51件中 21 - 30件表示
  • リカルド・オリヴェイラ

    リカルド・オリヴェイラから見たロビーニョロビーニョ

    2004年5月25日、カタルーニャ代表との非公式親善試合 (5-1) でブラジル代表デビューし、その試合で得点を挙げた。同年7月にはコパ・アメリカ2004に出場するメンバーに選ばれ、7月8日のパラグアイ戦で国際Aマッチ初出場を果たした。7月18日の準々決勝・メキシコ戦で国際Aマッチ初得点を挙げ、優勝に貢献した。これ以後、ロナウド、アドリアーノ、ロビーニョなどの控えとしてブラジル代表に定着していった。2005年にはFIFAコンフェデレーションズカップ2005に出場して優勝したがクラブでのプレー中に怪我を負い、予想より早く復帰したものの2006 FIFAワールドカップ出場は逃した。2006 FIFAワールドカップ後にドゥンガ監督が就任すると、約1年ぶりに代表に招集され、11月15日のスイスとの親善試合で復帰した。リカルド・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・メロ

    フェリペ・メロから見たロビーニョロビーニョ

    2010年には2010 FIFAワールドカップのブラジル代表に選出され、4試合に出場。7月2日に開催された準々決勝・オランダ戦において、ロビーニョの先制ゴールをアシストしたが、後半8分にヴェスレイ・スナイデルのクロスへの対応で飛び出したジュリオ・セーザルと交錯。同点ゴールを許すミスをした上、28分にはアリエン・ロッベンを踏みつけて退場処分を受けた。この失態はブラジル国内で猛烈に批判され、帰国時には空港でサポーターから罵詈雑言を浴びせられる事態になった。フェリペ・メロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たロビーニョロビーニョ

    2007年6月26日、バシーレ監督はベネズエラで開催されるコパ・アメリカ2007に出場するメンバーに選出された。グループリーグ初戦は招待国のアメリカ戦となり、アルゼンチンは4-1で勝利。2戦目のコロンビア戦 (4-2) では34分にヘディングで、45分に直接フリーキックで得点し、アルゼンチンの勝利に貢献した。最終戦のパラグアイ戦にも勝利し、3戦全勝でグループリーグ突破を決めた。準々決勝ではペルーと対戦し、後半だけで再び2得点を挙げたほか、61分にはメッシの得点をアシストした。準決勝では招待国のメキシコと対戦し、45分にガブリエル・エインセの得点をアシストし、65分にはPKで駄目押しとなる得点を挙げた。決勝ではブラジルと対戦し、フル出場して3-0の勝利に貢献した。大会を通じて5得点し、ロビーニョ(ブラジル)に次いで得点ランキングの2位となった。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・セーザル・クレメンテ・バチスタ

    ジュリオ・セーザル・クレメンテ・バチスタから見たロビーニョロビーニョ

    2005年7月25日、レアル・マドリードと5年契約を交わした。移籍金は2000万ユーロ(1380万ポンド)であり、2450万ユーロ(1690万ポンド)まで上昇する可能性があった。この時はイングランドのクラブに移籍したくなかったと語り、スペインにとどまったことでスペイン国籍を取得する権利を得た 。レアル・マドリードでは背番号8を与えられた。レアル・マドリードはサントスFCからロビーニョを、セビージャからセルヒオ・ラモスを獲得しており、2005-06シーズンはトロフィー獲得の期待が大きかった。ジネディーヌ・ジダンやグティなどと一緒にプレーするために、本来のポジションではない左ウイングで起用されることが多く、セビージャでの出来とは程遠かった。リーグ戦では8得点に終わり、クラブにとっても失望の残るシーズンとなった。ジュリオ・セーザル・クレメンテ・バチスタ フレッシュアイペディアより)

  • ラミレス・サントス・ド・ナシメント

    ラミレス・サントス・ド・ナシメントから見たロビーニョロビーニョ

    2008年夏に行われた北京オリンピックに、ケガで辞退したロビーニョの代替選手として選出されると、6試合中4試合に出場し銅メダル獲得に貢献。2009年5月にはブラジル代表に初招集。6月のワールドカップ南アフリカ大会・南米予選のウルグアイ戦で初キャップを刻んだ。FIFAコンフェデレーションズカップ2009にも出場して優勝に貢献した。翌年の南アフリカW杯ブラジル代表にも選出され、大会前の6月7日に行われた親善試合のタンザニア戦では代表初得点を含む2得点を挙げた。ラミレス・サントス・ド・ナシメント フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ

    ジエゴ・リバス・ダ・クーニャから見たロビーニョロビーニョ

    サントスFCの下部組織出身。2002年に16歳でプロデビューすると、同年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝に貢献。1歳上のロビーニョやエラーノ、アレックスらと共に「ヤング・サントス」の一員として3シーズンに渡って活躍。「ジーコの後継者」としてヨーロッパのクラブからの注目を集める。ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・カペル

    ディエゴ・カペルから見たロビーニョロビーニョ

    10歳の時にオルラ・デル・リオというサッカークラブに入団し、国際トーナメントでの活躍がきっかけで11歳でFCバルセロナの下部組織に移ったが、1年も経たずに地元に戻り、14歳の時にセビージャFCのトライアルを受けて下部組織に入団した。2004年10月24日、アトレティコ・マドリード戦 (2-1) で終了間際の3分間だけ出場し、トップチームデビューを果たした。16歳8ヶ月8日でのデビューはホセ・アントニオ・レジェス(16歳4ヶ月29日)に次いでクラブ史上2番目の年少出場記録だった。2005-06シーズン、2006-07シーズンはセビージャ・アトレティコ(Bチーム)でのプレーが中心で、トップチームでの出場は数試合に終わったが、2005年12月1日にはUEFAカップのヴィトーリア・ギマランイス戦 (3-1) に出場し、欧州カップ戦デビューを果たした。2007年夏にプロ契約を交わすと、8月28日に同じタイプのアントニオ・プエルタが死去したこともあってレギュラーポジションを獲得し、2008年1月9日のコパ・デル・レイ、FCバルセロナ戦 (1-1) でプロ初得点を挙げた。2月9日にはリーグ戦の同一カード (1-1) でリーグ初得点を挙げて強豪との対戦を引き分けに導いている。2008年6月にはプレミアリーグのトッテナム・ホットスパーFCが1250万ユーロを提示して獲得を狙い、カペル自身も「選手として成長するために」移籍に乗り気であった。さらに、バルセロナに拠点を置くスポルト紙が「レアル・マドリードはカペルを、放出が噂されるロビーニョの代役になりうる選手とみなしている」と報じたが、どちらも実現していない。ディエゴ・カペル フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ファビアーノ

    ルイス・ファビアーノから見たロビーニョロビーニョ

    コパ・アメリカ2004後はFCポルトとセビージャFCでの不調などから3年以上代表に招集されなかったが、セビージャでの好調が買われて2007年11月18日の2010 FIFAワールドカップ・南米予選・ペルー戦で復帰した。復帰第2戦のウルグアイ戦には先発出場し、先制された後に2得点を挙げて勝利に貢献し、FWロビーニョなどとともにレギュラーポジションを勝ち取った。2008年11月19日、ブラジリアで行われたポルトガルとの親善試合では代表で初めてハットトリックを達成し、6-2での大勝に一役買った。2009年夏にはFIFAコンフェデレーションズカップ2009に出場し、イタリア戦で2得点を挙げると、決勝のアメリカ戦では2点のビハインドから2得点を挙げて同点に追いつき、ブラジルの優勝に貢献した。大会を通じて5得点を挙げてゴールデンブーツ(得点王)とシルバーボール(最優秀選手次点)に輝いた。ルイス・ファビアーノ フレッシュアイペディアより)

  • オズワルド・オリヴェイラ

    オズワルド・オリヴェイラから見たロビーニョロビーニョ

    サンパウロ時代にカカ、サントス時代にはロビーニョ、コリンチャンス時代にはマルコス・セナの指導をしていた。オズワルド・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • レオナルド・ロウレンソ・バストス

    レオナルド・ロウレンソ・バストスから見たロビーニョロビーニョ

    その後に加入したサントスFCで、すぐにチームにとってなくてはならない存在となり、2002 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAではジエゴ、エラーノ、レナト、そしてロビーニョらと共に自身キャリアで初の優勝を経験するも、翌年のコパ・リベルタドーレスは決勝で敗退した。レオナルド・ロウレンソ・バストス フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「ロビーニョ」のニューストピックワード

  • RS NO.9 Carnaby

  • スティール・ホイールズ・ライヴ−アトランティック・シティ/ニュージャージー

  • スティール・ホイールズ・ライブ−アトランティック・シティ/ニュージャージー