66件中 21 - 30件表示
  • ロバート・ギブズ

    ロバート・ギブズから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ジョージ・W・ブッシュがクネセト(イスラエル議会)に対するコメントの中で、外交にフォーカスを置くオバマの対外政策に対して疑問を呈すると、ギブズはブッシュのコメントを「驚くべき」「外国における前代未聞の攻撃」であると応酬した。ギブズは、ブッシュの政策は彼自身の防衛長官であるロバート・ゲーツによって度外視された「カウボーイ外交」そのものであると評し、ゲーツの「我々は影響力を持つための方法を見つけ出す必要がある…その後交渉のテーブルに着く…もし議論が予定されているなら、彼らもまた何かを必要とするだろう。彼らが我々から何も必要としていないと感じる限り、我々は議論を行うことはできないし、請求者になることもまったくない」という言葉を引用した。ギブズは、激烈な民主党予備選挙の後、オバマとヒラリー・クリントンが最初に会談している間記者を「人質にとっていた」として、ニュース・メディアの幹部から広く非難された。しかしギブズは「とにかくそれは欺いたのではなく、ただのプライベートな会談だったのです」と反論した。ロバート・ギブズ フレッシュアイペディアより)

  • 敬礼

    敬礼から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ファイル:Secretary of Defense Robert M. Gates attends a wreath-laying ceremony at the Polish Tomb of the Unknown Soldier.jpg|ワルシャワにある無名戦士の墓に献花するゲイツ国防長官。隣のポーランド軍将校は二指の敬礼をしている。敬礼 フレッシュアイペディアより)

  • 作戦計画5029

    作戦計画5029から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2008年後半は終始、北朝鮮指導者金正日の健康状態悪化の噂に呼応し、対応する本計画が実行されるのではないかとの言及があった。同年10月、米国国防長官ロバート・M・ゲーツと韓国国防部長官(イ・サンヒ)との間で戦作権の韓国軍への計画的移行について会談が持たれた。会談に先立ちアメリカ統合参謀本部ととの間で案がまとめられ、北朝鮮体制崩壊時の軍事作戦計画の取りまとめを継続することなどが話し合われた。(Korea Retired Generals and Admirals Association)でのスピーチの中で、在韓米軍司令官将軍は、北朝鮮体制の動揺や崩壊を含め何らかの体制変動が発生した際に介入するため、様々な状況に呼応する計画を準備している、ということを明らかにした。これに対し北朝鮮の朝鮮中央通信は「米国と南朝鮮の好戦的な軍隊は公然と反共和国的かつ軍事的作り話を保持している(いた)。彼らはこのような作り話に基づいて『不測の事態に援軍を急派する』ことに合意している。」と主張した。更に「好戦的な米軍は、先軍思想の軍隊と共和国の決意を見誤らないよう随分と忠告されるだろうが、しかし同時に新たな戦争へと続く彼らの無謀な行動を制止するアドバイスも与えられるだろう。」と述べた。作戦計画5029 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たロバート・ゲイツロバート・ゲーツ

    2008年12月1日、大統領に選出されたオバマはかつてのライバルであったヒラリー・クリントン上院議員を国務長官に任命し、ロバート・ゲイツ国防長官を留任させた。彼はジェームズ・L・ジョーンズ退役海兵隊大将(元NATO軍最高司令官)を国家安全保障担当補佐官に、ジャネット・ナポリターノアリゾナ州知事を国土安全保障省長官に任命した。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バラク・オバマ大統領就任式

    2009年バラク・オバマ大統領就任式から見たロバート・ゲイツロバート・ゲーツ

    1万人の州兵部隊もまた配備された。その中で、デラウェア州兵の第153憲兵中隊は、5000人の隊員が治安維持任務に当たり、1300人の非武装部隊が、公園警察を補助してナショナル・モールでの雑踏警備に当たった。1-175歩兵隊のC中隊は、7番ストリート交差点で、ナショナル・モールの第1観覧エリアと第2観覧エリアとの間の治安対策を担当し、その他の部隊もそれぞれ異なる治安活動を担当した。連邦航空局は、2009年1月20日午前10時から午後6時まで、ワシントンD.C.上空の航空規制を行った。ロバート・ゲイツ国防長官は、万一非常事態が起こったときに政府の継続を確保するための指定生存者に選ばれ、彼は就任式の日をワシントンD.C.エリア外の軍事施設で過ごした。2009年バラク・オバマ大統領就任式 フレッシュアイペディアより)

  • AL-1 (航空機)

    AL-1 (航空機)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2009年4月6日、ゲーツ国防長官が発表した2010年度の国防予算見直し計画でミサイル防衛予算の14億ドル削減の中にエアボーンレーザー搭載試作機の2機目の調達の中止が含まれた。現行試作機での研究開発を続行するとしている。AL-1 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • EFV

    EFVから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アメリカ海兵隊では2015年から配備を始める予定であったが、2011年にロバート・ゲーツ国防長官の軍事予算削減の方針により開発中止になった。EFV フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    尖閣諸島付近での緊張が高まる中、2010年9月23日、ヒラリー・クリントン国務長官は、日本の前原誠司外務大臣との日米外相会談で、「尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象範囲内である」との認識を示し、同日行われた会見でロバート・ゲーツ国防長官は「日米同盟における責任を果たす」「同盟国としての責任を十分果たす」とし、マイケル・マレン統合参謀本部議長は「同盟国である日本を強力に支援する」と表明した。また、菅直人内閣総理大臣とバラク・オバマ大統領の日米首脳会談で、両国は「緊密に連携する」ということで一致した。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・マーシャル

    アンドリュー・マーシャルから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アンドリュー・クレピネビッチらとともに、1990年代より「統合エアシー・バトル構想」の必要性を主張してきた。1993年、マーシャル率いる総合評価局は、各国の長射程兵器技術の発展により、アメリカ合衆国の前方展開基地の脆弱性が露呈し侵攻抑止効果が失われると予測した。同時に、航空母艦等の伝統的な打撃群は機動性やステルス性に欠けており、アメリカ合衆国の海軍前方展開兵力では危機に対処することが困難になるとの見通しを示した。2000年代後期になると、こうした懸念は次第に現実味を帯びつつあった。この懸念に対処するため、マーシャルは国防長官のロバート・ゲーツに対し統合エアシー・バトル構想の構築を提言した。ゲーツはこの提言を採用し、太平洋空軍司令官のキャロル・チャンドラーらに統合エアシー・バトル構想の構築作業を命じた。2010年に発表された国防総省の「四年ごとの国防計画見直し」には、戦力投射能力や侵攻に対する抑止と、同盟国への救援に対する潜在的脅威への備えとして、統合エアシー・バトル構想の開発が盛り込まれた。アンドリュー・マーシャル フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する北アメリカの対応

    東日本大震災に対する北アメリカの対応から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    在日米軍横田基地は、成田空港に着陸予定だった10機以上の民間機を受け入れた。在沖縄海兵隊も支援態勢を整えた。ロバート・ゲーツ国防長官は在日米軍について「すべての部隊に異常はなく、艦船や施設も極めて良好な状態だ」と、大きな被害は受けていないとの見方を示した。アメリカ合衆国国際開発庁 (USAID) は11日、日本政府の要請に応じ、約150人からなる2つの救援隊の派遣を発表。救援用資機材約150トン分と救助犬十数頭が出発した。東日本大震災に対する北アメリカの対応 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示