55件中 21 - 30件表示
  • AL-1 (航空機)

    AL-1 (航空機)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2009年4月6日、ゲーツ国防長官が発表した2010年度の国防予算見直し計画でミサイル防衛予算の14億ドル削減の中にエアボーンレーザー搭載試作機の2機目の調達の中止が含まれた。現行試作機での研究開発を続行するとしている。AL-1 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ軍の衛星通信

    アメリカ軍の衛星通信から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    TSATシステム (Transformational Satellite Communications System)は、上記のAEHFを代替するとともに、SHF-SATCOMシステムと統合するものとして、現在、コンセプト開発が進められている衛星通信システムである。しかし、2008年10月、計画を2010年まで先送りすることが決定され、2009年4月には、ロバート・ゲーツ国防長官は、計画の中止を勧告した。アメリカ軍の衛星通信 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツ米国防長官が10月21日から22日にかけて、北朝鮮の拡大抑止強化で連携を図る目的で来日したが、普天間飛行場の移設問題など、在日米軍再編の過去の合意の順守問題に多くの時間が割かれた。『産経新聞』によれば、アメリカ側は「(鳩山政権は)核の抑止力強化に力点を置いていない」「(日米関係について)最悪といわれた盧武鉉政権下の米韓関係よりも悪い状況」と見ている。同紙はゲーツ国防長官が防衛省での栄誉礼や北沢防衛相との食事を辞退したことについて、「同盟強化よりも後ろ向きな姿勢ばかりが目立つ鳩山政権への強烈な不快感の表明」と報じている。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・マティス

    ジェームズ・マティスから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2010年7月、マティスは国際治安支援部隊(ISAF)司令官兼アフガニスタン駐留アメリカ軍(USFOR-A)司令官に転出することになったデヴィッド・ペトレイアス陸軍大将の後任として、ロバート・ゲーツ国防長官の推薦により、バラク・オバマ大統領よりアメリカ中央軍(CENTCOM)司令官に指名された。正式な指名は7月21日付で発令された。本人事は、きわめて緊急性が高い人事だったこともあり速やかに上院軍事委員会による承認プロセスがとられ、8月5日に上院軍事委員会において承認に向けた公聴会が開催された。本人事は、上院軍事委員会およびその後の上院本会議での採決でも無事に承認を得て、マティスはペトレイアスの後任として8月11日付で正式に中央軍司令官に就任した。これにより、2011年7月にアレン中将が大将昇任・補職に伴って退任するまでの1年近くにわたり、同じ統合軍の正副司令官ポストを共に海兵隊出身の将官が務めるという状況が生まれた。このように、同じ統合軍の正副司令官ポストを共に海兵隊出身の将官が占めるということは、史上初めてのことであった。ジェームズ・マティス フレッシュアイペディアより)

  • AAV7

    AAV7から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2015年を目処に後継車輌となる予定だったEFV (Expeditionary Fighting Vehicle)は、2011年1月にロバート・ゲーツ国防長官の軍事予算削減の方針により開発中止になった。AAV7 フレッシュアイペディアより)

  • EFV

    EFVから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アメリカ海兵隊では2015年から配備を始める予定であったが、2011年にロバート・ゲーツ国防長官の軍事予算削減の方針により開発中止になった。EFV フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・フセイン・タンターウィー

    ムハンマド・フセイン・タンターウィーから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ムバーラクは大統領府を去り、副大統領のオマル・スレイマーンがムバーラクの退任と最高評議会への権限の委譲を発表した。これにより、タンターウィーは軍最高評議会議長として国家元首代行となった。この間、アメリカ合衆国の国防長官であるロバート・ゲーツと電話会談と重ね、軍部がムバーラクを支持していないことを伝えたとされる。ムハンマド・フセイン・タンターウィー フレッシュアイペディアより)

  • F-X (航空自衛隊)

    F-X (航空自衛隊)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    開発中の機体(2009年11月現在)のため、アメリカ国防総省は負担軽減を目的に日本に対して開発参加を呼びかけている。国防長官のロバート・ゲーツが2009年5月に行われた日米防衛相会談の際、F-35の機種名を挙げて日本側に採用を打診していたことが明らかになっている。F-X (航空自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • サイバー戦争

    サイバー戦争から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アメリカでは2005年3月に、サイバー戦争用の部隊「JFCCNW」(Joint Functional Component Command for Network Warfare ネットワーク戦担当統合機能部隊)を組織したことを公表した。また2011年6月には、ロバート・ゲーツ国防長官が外国政府によるサイバー攻撃を戦争行為とみなすとする方針を表明している。サイバー戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・W・ブッシュ

    ジョージ・W・ブッシュから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2006年11月8日に行われた中間選挙ではイラク戦争に対する有権者の批判や同性愛のスキャンダルに加えて宗教保守派が大幅に離反したことなどから、与党共和党は民主党に大敗し連邦議会上下両院の多数派の座を奪われた。このため、ブッシュはイラク政策の責任者であったラムズフェルドが国防長官を辞任(事実上の更迭)。後任にロバート・ゲーツ(元CIA長官)を指名した。ジョージ・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「ロバート・ゲーツ」のニューストピックワード