66件中 41 - 50件表示
  • ジェームズ・マティス

    ジェームズ・マティスから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2010年7月、マティスは国際治安支援部隊(ISAF)司令官兼アフガニスタン駐留アメリカ軍(USFOR-A)司令官に転出することになったデヴィッド・ペトレイアス陸軍大将の後任として、ロバート・ゲーツ国防長官の推薦により、バラク・オバマ大統領よりアメリカ中央軍(CENTCOM)司令官に指名された。正式な指名は7月21日付で発令された。本人事は、きわめて緊急性が高い人事だったこともあり速やかに上院軍事委員会による承認プロセスがとられ、8月5日に上院軍事委員会において承認に向けた公聴会が開催された。本人事は、上院軍事委員会およびその後の上院本会議での採決でも無事に承認を得て、マティスはペトレイアスの後任として8月11日付で正式に中央軍司令官に就任した。これにより、2011年7月にアレン中将が大将昇任・補職に伴って退任するまでの1年近くにわたり、同じ統合軍の正副司令官ポストを共に海兵隊出身の将官が務めるという状況が生まれた。このように、同じ統合軍の正副司令官ポストを共に海兵隊出身の将官が占めるということは、史上初めてのことであった。しかし、後にオバマ政権と対イラン政策をめぐって対立し、解任となる。イランとの核合意に反対し、イランをISIL以上の脅威と考えるマティスの姿勢が原因とされる。ジェームズ・マティス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2010年7月25日、ウィキリークスにてアフガニスタン紛争に関するアメリカ軍や情報機関の機密資料約75000点以上が公表された。提供された資料は9万点以上に及ぶという。これは2004年から2009年にかけての記録で、パキスタンの情報機関「ISI」とアフガン武装勢力との関係や、未公表の民間人死傷案件、アフガン側のアメリカへの情報提供者の身元情報が含まれていた。これに対しアメリカのロバート・ゲーツ国防長官はFBIに捜査協力を要請した。国防総省内の内部告発者のみならず、ウィキリークス側にも捜査の手を広げようという意図があると言われている。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ボーイスカウトアメリカ連盟

    ボーイスカウトアメリカ連盟から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    最高位を獲得したスカウトはイーグルスカウトと呼ばれる。1911年に導入されて以来、200万人以上の青年がイーグルスカウトの位を取得していった。 最低でも21個のメリットバッジを取得し、ちかいとおきて、奉仕、リーダーシップによるスカウトの精神 (en:Scout Spirit)を実践することが要求される。これにはスカウトが計画し、組織し、指導し、運営する広範囲の奉仕計画も含まれる。イーグルスカウトはスカウトとしての達成が視覚で認められるようなメダルとバッジを授与される。 追加の表彰として、さらなる不動産の保有、リーダーシップ、メリットバッジの要件を満たせばイーグルパームが授与される。 多くの有名なアメリカ人がイーグルスカウトである。宇宙飛行士のニール・アームストロング、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を獲得した映画監督マイケル・ムーア、司会者のマイク・ロウ、市長のマイケル・ブルームバーグ、国防長官のロバート・ゲーツ、大統領のジェラルド・フォードなど、枚挙に暇がない。ボーイスカウトアメリカ連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害

    ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    作戦は、アメリカ本国でもホワイトハウスのシチュエーションルームでオバマ大統領のほか、バイデン副大統領、ゲーツ国防長官、クリントン国務長官、マレン統合参謀本部議長らによって同時進行で見守られており、またCIA本部の会議室でも、パネッタ長官らがリアルタイムで監視していた。ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国軍の喫煙

    アメリカ合衆国軍の喫煙から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    国防総省は2010年末までにタバコ使用率を12%に引き下げることを望んだ。 目標を成し遂げるために、ペンタゴンのヘルスエキスパートは国防長官ロバート・ゲーツに軍によるタバコ使用の禁止と軍施設でのタバコ販売打ち切りを訴え始めた。 海軍は潜水艦での喫煙の禁止を2010年末までに実行した ? 1994年に課せられた屋内禁煙の不相応な抜け道のひとつを浮き彫りにした。 タバコ会社の粘り強さと軍内の喫煙文化の普及度によって、国防総省は政策のためのより強力でより明示的な実行命令と、軍の喫煙率を真に抑制するためのより厳格な執行を要求し得る状況にある。アメリカ合衆国軍の喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の外交政策

    アメリカ合衆国の外交政策から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2010年のウィキリークスの活動がアメリカの諸外国との関係が傷つけたかどうかを尋ねられたロバート・ゲーツ元国防長官は、「諸外国の政府がアメリカと付き合うのは彼らが関心を抱いているからであり、彼らが我々を好むからではなく、彼らが我々を信頼しているからではないし、我々が彼らの秘密を守ることができると信じているからでもない」と述べた。アメリカ合衆国の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    イスラエルはライセンス生産の意向はなかったが、こちらも輸出禁止処置の為に協議は難航し、実現しなかった。代替としてイスラエルもF-35の導入を予定した。2006年にオーストラリア空軍がF-22の導入を検討しているとされた。2008年2月には国防長官のロバート・ゲーツがオーストラリアへのF-22を輸出を容認する発言をしているが、やはり輸出禁止措置により現実とはならず、オーストラリアもF-35の導入を決定した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-X (航空自衛隊)

    F-X (航空自衛隊)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    開発中の機体(2009年11月現在)のため、アメリカ国防総省は負担軽減を目的に日本に対して開発参加を呼びかけている。国防長官のロバート・ゲーツが2009年5月に行われた日米防衛相会談の際、F-35の機種名を挙げて日本側に採用を打診していたことが明らかになっている。F-X (航空自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 日米関係

    日米関係から見たロバート・ゲイツロバート・ゲーツ

    関係の摩擦の主な原因であった貿易の問題は、日本に代わって中国がアメリカの経済の最大の脅威であると認識されるようになるのに伴い、薄れていった。一方、冷戦終了直後の安全保障関係は明確な脅威の欠如によって苦しんでいたが、ならずもの国家北朝鮮と中国の経済的、軍事的拡張が関係強化に口実を与えた。ジョージ・W・ブッシュ政権の外交政策はアメリカの国際関係の足かせになっていたが、自衛隊のイラク派遣とミサイル防衛の共同開発に見られたように、日本との安保関係はより強くなった。日本が「太平洋におけるイギリス」になりつつある、またはこの地域におけるアメリカの重要な安全保障関係にある国であるという指摘はしばしば国際的な学術における暗喩となっているが、これが真実であるという学術上の論争には議論の余地がある。2009年、日本の民主党は近年において合意に至った安全保障上の再編計画の変化を要求するという呼びかけとともに政権を奪取し、アメリカが一方的に合意の条件を突きつけたかを主張しながらどのようにして合意に至ったかについて公開したが、アメリカのロバート・ゲイツ国防長官はアメリカ議会はいかなる変化も望んでいないと語った。日米関係 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間基地移設問題

    普天間基地移設問題から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    アメリカでは2009年に民主党に政権交代があり、大統領はバラク・オバマが就任した。しかし、国防長官は共和党政権時代からのロバート・ゲーツが留任し、国務長官はSACOで普天間問題が初めて協議された際の、クリントン政権で大統領夫人であったヒラリー・クリントンという布陣であった。そのため、東アジアでの米軍再編については後述の日本と異なり、大きな議論も無く、現行案を継承している。普天間基地移設問題 フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示