前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • リビア飛行禁止空域

    リビア飛行禁止空域から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アメリカのロバート・ゲーツ国防長官は公聴会にてこの点について、「飛行禁止空域は防空体制を撃破するためリビア国土への攻撃から開始される・・・。そして、リビア領空全域に航空機を展開させるが、銃殺されている人々を(直接)救うことは出来ない。しかしこれが(間接的に)救う最初の手立てとなるであろう。」と説明している。リビア飛行禁止空域 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲイツ

    ロバート・ゲイツから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ軍の衛星通信

    アメリカ軍の衛星通信から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    TSATシステム (Transformational Satellite Communications System)は、上記のAEHFを代替するとともに、SHF-SATCOMシステムと統合するものとして、現在、コンセプト開発が進められている衛星通信システムである。しかし、2008年10月、計画を2010年まで先送りすることが決定され、2009年4月には、ロバート・ゲーツ国防長官は、計画の中止を勧告した。アメリカ軍の衛星通信 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2010年9月に起こった尖閣諸島中国漁船衝突事件の際は、ヒラリー・クリントン国務長官は、日本の前原誠司外務大臣との日米外相会談で、「尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象範囲内である」との認識を示し、同日行われた会見でロバート・ゲーツ国防長官は「日米同盟における責任を果たす」「同盟国としての責任を十分果たす」とし、マイケル・マレン統合参謀本部議長は「同盟国である日本を強力に支援する」と表明している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカサイバー軍

    アメリカサイバー軍から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2009年6月23日、ロバート・ゲーツ国防長官は、従来からサイバー作戦・防衛任務を担っていた戦略軍の当時の司令官、ケヴィン・P・チルトン空軍大将に対して、新たにアメリカサイバー軍(USCYBERCOM)を設立するよう指示した。その後設立に向けた準備が進められ、翌年2010年5月21日に初期作戦能力(Initial Operational Capability, IOC)の整備・付与が完了したことにより、USCYBERCOMは公式に始動する運びとなった。同日USCYBERCOMの本拠地となるメリーランド州フォート・ミード陸軍基地で挙行された活動開始式典(activation ceremony)には、ゲーツ国防長官のほか中央軍司令官(当時)のデイヴィッド・ペトレイアス陸軍大将が同席した。アメリカサイバー軍 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・フセイン・タンターウィー

    ムハンマド・フセイン・タンターウィーから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ムバーラクは大統領府を去り、副大統領のオマル・スレイマーンがムバーラクの退任と最高評議会への権限の委譲を発表した。これにより、タンターウィーは軍最高評議会議長として国家元首代行となった。この間、アメリカ合衆国の国防長官であるロバート・ゲーツと電話会談と重ね、軍部がムバーラクを支持していないことを伝えたとされる。ムハンマド・フセイン・タンターウィー フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・グリーナート

    ジョナサン・グリーナートから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    海軍作戦副部長在任中の2011年6月、当時のロバート・ゲーツ国防長官によって、同年9月に退役を控えていたラフヘッド海軍作戦部長の後任に相応しい人物としてバラク・オバマ大統領に推薦される。オバマ大統領もこれを受け、2011年7月21日付で正式にグリーナートを次期海軍作戦部長として指名する人事を発令、同日レオン・パネッタ国防長官より指名の旨が発表された。海軍作戦部長のような重要ポストについては、通常の将官の昇任・指名人事に必要な本会議承認だけでなく、本会議承認に先立ち上院軍事委員会による指名公聴会で意見等を述べ審査を受けることが必要になるが、この指名人事を受けて上院では7月28日にグリーナートの指名公聴会を開催した。公聴会・本会議承認はトラブル・スキャンダルなく無事に進み、グリーナートは2011年9月23日付でラフヘッド大将の後任として第30代海軍作戦部長に就任した。潜水艦乗組員出身の海軍作戦部長が誕生したのは、第24代のフランク・ケルソー2世大将(1990年6月29日 - 1994年4月23日)の退任以来、17年半ぶりのことであった。ジョナサン・グリーナート フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・デンプシー

    マーティン・デンプシーから見たロバート・ゲイツロバート・ゲーツ

    デンプシーは、1974年に士官学校を卒業すると機甲部隊の将校に任命され、尉官として第2機甲騎兵連隊第1大隊第1中隊長を務めた。彼は、第3機甲師団第3旅団の将校として砂漠の盾作戦・砂漠の嵐作戦に参加した。1992年から1995年までドイツのヘッセン州フリードバーグに位置する 第1機甲師団第67装甲連隊第4大隊長を務めた。2003年6月に、第1機甲師団長に任命された。デンプシーが第1機甲師団長だった2005年7月までの中で、2003年6月から2004年7月までの13ヶ月間はイラクでの勤務であった。2007年3月27日に、デンプシーは、中央軍副司令官、フロリダ州のマケディル空軍基地の副司令官などを経て、イラクの多国籍軍の司令官に任命された。2008年2月5日にデンプシーはアメリカ上院の承認を受け大将に昇進し、アメリカ欧州陸軍司令官に任命された。2008年3月11日にアメリカ中央軍のウィリアム・J・ファロン海軍大将が退役したことにより、3月24日にロバート・ゲイツ国防長官から司令官代行に任命された。2008年3月13日からアメリカ第7陸軍の司令官に任命された。2008年12月8日にはアメリカ陸軍訓練教義軍団司令官に任命された。マーティン・デンプシー フレッシュアイペディアより)

  • ラサ・ユクネヴィチエネ

    ラサ・ユクネヴィチエネから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    [[ファイル:R. Juknevičienė and Robert M. Gates.jpg|thumb|left|2009年2月12日、ペンタゴンにてロバート・ゲーツ米国国防長官と会談するユクネヴィチエネ。]]1988年、サユディスに参加するようになり、パスヴァリス・サユディス評議会議長となった。1990年にリトアニア独立回復宣言に署名。その後は国会議員として活動し、1999年から2000年にはセイマス副議長も務めた。2008年12月9日、国防相に就任した。2012年、政権交代により国防相を辞任。ラサ・ユクネヴィチエネ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ統合戦力軍

    アメリカ統合戦力軍から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    JFCOMは、2010年8月にロバート・ゲーツ国防長官(当時)より、国防関連歳出を今後5年間で1000億ドル(約8.6兆円)削減する計画の第一段階として廃止することが発表された。この廃止に向けた作業には、イラク駐留アメリカ軍の司令官を務めたレイモンド・オディエルノ陸軍大将が最後のJFCOM司令官に補職され、あたることとなった。オディエルノ大将はAFPSの取材に対して、JFCOMが担当してきた77の主要任務のうち24が廃止されることとなり、JFCOMの廃止と業務移管によって年間4億ドルのコスト削減が見込まれると述べている。廃止される任務以外の任務については、統合参謀本部や他部隊などへ順次移管された。アメリカ統合戦力軍 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示