46件中 31 - 40件表示
  • ロビーニョ

    ロビーニョから見た誘拐

    大会終了後、レアル・マドリードが本格的に獲得に動くが、クラブ間の交渉や移籍金を目当てとした実母の誘拐などで頓挫。2005-2006シーズンから移籍金2400万ユーロで移籍し、正式に加入する。背番号はフィーゴが着けていた10番ということもあり、期待が窺われた。クラブでは、フォワードよりもサイドハーフの位置で起用された。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たセリエA (サッカー)

    ロビーニョ(Robinho)ことロブソン・デ・ソウザ(Robson de Souza, 1984年1月25日 - )は、ブラジル・サンパウロ州サン・ヴィセンテ出身のサッカー選手、同国代表。セリエA・ACミラン所属。ポジションはFW。攻撃的なポジションなら大抵こなすことができる。世界最高クラスのドリブルの名手。高い得点力とともに、シザースなど変幻自在のプレーで見る者を魅了する。「ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つ。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たブラジル

    ロビーニョ(Robinho)ことロブソン・デ・ソウザ(Robson de Souza, 1984年1月25日 - )は、ブラジル・サンパウロ州サン・ヴィセンテ出身のサッカー選手、同国代表。セリエA・ACミラン所属。ポジションはFW。攻撃的なポジションなら大抵こなすことができる。世界最高クラスのドリブルの名手。高い得点力とともに、シザースなど変幻自在のプレーで見る者を魅了する。「ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つ。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見た強姦

    同年1月27日、14日のリーズのナイトクラブでの強姦の容疑で一時拘束されるなど素行に問題があり、マーク・ヒューズ監督とは衝突していた。また、チーム自体もプレミアリーグ10位に終わった。2009-10シーズンは本調子からは遠く、出場機会が減少。1月には古巣・サントスFCへレンタル移籍した。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見た2010 FIFAワールドカップ

    2010 FIFAワールドカップでは決勝トーナメント1回戦のチリ戦で自身W杯初得点を挙げ、勝利に貢献。この試合のマンオブザマッチに選出された。続く準々決勝のオランダ戦でも先制点を挙げたが、チームは逆転負けし敗退した。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たリーズ

    同年1月27日、14日のリーズのナイトクラブでの強姦の容疑で一時拘束されるなど素行に問題があり、マーク・ヒューズ監督とは衝突していた。また、チーム自体もプレミアリーグ10位に終わった。2009-10シーズンは本調子からは遠く、出場機会が減少。1月には古巣・サントスFCへレンタル移籍した。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たサッカー

    ロビーニョ(Robinho)ことロブソン・デ・ソウザ(Robson de Souza, 1984年1月25日 - )は、ブラジル・サンパウロ州サン・ヴィセンテ出身のサッカー選手、同国代表。セリエA・ACミラン所属。ポジションはFW。攻撃的なポジションなら大抵こなすことができる。世界最高クラスのドリブルの名手。高い得点力とともに、シザースなど変幻自在のプレーで見る者を魅了する。「ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つ。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見た日本プロサッカーリーグ

    Jリーグ・川崎フロンターレに所属していたレナチーニョとガンバ大阪に所属するパウリーニョとは仲がいい。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たフォワード (サッカー)

    ロビーニョ(Robinho)ことロブソン・デ・ソウザ(Robson de Souza, 1984年1月25日 - )は、ブラジル・サンパウロ州サン・ヴィセンテ出身のサッカー選手、同国代表。セリエA・ACミラン所属。ポジションはFW。攻撃的なポジションなら大抵こなすことができる。世界最高クラスのドリブルの名手。高い得点力とともに、シザースなど変幻自在のプレーで見る者を魅了する。「ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つ。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たマンチェスター・シティFC

    2007-08シーズンはラウル、ファン・ニステルローイとともに3トップを形成しチームのリーガ2連覇に貢献。しかし、シーズンオフにはクラブが自身をクリスティアーノ・ロナウド獲得のための代替要員として扱ったことに激怒。結局、ロナウドの獲得は叶わなかったためクラブは彼を慰留するも、チェルシーが獲得に名乗りを挙げ、2008-09シーズンのリーグ開幕戦当日にチェルシーへの移籍願望を表明する記者会見を開くなど大きな問題となった。その後もシュスター監督をはじめチームは彼を説得するも、本人の意思は強く、最終的にマーケット締め切り日の9月1日に移籍金4200万ユーロでマンチェスター・シティに移籍することが発表された。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「ロビーニョ」のニューストピックワード