前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • エラーノ・ブルメル

    エラーノ・ブルメルから見たロビーニョロビーニョ

    2001年にサントスFCでプロデビュー。ジエゴ、ロビーニョ、アレックスらとともにプレーした。コパ・リベルタトーレス準優勝、リーグ優勝を果たし、在籍した3年間で34ゴールを挙げた。エラーノ・ブルメル フレッシュアイペディアより)

  • 黄金のカルテット

    黄金のカルテットから見たロビーニョロビーニョ

    2006年のブラジル代表はロナウド、ロナウジーニョ、アドリアーノ、カカ、ロビーニョの5人から攻撃的MFとFWあわせて4人を起用して、これをQuarteto Magico(カルテット・マジコ=魔法の4人組)と呼んでいた(5人全員を起用した場合はQuintet Magico(クインテット・マジコ=魔法の5人組)になる)。黄金のカルテット フレッシュアイペディアより)

  • ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

    ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールから見たロビーニョロビーニョ

    13歳の時にロビーニョの年末チャリティマッチに参加した。試合はテレビ中継され、一躍有名になった。その後幾度となくサッカー番組などに出演した。以後、サポーターからも一軍でのデビューを期待されるようになった。ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たロビーニョロビーニョ

    ブラジルでは、「サロンフットボール」と呼ばれていた時代より、サッカー以上に身近なスポーツとして普及していた。そのためフットサルへのルール変更も、比較的スムーズに行われた。競技レベルでは、ロナウジーニョやロビーニョなど多くのプロサッカー選手が、フットサルでキャリアをスタートさせている。一方、「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。当然のことながら、セレソン(ブラジル代表)はフットサルにおいても常に世界最強の強さを誇る。2000年、2004年はワールドカップの王座をスペインに奪われていたが、2008年の自国開催大会において決勝でスペインを破り優勝した。また、2005年から、招待国が参加するフットサルグランプリ(:en:Grand Prix de Futsal)が毎年ブラジルで開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • マルセイユ・ルーレット

    マルセイユ・ルーレットから見たロビーニョロビーニョ

    マルセイユ・ルーレット()は、サッカーの試合に固有の特殊なドリブル技術の一つである。マルセイユ・ターン、360、マラドーナ (Maradona)、ルーレット、グリンゴ (Gringo)、360ターンとしても知られている。リオネル・メッシ、ロナウジーニョ、クリスティアーノ・ロナウド、ジネディーヌ・ジダン、ティエリ・アンリ、カカ、ロビーニョ、ロナウドを含む数多くの著名なサッカー選手がマルセイユ・ルーレットを使用することが知られている。「マルセイユ」の名は、この技術がトレードマークとなっているジダンの出身地に由来する。マルセイユ・ルーレット フレッシュアイペディアより)

  • ソウザ

    ソウザから見たロビーニョロビーニョ

    ロブソン・デ・ソウザ - ブラジル出身のサッカー選手、ロビーニョの本名。ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・バティスタ

    ジュリオ・バティスタから見たロビーニョロビーニョ

    2005年7月25日、レアル・マドリードと5年契約を交わした。移籍金は2000万ユーロ(1380万ポンド)であり、2450万ユーロ(1690万ポンド)まで上昇する可能性があった。この時はイングランドのクラブに移籍したくなかったと語り、スペインにとどまったことでスペイン国籍を取得する権利を得た 。レアル・マドリードでは背番号8を与えられた。レアル・マドリードはサントスFCからロビーニョを、セビージャからセルヒオ・ラモスを獲得しており、2005-06シーズンはトロフィー獲得の期待が大きかった。ジネディーヌ・ジダンやグティなどと一緒にプレーするために、本来のポジションではない左ウイングで起用されることが多く、セビージャでの出来とは程遠かった。リーグ戦では8得点に終わり、クラブにとっても失望の残るシーズンとなった。ジュリオ・バティスタ フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ライト=フィリップス

    ショーン・ライト=フィリップスから見たロビーニョロビーニョ

    2008年8月28日に移籍金850万ポンド、4年契約でマンチェスター・シティFCに復帰。背番号は8となった。復帰初戦となった8月31日のサンダーランドAFC戦では2得点を挙げる活躍を見せた。2008-09シーズンはロビーニョと左右でウィングを組み、全37試合に出場し8得点を記録。マンチェスター・シティの初のUEFAカップベスト8進出に貢献した。ショーン・ライト=フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • 2003 FIFAワールドユース選手権

    2003 FIFAワールドユース選手権から見たロビーニョロビーニョ

    当初は3月25日から4月16日までの開催予定であったが、イラク戦争の影響により開催延期となった。これによりイングランドのルーニー、ブラジルのロビーニョ、ジエゴ、アルゼンチンのテベスらの選手達が大会出場を辞退している。2003 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • エジナウド・バチスタ・リバノ

    エジナウド・バチスタ・リバノから見たロビーニョロビーニョ

    2005年4月、ロマーリオの引退試合となったグアテマラとの親善試合でブラジル代表デビューした。ロマーリオと交代したのがグラフィッチで、1得点を奪った。ヴォルフスブルクでの活躍を受けて、2010年3月2日のロンドンでの親善試合アイルランド代表戦において、離脱したルイス・ファビアーノに替わって、5年ぶりにブラジル代表復帰を果たした。試合では後半途中から出場し、ロビーニョの2点目をアシストする活躍を見せた。エジナウド・バチスタ・リバノ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「ロビーニョ」のニューストピックワード