51件中 11 - 20件表示
  • ドリブル

    ドリブルから見たロビーニョロビーニョ

    メイア・ルア、或いはメイアルーアとはポルトガル語で「半月」を意味する。縦に蹴りだしたボールと、相手の外を回ってボールに追いつく軌道が描く様が半月に似ているため、この呼び名がついたと思われる。主に詰め寄せてきた相手DFの背後にスペースがある時に有効なテクニックで、ボールをそこめがけて軽く蹴り出し、自分は相手を挟んで、蹴り出したボールと反対側からダッシュをかけ、相手を追い越してボールに追いつくというものである。相手に向き合って左側に蹴りだせば、自分は相手の右側を迂回するように走ることになる。この際に蹴りだす動作の時点で予測され、カットされるのを防ぐため、極力自然にかつ小さな動きが求められる。特徴としては、スペースがあることが前提ではあるが、相手DFをかわす際に時間を要さないのでカウンターなどで一対一の状況になった場合などには非常に有効であり、それゆえにFW向きのテクニックとも言える。技術的な要素から言えば決して難易度は高くなく、実際に小学生の試合などでも使う選手を見る事ができる。しかし、DFのレベルが上がるにつれて使える場面が少なくなるとともに、瞬時の判断力とスピード(瞬発力、加速力)が要求されるため、トップクラスになると、試合の中でこのテクニックを使える選手は少ない。ドリブルに精通した選手の中には、状況に応じて反射的にこのテクニックを使うことができる選手もいる。このテクニックを得意とする主な選手にロナウジーニョやフェルナンド・トーレス、ロビーニョが挙げられる。日本では、三都主アレサンドロや、ミハエル・ミキッチが多用する。日本では、「裏通り」、「裏街道」などと呼ばれることもある。ドリブル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たロビーニョロビーニョ

    ブラジルでは、「サロンフットボール」と呼ばれていた時代より、サッカー以上に身近なスポーツとして普及していた。そのためフットサルへのルール変更も、比較的スムーズに行われた。競技レベルでは、ロナウジーニョやロビーニョなど多くのプロサッカー選手が、フットサルでキャリアをスタートさせている。一方、「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。当然のことながら、セレソン(ブラジル代表)はフットサルにおいても常に世界最強の強さを誇る。2000年、2004年はワールドカップの王座をスペインに奪われていたが、2008年の自国開催大会において決勝でスペインを破り優勝した。また、2005年から、招待国が参加するフットサルグランプリ (:en:Grand Prix de Futsal) が毎年ブラジルで開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・カッサーノ

    アントニオ・カッサーノから見たロビーニョロビーニョ

    2010年12月21日、ACミランと3年半契約を結ぶ。移籍金は500万ユーロ。2011年1月8日のカリアリ戦で初出場すると、17試合で4得点を記録し、チームは7シーズンぶりのスクデットを獲得。しかし、同じフォワードのズラタン・イブラヒモビッチ、アレシャンドレ・パト、ロビーニョらと比べ出場時間は限られ、シーズン終了後には移籍も噂された。アントニオ・カッサーノ フレッシュアイペディアより)

  • ダマルカス・ビーズリー

    ダマルカス・ビーズリーから見たロビーニョロビーニョ

    2010 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選最終予選のトリニダード・トバゴ戦でキャリア初となる左SBを務めて90分プレーしたように不慣れなポジションを任されたり、クラブレベルでの負傷に悩まされていたことから度々メンバー落ちをする等、苦しい時期を過ごしており、特にブラジルとのFIFAコンフェデレーションズカップ2009グループリーグ第2戦では、1点を追いかける中で相手陣内でのドノバンのコーナーキックからのショートパスを受け取り損ねる失態を犯し、そのボールをアンドレ・サントスに奪われ、カウンター攻撃の起点としてロビーニョの追加点をもたらしてしまった。なお、この失態もあり後半開始時には交代させられ、以後の試合に出場することなく準優勝に貢献することは出来なかった。ダマルカス・ビーズリー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・グラヴェセン

    トーマス・グラヴェセンから見たロビーニョロビーニョ

    新たに就任したフアン・ラモン・ロペス・カロ監督はグラヴェセンを構想に入れ、採用した4-1-4-1フォーメーションの中盤の底のレギュラーとして起用された。しかし、シーズン終盤に向かうにつれて、再びベンチが定位置となり、2006年5月には数多くのクラブが獲得に興味を示した。2006年8月には、練習中にロビーニョに危険なタックルを仕掛けたことがきっかけで乱闘となった。レアル・マドリードを離れるとされ、イングランドのニューカッスル・ユナイテッドFCやスコットランドのセルティックFCなどが獲得に興味を示した。トーマス・グラヴェセン フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ライト=フィリップス

    ショーン・ライト=フィリップスから見たロビーニョロビーニョ

    2008年8月28日に移籍金850万ポンド、4年契約でマンチェスター・シティFCに復帰。背番号は8となった。復帰初戦となった8月31日のサンダーランドAFC戦では2得点を挙げる活躍を見せた。2008-09シーズンはロビーニョと左右でウィングを組み、全37試合に出場し8得点を記録。マンチェスター・シティの初のUEFAカップベスト8進出に貢献した。ショーン・ライト=フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • マレク・ヤンクロフスキ

    マレク・ヤンクロフスキから見たロビーニョロビーニョ

    ACミラン退団時のミランの公式サイト上にて、「マルディーニ、コスタクルタ、ルイ・コスタ、カカ、スタム、ロナウジーニョ、ロナウド、パト、ロビーニョみたいな選手たちと一緒にプレイ、チームメイトなんて夢のようだった。クラブは、契約が満了となってもここで回復するまでリハビリできると言ってくれた。これはこのクラブがいかにグランデであるかを今回もまた示してくれた。」と語った。マレク・ヤンクロフスキ フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・バルディビア

    ホルヘ・バルディビアから見たロビーニョロビーニョ

    2007年にSEパルメイラスで好プレーを披露し、コパ・アメリカ2007のメンバーに選出された。グループリーグ初戦のエクアドル戦 (3-2) に出場し、バルディビアが受けたファールがカルロス・ビジャヌエバの直接フリーキックによる決勝点につながった。2戦目のブラジル戦では試合中にロビーニョと激しい口論になり、エラーノとの接触によって負傷した。この負傷により、最終戦のメキシコ戦を欠場することとなったが、チリ代表は2戦目までに準々決勝進出を決めた。バルディビア、レイナルド・ナビア、アルバロ・オルメーニョ、ホルヘ・バルガス、ロドリゴ・テージョ、パブロ・コントレラスの6人は準々決勝進出を祝おうとしたが、彼らはプエルト・オルダスのホテルで2人のウェイトレスをレイプしたとカナル13に報じられた。この出来事の後、醜聞に関与した6人の選手たちはチリサッカー連盟によって20試合の出場停止処分を受けた(後に処分は10試合に軽減)。準々決勝では再びブラジルと対戦したが、1-6で敗れて敗退した。ホルヘ・バルディビア フレッシュアイペディアより)

  • サントスFC

    サントスFCから見たロビーニョロビーニョ

    サッカーの王様と呼ばれるペレを始め、ロビーニョ、ネイマールらが所属していた。元日本代表・三浦知良、前園真聖も所属した。また、鹿島アントラーズをJリーグ3連覇に導いたオズワルド・オリヴェイラがかつて監督に就任していた。サントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ドラベース ドラえもん超野球外伝

    ドラベース ドラえもん超野球外伝から見たロビーニョロビーニョ

    ロビの弟。黒い方がロロである。ロビとは正反対に気性の激しい性格。ラフプレーが多く、打球をヒョロえもんにぶつけての内野安打を狙う。さらにその際スライディングしてきたヒロシも巧妙なプレーで退場させた。12巻の最後にヒロシとユニフォームを交換した。ポジションはミッドフィールダー。プレースタイルはラフプレー誘い。まさにロビーニョのプレースタイル。ドラベース ドラえもん超野球外伝 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「ロビーニョ」のニューストピックワード

  • RS NO.9 Carnaby

  • スティール・ホイールズ・ライヴ−アトランティック・シティ/ニュージャージー

  • スティール・ホイールズ・ライブ−アトランティック・シティ/ニュージャージー