42件中 11 - 20件表示
  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見た2009年

    2006年、国防長官であったドナルド・ラムズフェルドの辞任に伴い後任に指名された。同年12月29日、上院から承認を受け、国防長官に就任。2007年のイラクに対する米軍増派作戦を主導し、イラクの治安を改善させるのに成功した。2009年に発足したバラク・オバマ政権でも引き続き国防長官として留任した。米国において対立党派などから閣僚を起用するのは珍しいことではないが、政権が交代する際に国防長官が留任したのは、史上初めてのケースである。2011年6月30日、国防長官を退任。国防総省で開かれた退任式典で、バラク・オバマ大統領から、大統領自由勲章を、サプライズで授与される。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見たウィリアム・アンド・メアリー大学

    ロバート・マイケル・ゲーツ(, Ph.D.、1943年9月25日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。国防長官(第22代)。中央情報局(CIA)長官、テキサスA&M大学学長を歴任。現在、ウィリアム・アンド・メアリー大学総長(第24代)。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見たアメリカ合衆国国防長官

    ロバート・マイケル・ゲーツ(, Ph.D.、1943年9月25日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。国防長官(第22代)。中央情報局(CIA)長官、テキサスA&M大学学長を歴任。現在、ウィリアム・アンド・メアリー大学総長(第24代)。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見たアメリカ合衆国

    ロバート・マイケル・ゲーツ(, Ph.D.、1943年9月25日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。国防長官(第22代)。中央情報局(CIA)長官、テキサスA&M大学学長を歴任。現在、ウィリアム・アンド・メアリー大学総長(第24代)。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見た奨学金

    カンザス州ウィチタ生まれ。1961年に公立のウィチタ東高校をオールAの成績で卒業後、奨学金を受けてウィリアム・アンド・メアリー大学(W&M)に入学する。W&M在学中は歴史学(ヨーロッパ史)を専攻すると共に、全米やフィリピンに組織を持つ学生団体(フラタニティ)である「アルファ・ファイ・オメガ」に所属するなど、勉学以外にも様々な活動に関わった。1965年にW&M大を卒業後はインディアナ大学に移り、修士課程(歴史学専攻)で学び、翌1966年に修士号を取得する。1974年、ジョージタウン大学から博士号(ロシア・ソビエト史)を取得。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見たアメリカ空軍

    インディアナ大学修士課程在学中に中央情報局(CIA)からスカウトを受け、修士課程を修了した1966年に入局する。入局当初はCIA本局ではなく、兵役の関係から情報士官として空軍に入隊することになり、1967年1月4日に少尉として任官、以後1969年に除隊するまで戦略航空軍団(SAC)の拠点の1つであったミズーリ州ホワイトマン空軍基地で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)・ミニットマンの運用担当要員に対する情報(インテリジェンス)報告任務に従事した。また、少尉任官後間もない1967年1月7日には、現在に至るまでの伴侶であるベッキー夫人とシアトルで結婚している。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見たテキサスA&M大学

    ロバート・マイケル・ゲーツ(, Ph.D.、1943年9月25日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。国防長官(第22代)。中央情報局(CIA)長官、テキサスA&M大学学長を歴任。現在、ウィリアム・アンド・メアリー大学総長(第24代)。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見た諜報活動

    インディアナ大学修士課程在学中に中央情報局(CIA)からスカウトを受け、修士課程を修了した1966年に入局する。入局当初はCIA本局ではなく、兵役の関係から情報士官として空軍に入隊することになり、1967年1月4日に少尉として任官、以後1969年に除隊するまで戦略航空軍団(SAC)の拠点の1つであったミズーリ州ホワイトマン空軍基地で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)・ミニットマンの運用担当要員に対する情報(インテリジェンス)報告任務に従事した。また、少尉任官後間もない1967年1月7日には、現在に至るまでの伴侶であるベッキー夫人とシアトルで結婚している。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見たアメリカ上院

    除隊後はCIAに戻り、情報本部ソ連東欧部の分析官となる。その後一度CIAを離れ、1974年から1979年まで国家安全保障会議に勤務した後、1979年の後半にCIAに復帰し、情報本部戦略評価センター長、国家情報官(ソ連東欧担当)を経て、1981年から翌1982年まで中央情報長官・副長官室(DCI/DDCI Executive Staff)部長を、1982年から1986年まで情報担当次官(Deputy Director for Intelligence,DDI)にそれぞれ務め、1986年4月には当時のロナルド・レーガン政権の下で、退任するジョン・マクマホンの後任として中央情報副長官に就任した。さらにこの後、1987年初めにはレーガン大統領より国家情報長官に指名されるが、この時は上院がイラン・コントラ疑惑へ関与した疑惑を問題としてこの人事を承認しない姿勢を明確にしたため、指名を撤回されている。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ゲーツ

    ロバート・ゲーツから見たミニットマン

    インディアナ大学修士課程在学中に中央情報局(CIA)からスカウトを受け、修士課程を修了した1966年に入局する。入局当初はCIA本局ではなく、兵役の関係から情報士官として空軍に入隊することになり、1967年1月4日に少尉として任官、以後1969年に除隊するまで戦略航空軍団(SAC)の拠点の1つであったミズーリ州ホワイトマン空軍基地で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)・ミニットマンの運用担当要員に対する情報(インテリジェンス)報告任務に従事した。また、少尉任官後間もない1967年1月7日には、現在に至るまでの伴侶であるベッキー夫人とシアトルで結婚している。ロバート・ゲーツ フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「ロバート・ゲーツ」のニューストピックワード