に介入するため、様々な状況に呼応する計画を準備している、ということを明らかにした。これに対し北朝鮮の朝鮮中央通信は「米国と南朝鮮の好戦的な軍隊は公然と反共和国的かつ軍事的作り話を保持している(いた)。彼らはこのような作り話に基づいて『不測の事態に援軍を急派する』ことに合意している。」と主張した。更に「好戦的な米軍は、先軍思想の軍隊と共和国の決意を見誤らないよう随分と忠告されるだろうが、しかし同時に新たな戦争へと続く彼らの無謀な行動を制止するアドバイスも与えられるだろう。」と述べた。作戦計画5029 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ブルース・ドンリー

    マイケル・ブルース・ドンリーから見たロバート・ゲイツロバート・ゲーツ

    2008年6月9日、国防長官ロバート・ゲイツは小ブッシュ大統領に対してドンリーを空軍長官に推薦した。ゲイツ国防長官は2008年6月9日、ドンリーが空軍長官代行に任命されたことを発表した。その後、連邦上院は2008年10月2日にドンリーを第22代空軍長官として承認した。マイケル・ブルース・ドンリー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国軍の喫煙

    アメリカ合衆国軍の喫煙から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    国防総省は2010年末までにタバコ使用率を12%に引き下げることを望んだ。 目標を成し遂げるために、ペンタゴンのヘルスエキスパートは国防長官ロバート・ゲーツに軍によるタバコ使用の禁止と軍施設でのタバコ販売打ち切りを訴え始めた。 海軍は潜水艦での喫煙の禁止を2010年末までに実行した ? 1994年に課せられた屋内禁煙の不相応な抜け道のひとつを浮き彫りにした。 タバコ会社の粘り強さと軍内の喫煙文化の普及度によって、国防総省は政策のためのより強力でより明示的な実行命令と、軍の喫煙率を真に抑制するためのより厳格な執行を要求し得る状況にある。アメリカ合衆国軍の喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・グリーナート

    ジョナサン・グリーナートから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    海軍作戦副部長在任中の2011年6月、当時のロバート・ゲーツ国防長官によって、同年9月に退役を控えていたラフヘッド海軍作戦部長の後任に相応しい人物としてバラク・オバマ大統領に推薦される。オバマ大統領もこれを受け、2011年7月21日付で正式にグリーナートを次期海軍作戦部長として指名する人事を発令、同日レオン・パネッタ国防長官より指名の旨が発表された。海軍作戦部長のような重要ポストについては、通常の将官の昇任・指名人事に必要な本会議承認だけでなく、本会議承認に先立ち上院軍事委員会による指名公聴会で意見等を述べ審査を受けることが必要になるが、この指名人事を受けて上院では7月28日にグリーナートの指名公聴会を開催した。公聴会・本会議承認はトラブル・スキャンダルなく無事に進み、グリーナートは2011年9月23日付でラフヘッド大将の後任として第30代海軍作戦部長に就任した。潜水艦乗組員出身の海軍作戦部長が誕生したのは、第24代のフランク・ケルソー2世大将(1990年6月29日 - 1994年4月23日)の退任以来、17年半ぶりのことであった。ジョナサン・グリーナート フレッシュアイペディアより)

  • 統合打撃戦闘機計画

    統合打撃戦闘機計画から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    開発は、アメリカ合衆国、イギリス、イタリア、オランダ、トルコ、オーストラリア、ノルウェー、デンマークにより共同出資予定である。2009年4月6日にロバート・ゲーツ国防長官は、アメリカは合計2,443機のJSFを購入する予定であることを公告した。また、F-16採用国での導入も見込まれており、最終的な生産数は5,000機を上回るとされている。統合打撃戦闘機計画 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「ロバート・ゲーツ」のニューストピックワード