66件中 11 - 20件表示
  • ダグラス・A・ザンビェック

    ダグラス・A・ザンビェックから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2007年7月、当時の国防長官ロバート・ゲーツがスピーチの中でザンビェック少佐の死に触れた。この際、ゲーツは政府高官としては珍しく、非常に感情的な様子であったという。2007年9月、ウォール・ストリート・ジャーナル紙がザンビェックに関する記事を掲載した。NCAAはザンビェックに対する2008年度のNCAAアワード・オブ・ヴァロー(Award of Valor)の授与を発表した。2008年1月、(MNF-I)司令官デヴィッド・ペトレイアス将軍はバグダード国際空港・内に設置されたヘリパッドにザンビェックの名を関する旨を発表した。ダグラス・A・ザンビェック フレッシュアイペディアより)

  • サイバー戦争

    サイバー戦争から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アメリカでは2005年3月に、サイバー戦争用の部隊であるアメリカサイバー軍(JFCCNW、Joint Functional Component Command for Network Warfare。ネットワーク戦争のためのコンポーネント機能統合司令部)を組織したことを公表した。また2011年6月には、ロバート・ゲーツ国防長官が外国政府によるサイバー攻撃を戦争行為とみなすとする方針を表明している。サイバー戦争 フレッシュアイペディアより)

  • クーガー装甲車

    クーガー装甲車から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツ国防長官は、クーガーが300回以上に上るIED攻撃を受けたにもかかわらず死者は無かったという2004年の海兵隊レポートに基づき、本車の大量発注を要求した。その後、イラクでもクーガーは多数のIED攻撃を受け、数例では犠牲者を出ている。イギリスではマスティフAPVとして、RG-31のかわりにクーガーを選定した。クーガー装甲車 フレッシュアイペディアより)

  • サイクロン作戦

    サイクロン作戦から見たロバート・ゲイツロバート・ゲーツ

    エリック・アルターマンは『ザ・ネーション』誌の中で、サイラス・ヴァンスの側近であるマーシャル・シュルマンが「当時は極秘計画を知らされていなかったと言っているものの、国務省がソビエトに侵攻を思い留まらせるべく粉骨砕身したのであり、決してそれを誘発するために計画を行ったのではない。ヴァンスは確かにゲイツの詳述を全て代表していたようには思えない」としている。サイクロン作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ミズーリ (原子力潜水艦)

    ミズーリ (原子力潜水艦)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ミズーリの建造は2003年8月14日にコネチカット州グロトンのジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、2008年9月27日に起工した。2009年12月5日にベッキー・ゲーツ(ロバート・ゲーツ国防長官の妻)によって命名、進水し、2010年7月31日に就役した。ミズーリ (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • J-XX (航空機)

    J-XX (航空機)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アメリカ合衆国のロバート・ゲーツ国防長官による2009年7月報告報告書によると、国防総省は、中国が2020年から2025年の間に少数の第5世代を配備する、との予想をした。J-XX (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア級原子力潜水艦

    コロンビア級原子力潜水艦から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2008年12月には、アメリカ海軍はエレクトリック・ボートと後継艦のミサイル区画の設計について最大5億9,200万ドルで契約を結び、ニューポート・ニューズ造船所はそのうち4%程度を受けるとみられている。この時点では海軍はまだオハイオ級更新計画を確定していなかったが、ロバート・ゲーツ国防長官は2009年4月の時点で2010年には更新計画に着手すべきであると述べている。コロンビア級原子力潜水艦 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・アンド・メアリー大学

    ウィリアム・アンド・メアリー大学から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツ - 第22代アメリカ合衆国国防長官(1965年卒業)、現ウィリアム・アンド・メアリー大学総長ウィリアム・アンド・メアリー大学 フレッシュアイペディアより)

  • イランの核開発問題

    イランの核開発問題から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2009年9月25日 - IAEAは、イランがIAEAに新たに2つのウラン濃縮施設を建設中であると伝えてきたことを明らかにした。アメリカなどは非難声明を発表。同日、アメリカ大統領のバラク・オバマは、「あらゆる選択肢を排除しない」と述べ、軍事的手段を行う可能性を示唆。しかし、国防長官のロバート・ゲーツは同日のCNNテレビのインタビューで、軍事攻撃を行っても核開発を「1+3年遅らせるだけだ」と述べた。イランの核開発問題 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツ米国防長官が10月21日から22日にかけて、北朝鮮の拡大抑止強化で連携を図る目的で来日したが、普天間飛行場の移設問題など、在日米軍再編の過去の合意の順守問題に多くの時間が割かれた。『産経新聞』によれば、アメリカ側は「(鳩山政権は)核の抑止力強化に力点を置いていない」「(日米関係について)最悪といわれた盧武鉉政権下の米韓関係よりも悪い状況」と見ている。同紙はゲーツ国防長官が防衛省での栄誉礼や北沢防衛相との食事を辞退したことについて、「同盟強化よりも後ろ向きな姿勢ばかりが目立つ鳩山政権への強烈な不快感の表明」と報じている。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示