47件中 21 - 30件表示
  • レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオール

    レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオールから見たロビーニョロビーニョ

    レナチーニョ(RENATINHO)ことレナト・カルロス・マルティンス・ジュニオール(Renato Carlos Martins Júnior、1987年5月14日 - )は、ブラジル出身で中国スーパーリーグ・杭州緑城所属のプロサッカー選手。ポジションはフォワード。ロビーニョ2世との異名を持つ。実際ロビーニョとは仲が良いと、公式プロフィールで語っている。レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • キック (サッカー)

    キック (サッカー)から見たロビーニョロビーニョ

    かつては、マラドーナやロベルト・バッジョなどといったテクニシャン達もしばしば行っていた。最近ではアイマール、エルナン・クレスポ、クリスティアーノ・ロナウド、リカルド・クアレスマ、ロビーニョ、ジョー・コール、エベル・バネガらが試合中に繰り出すことがある。キック (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ

    ジエゴ・リバス・ダ・クーニャから見たロビーニョロビーニョ

    サントスFCの下部組織出身。2002年に16歳でプロデビューすると、同年のカンピオナート・ブラジレイロに貢献。1歳上のロビーニョやエラーノ、アレックスらと共に「ヤング・サントス」の一員として3シーズンに渡って活躍。「ジーコの後継者」としてヨーロッパのクラブからの注目を集める。ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たロビーニョロビーニョ

    2006-07、2007-08シーズンでは主に3トップの右ウイングとして起用された。2007-08シーズンではイグアインの先発により、ロビーニョがベンチを暖める機会が増えた。2007-08シーズンのアウェイでの優勝をかけた第35節オサスナ戦では、後半の途中から出場。終盤にフリーキックからアリエン・ロッベンのヘディングでの同点ゴールをアシストすると、試合終了間際には自ら優勝を決める決勝ゴールを決めた。更に第36節のFCバルセロナとのエル・クラシコでは後半の途中から出場し、ファーストタッチでゴールを決めた。この2試合を含む4試合連続途中出場でゴールを記録するなど、切り札としてレアル・マドリードのリーガ連覇に大きく貢献した。2008-09シーズン途中からチーム事情(シーズン序盤にロビーニョ放出、ファン・ニステルローイが長期離脱)により、CFを任されることが増え、ラウル・ゴンサレスとの2トップを形成した。このシーズン、マラガ戦では不調のチームの中でイグアインが一人気を吐き、4得点を挙げてチームを勝利へと導いた。最終的にこのシーズン22得点を挙げチーム得点王となる活躍を見せた。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ

    アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタから見たロビーニョロビーニョ

    2002年サントスでデビュー。当時のサントスには現在ブラジル代表の中心メンバーであるジエゴ、エラーノ、ロビーニョが在籍していた。2002-03シーズンはDFながら9得点を挙げる活躍を見せている。アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たロビーニョロビーニョ

    ブラジルでは、「サロンフットボール」と呼ばれていた時代より、サッカー以上に身近なスポーツとして普及していた。そのためフットサルへのルール変更も、比較的スムーズに行われた。競技レベルでは、ロナウジーニョやロビーニョなど多くのプロサッカー選手が、フットサルでキャリアをスタートさせている。一方、「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。当然のことながら、セレソン(ブラジル代表)はフットサルにおいても常に世界最強の強さを誇る。2000年、2004年はワールドカップの王座をスペインに奪われていたが、2008年の自国開催大会において決勝でスペインを破り優勝した。また、2005年から、招待国が参加するフットサルグランプリ(:en:Grand Prix de Futsal)が毎年ブラジルで開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・アウヴェス

    ダニエウ・アウヴェスから見たロビーニョロビーニョ

    2008年7月2日、FCバルセロナに移籍した。移籍金は2900万+600万ユーロとされる。この金額はバルセロナ史上歴代3番目に高い移籍金で、この夏の移籍市場でもロビーニョ(レアル・マドリード→マンチェスター・シティFC)に次ぎ2番目に高い移籍金であり、サイドバックの選手としては当時史上最高額の移籍金だった。セビージャFCを離れる際の記者会見では涙を見せ、再び戻ってくることを誓った。ダニエウ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

  • ダリウス・ヴァッセル

    ダリウス・ヴァッセルから見たロビーニョロビーニョ

    2007-08シーズン、チームメイトのエラーノ・ブルメルが11番の背番号になったため、ヴァッセルは12番目の背番号を割り当てられた。ヴァッセルは、自身のベストフォームを見つけるのに苦労した。シーズン後半になると、スヴェン・ゴラン・エリクソン監督は守備的な4-5-1のフォーメーションを採用したことにより、ヴァッセルの出場した多くはサイドのMFとしてだった。そのことにより、ヴァッセルに移籍する動きが出てきた。シュペルリガ2位のベシクタシュJKからの100万ポンドの入札は拒否されたが、同じプレミアリーグのライバルであるボルトン・ワンダラーズFCと新たに昇格してきたダービー・カウンティFCを含む他のクラブから興味を持たれた。そんな中でヴァッセルは、2008年2月10日に地元のライバルマンチェスター・ユナイテッドFCとのマンチェスター・ダービーで、リーグ戦通算50得点目を記録し勝利した。さらに、4月20日にはポーツマスFC戦で先制点を決め3-1で勝利した。2008-09シーズンになるとクラブのオーナー権がUAEの投資グループへ売却されたことにより、ロビーニョやクレイグ・ベラミーなど大型補強したこともあり、ヴァッセルはこのシーズンに全大会で出場15試合と出番が減り、契約が満了したシーズン終了後に放出された。ダリウス・ヴァッセル フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たロビーニョロビーニョ

    2009-10シーズンはレオナルドが監督に就任するも、同シーズンは無冠に終わる。2010-11シーズンはマッシミリアーノ・アッレグリが監督に就任し、2010年夏の移籍市場ではズラタン・イブラヒモビッチ、ロビーニョらを獲得。2011年冬の移籍市場ではアントニオ・カッサーノ、ファン・ボメルらを獲得した。同シーズンは7季振りとなるセリエA優勝を果たすも、2011-12シーズンは無冠に終わった。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • マレク・ヤンクロフスキ

    マレク・ヤンクロフスキから見たロビーニョロビーニョ

    ACミラン退団時のミランの公式サイト上にて、「マルディーニ、コスタクルタ、ルイ・コスタ、カカ、スタム、ロナウジーニョ、ロナウド、パト、ロビーニョみたいな選手たちと一緒にプレイ、チームメイトなんて夢のようだった。クラブは、契約が満了となってもここで回復するまでリハビリできると言ってくれた。これはこのクラブがいかにグランデであるかを今回もまた示してくれた。」と語った。マレク・ヤンクロフスキ フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「ロビーニョ」のニューストピックワード