55件中 41 - 50件表示
  • クーガー装甲車

    クーガー装甲車から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツ国防長官は、300回以上のIEDによる攻撃をクーガーが受け、死亡した人員がないという2004年の海兵隊レポートに基づき、本車の大量発注を要求した。それ以降、イラクでもクーガーは多数のIED攻撃を受け、数例では犠牲者を出した。イギリスではマスティフAPVとして、RG-31のかわりにクーガーを選定した。クーガー装甲車 フレッシュアイペディアより)

  • 日米関係

    日米関係から見たロバート・ゲイツロバート・ゲーツ

    90年代の後半から今に至るまで、日米関係は発展し強化されてきた。関係の摩擦の主な原因であった貿易の問題は、日本に代わって中国がアメリカの経済の最大の脅威であると認識されるようになるのに伴い、薄れていった。一方、冷戦終了直後の安全保障の同盟関係は明確な脅威の欠如によって苦しんでいたが、ならずもの国家北朝鮮と中国の経済的、軍事的拡張が関係強化に口実を与えた。ジョージ・W・ブッシュ政権の外交政策はアメリカの国際関係の足かせになっていたが、自衛隊のイラク派遣とミサイル防衛の共同開発に見られたように、日本との同盟はより強くなった。日本が「太平洋におけるイギリス」になりつつある、またはこの地域におけるアメリカの重要な同盟国であるという指摘はしばしば国際的な学術における暗喩となっているが、これが真実であるという学術上の論争には議論の余地がある。2009年、日本の民主党は近年において合意に至った安全保障上の再編計画の変化を要求するという呼びかけとともに政権を奪取し、アメリカが一方的に合意の条件を突きつけたかを主張しながらどのようにして合意に至ったかについて公開したが、アメリカのロバート・ゲイツ国防長官はアメリカ議会はいかなる変化も望んでいないと語った。日米関係 フレッシュアイペディアより)

  • F-35 (戦闘機)

    F-35 (戦闘機)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2011年1月6日、海兵隊型のF-35Bについてロバート・ゲーツ国防長官は、システム開発実証 (SDD) が2016年まで遅れ、初期作戦能力獲得は2017年になる見込みと、2年以内に改修ができないあるいは計画通りに進展がない場合は、開発が中止になるだろうと発表した。アシュトン・カーター国防次官は、現在のアメリカの財政状況を鑑みて「高額になりすぎて負担しきれない」として、計画の見直しが必要だと指摘した。F-35 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦

    アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    本級は、1番艦の艤装中に冷戦が終結し、戦略環境が激変する中にあって、上記のコンセプトに基づき、順次に改良を施すことによって対応を続け、1番艦の就役から20年が経った現在でも、建造が続けられている。本級の合計建造数は62隻となる予定であったが、2008年7月には、アメリカ海軍長官が、ズムウォルト級ミサイル駆逐艦の建造数削減に伴い本級を8隻追加発注すると発表、さらに2009年4月、ロバート・ゲーツ国防長官は、ズムウォルト級の建造数を3隻に制限、CG(X)の建造を中止するのに伴い、本型をさらに3隻追加発注する可能性を示唆し、実際に2011年9月にはDDG-113からDDG-115の3隻が新たに発注されている。また、この建造契約の中には、DDG-115の建造契約を獲得したバス鉄工所との間で、まだ計画途上のDDG-116の建造に関するオプション契約も盛り込まれており、最終的な建造数はなお流動的である。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    F-22と同様にステルス性を有し、より安価で大量採用により更なる価格低下も見込まれているF-35の開発もあって、F-22の購入を検討している国は少ないが、2006年にオーストラリア空軍がF-22の導入を検討しているとされた。2008年2月には国防長官のロバート・ゲーツがオーストラリアへのF-22を輸出を容認する発言をしているが、やはり輸出禁止措置により現実とはならず、最終的にオーストラリアはJSFへの参加を決定した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • アルメニア人虐殺

    アルメニア人虐殺から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    その後もトルコ政府は抗議を続け、トルコの国務相がアメリカ合衆国への訪問を中止したり、トルコはアメリカ駐在大使を一時本国に召還するなど両国の関係が悪化しつつある。共和党のブッシュ大統領やロバート・ゲーツ国防長官はこの決議案に対し、否定的な見解を示した。アルメニア人虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • 敬礼

    敬礼から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    ファイル:Robert_Gates_070424-D-7203T-010.jpg|ワルシャワにある無名戦士の墓に献花するゲイツ国防長官。隣の将校はポーランド式の二指の敬礼をしている。敬礼 フレッシュアイペディアより)

  • メダル・オブ・オナー (2010年のゲーム)

    メダル・オブ・オナー (2010年のゲーム)から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    また、本作のタリバン問題に対して、今度はジャック・トンプソン元弁護士が本作を批判。ジャック・トンプソン元弁護士は過去にDOOMなど有名ゲームタイトルの暴力表現に反対し訴訟を起こし、また更には過激な発言などの行動で問題になった人物で、2008年9月に行われたRockstar GamesのBULLYを相手に取った訴訟では、提出した証拠に虚偽があった事から弁護士の資格を剥奪された事でも有名。ジャック・トンプソン元弁護士はアメリカ合衆国のロバート・ゲーツ国防長官に対し、発売に反対するファックスを送りつけ、米軍がゲームの開発に協力したとして批判した。メダル・オブ・オナー (2010年のゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • レオン・パネッタ

    レオン・パネッタから見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2011年4月、バラク・オバマ大統領から国防長官に指名され、2011年6月21日にアメリカ合衆国連邦議会上院本会議で、CIA長官の時と同じく、全会一致で承認された。7月1日よりロバート・ゲーツに代わって国防長官に就任した。レオン・パネッタ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の外交政策

    アメリカ合衆国の外交政策から見たロバート・ゲーツロバート・ゲーツ

    2010年のウィキリークスの活動がアメリカの諸外国との関係が傷つけたかどうかを尋ねられたロバート・ゲーツ元国防長官は、「諸外国の政府がアメリカと付き合うのは彼らが関心を抱いているからであり、彼らが我々を好むからではなく、彼らが我々を信頼しているからではないし、我々が彼らの秘密を守ることができると信じているからでもない」と述べた。アメリカ合衆国の外交政策 フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「ロバート・ゲーツ」のニューストピックワード