51件中 41 - 50件表示
  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たロビーニョロビーニョ

    監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集しなかった。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オーウェン

    マイケル・オーウェンから見たロビーニョロビーニョ

    レアル・マドリードでは11番を与えられた。レアルではシーズンの初めはファンやスペインの記者からコンディションの悪さを指摘されたが、2004年10月に代表戦から戻るとチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦で初得点を記録し、1-0の勝利に貢献した。その数日後に行われたバレンシアCF戦でリーグ戦初得点を記録し、その後4試合で3得点を挙げ、7試合で5得点を挙げる活躍を見せた。最終的にリーガ・エスパニョーラでは最高の得点率を記録した。2005年の夏にクラブはロビーニョとジュリオ・バチスタと契約し、オーウェンはプレミアリーグに復帰することになった。マイケル・オーウェン フレッシュアイペディアより)

  • ダリウス・ヴァッセル

    ダリウス・ヴァッセルから見たロビーニョロビーニョ

    3季目の2007-08シーズン開幕前にトルコ1部の強豪ベシクタシュJKからオファーが舞い込むも、スヴェン・ゴラン・エリクソン新監督により拒否されたヴァッセルは、新加入のエラーノ・ブルメルがそれまで自身が着用していた背番号11が与えられたことで、自身は背番号12が割り当てられてシーズンをスタートしたが、エリクソン監督は守備に重きを置いた4-5-1のフォーメーションを採用したことにより、なかなか調子を出すことが出来ずにいた。さらに、シーズン後半になるとサイドハーフで起用されることが増えたことで移籍を意識するようになり、ボルトン・ワンダラーズFCや昇格組のダービー・カウンティFCといったプレミアリーグの数クラブから興味を持たれていたが、最終的に冬の移籍市場で新たなクラブが見つからなかったことで残留することになった。2008年2月10日にマンチェスター・ユナイテッドFCとのマンチェスター・ダービーでは、前日に強盗被害に遭う失意の中にあったものの、それを感じさせないプレーからリーグ戦通算50得点目を挙げて勝利に貢献し、4月20日のポーツマスFC戦 (3-1) で先制点を挙げた。翌2008-09シーズンになるとクラブのオーナー権がUAEの投資グループへ売却されたことでロビーニョやクレイグ・ベラミー等を大型補強した影響もあり、公式戦15試合の出場にとどまり、シーズン終了後に契約満了に伴い放出された。ダリウス・ヴァッセル フレッシュアイペディアより)

  • 1984年

    1984年から見たロビーニョロビーニョ

    1月25日 - ロビーニョ、サッカー選手1984年 フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たロビーニョロビーニョ

    2006-07、2007-08シーズンでは主に3トップの右ウイングとして起用された。2007-08シーズンではイグアインの先発により、ロビーニョがベンチを暖める機会が増えた。2007-08シーズンのアウェイでの優勝をかけた第35節CAオサスナ戦では、後半の途中から出場。終盤にフリーキックからアリエン・ロッベンのヘディングでの同点ゴールをアシストすると、試合終了間際には自ら優勝を決める決勝ゴールを決めた。更に第36節のFCバルセロナとのエル・クラシコでは後半の途中から出場し、ファーストタッチでゴールを決めた。この2試合を含む4試合連続途中出場でゴールを記録するなど、切り札としてレアル・マドリードのリーガ連覇に大きく貢献した。2008-09シーズン途中からチーム事情(シーズン序盤にロビーニョ放出、ファン・ニステルローイが長期離脱)により、センターフォワードを任されることが増え、ラウル・ゴンサレスとの2トップを形成した。このシーズン、マラガCF戦では不調のチームの中でイグアインが一人気を吐き、4得点を挙げてチームを勝利へと導いた。最終的にこのシーズン22得点を挙げチーム得点王となる活躍を見せた。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たロビーニョロビーニョ

    2000年代以降、ブラジル国内ではロビーニョやネイマールといった選手が「新しいペレ」「ペレ二世」として紹介されていた。イングランドのウェイン・ルーニーは「白いペレ」と呼ばれており、彼が所属するマンチェスター・ユナイテッドFCのサポーターが唄うルーニーのチャント(応援歌)の中にも「白いペレ」の名が取り入れられている。また、ブラジル女子代表のエースストライカー・マルタは、2007年のパンアメリカン競技大会優勝時に、ペレ自身から「スカートを穿いたペレ」 (Pelé de saia) という異名を与えられた。これは従前からファンの間で両者を比較する声があり、大会終了後、ペレがこの比較に同意しながら「世界最高のサッカー選手は間違いなくスカートを穿いたペレだ」というコメントを出したものである。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・モドリッチ

    ルカ・モドリッチから見たロビーニョロビーニョ

    2017年7月、ハメス・ロドリゲスの後を継ぎ10番を着用することが決定。レアル・マドリードにおける10番は、ハメスのほかロビーニョやヴェスレイ・スナイデル、ラッサナ・ディアッラ、メスト・エジルとルイス・フィーゴ以降着用した選手が期待外れもしくは不本意な形で退団しており、呪われた背番号とも言われている。モドリッチは19番へ愛着を持ちながらも「10番が空くことが分かった時、このチャンスを逃す訳にはいかないと思った。なぜなら、自分が最も好きな番号だからだ」と語った。ルカ・モドリッチ フレッシュアイペディアより)

  • 広州恒大淘宝足球倶楽部

    広州恒大淘宝足球倶楽部から見たロビーニョロビーニョ

    7月2日、恒大地産集団(中国の不動産大手)は傘下のサッカーチーム運営会社「広州恒大淘宝足球倶楽部」の株式を店頭公開すると発表した。また同月16日にブラジル代表のFWロビーニョを獲得した。広州恒大淘宝足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たロビーニョロビーニョ

    2005年夏の移籍市場ではセルヒオ・ラモス、ロビーニョ、ジュリオ・バチスタ、パブロ・ガルシアらを獲得。2005-06シーズンはシーズン途中でルシェンブルゴを解任し、レアル・マドリード・カスティージャの監督を務めていたフアン・ラモン・ロペス・カロがトップチームの監督に就任。2006年冬の移籍市場ではアントニオ・カッサーノ、シシーニョを獲得するも、同シーズンも無冠に終わった。当時のチームは選手間の軋轢や規律の欠如をはじめとした様々な問題を抱えており、同シーズン途中の2006年2月にUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグであるアーセナルFC戦とリーガ・エスパニョーラ第25節におけるRCDマヨルカ戦での連敗により2季連続の無冠が濃厚となったため、同年2月27日にペレスは会長職を辞任した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター・シティFC

    マンチェスター・シティFCから見たロビーニョロビーニョ

    2008年9月1日、タクシン・チナワット会長がオーナー権をUAEの投資グループの(ADUG) へ売却。更に同年夏の移籍市場最終日となった同日、レアル・マドリードからロビーニョを獲得し、翌2009年冬の移籍市場では当時史上最高額ともいわれる移籍金でACミランからカカの獲得を試み失敗するも、あり余る資金力を背景にウェイン・ブリッジ、シェイ・ギヴン、クレイグ・ベラミーなどの実力者達を獲得。しかし、最終的に2008-09シーズンはプレミアリーグを10位、UEFAカップをベスト8で終えることとなり期待された結果とは程遠いものだった。マンチェスター・シティFC フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「ロビーニョ」のニューストピックワード

  • RS NO.9 Carnaby

  • スティール・ホイールズ・ライヴ−アトランティック・シティ/ニュージャージー

  • スティール・ホイールズ・ライブ−アトランティック・シティ/ニュージャージー