前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • テイク・ザット

    テイク・ザットから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    ロビー・ウィリアムズの脱退、マネージャーとの関係悪化により1996年に解散。メンバーはそれぞれソロ活動などをしていたが、2005年にロビーを除いた4人で再結成する。同年はテイク・ザット特集のドキュメンタリー番組が放送されベスト盤を再度リリース。2006年の再結成ツアーは大成功を収め、2006年末には再結成後初のアルバムもリリース。2007年3月にはアルバムプロモーションのため、再結成後初の来日を果たした。テイク・ザット フレッシュアイペディアより)

  • エリック・サーデ

    エリック・サーデから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    4月、エリックは公式にアルバムの名前が「フォーギブ・ミー」だということを発表した。4月にはリード・シングル「カミング・ホーム」を発売。このアルバムの内容はジャスティン・ティンバーレイクやロビー・ウィリアムズ、マイケル・ジャクソン等を意識した内容となっており、エリックの今までの作品からテイストを変えたものとなった。エリック・サーデ フレッシュアイペディアより)

  • ウェン・ウィー・ワー・ヤング

    ウェン・ウィー・ワー・ヤングから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    「ウェン・ウィー・ワー・ヤング」("When We Were Young")はイギリスのポップ・グループ、テイク・ザットのシングルである。『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のテーマソングでもある。リード・ボーカルはロビー・ウィリアムズとゲイリー・バーロウ。ウェン・ウィー・ワー・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • シュア (テイク・ザットの曲)

    シュア (テイク・ザットの曲)から見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    「シュア」(Sure)はイギリスの男性グループ、テイク・ザットのシングル曲。3枚目のアルバム『ノーバディ・エルス』に収録されており、同アルバムからの1枚目のシングルである。UKチャートでは1位を獲得した。また、メンバー5人のうち(このときはまだロビー・ウィリアムズは脱退していない)3人、ゲイリー・バーロウ、マーク・オーウェン、ロビー・ウィリアムズがこの曲の作詞を担当した。メインボーカルはゲイリー・バーロウ。シュア (テイク・ザットの曲) フレッシュアイペディアより)

  • プログレス (アルバム)

    プログレス (アルバム)から見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    『プログレス』(Progress)は、テイク・ザットの6枚目のアルバムである。1995年に脱退したロビー・ウィリアムズが復帰した最初のアルバムである。エレクトロニック・ミュージックの影響とシンセサイザーが多用されたアルバムは多くの批評家から高い評価を得た。プログレス (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • クリス・シャーロック

    クリス・シャーロックから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    1997年からソロ活動を開始したロビー・ウィリアムズのバックバンド入り、ドラマーとして活躍。クリス・シャーロック フレッシュアイペディアより)

  • カイリー・ミノーグ

    カイリー・ミノーグから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    2000年、移籍後初のアルバム『ライト・イヤーズ』を発表。リードシングル「スピニング・アラウンド」が10年ぶりに全英シングルチャートで1位を獲得し劇的な復活を遂げ、「オン・ア・ナイト・ライク・ディス」(全英2位)やロビー・ウィリアムズとの「キッズ」(全英2位)など後続のシングルカットも次々ヒットして第2の黄金期を創出する。また、「スピニング・アラウンド」のミュージック・ビデオで見せたゴールドのホットパンツや、同年オーストラリアで開催されたシドニーオリンピックの閉会式での歌唱も話題となった。カイリー・ミノーグ フレッシュアイペディアより)

  • プログレスド

    プログレスドから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    当初ロビー・ウィリアムズのテイク・ザットへの復帰は『プログレス』とプログレス・ライヴのみの限定的なものだと噂されていたが、2011年3月29日に「最初は僕たち全員も5人での活動はアルバム1枚だけ、と考えていた。だが今は新しい曲を書いている」とゲイリー・バーロウが発言し、近いうちにニューアルバムが出ることを示唆した。プログレスド フレッシュアイペディアより)

  • シャイン (テイク・ザットの曲)

    シャイン (テイク・ザットの曲)から見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    歌詞はマークが担当し、その内容は暗にテイク・ザットの元メンバーロビー・ウィリアムズに向けたものである。これは、ロビーの脱退後もメンバーで唯一連絡を取っていたマークからのロビーに対するエールであった。またロビーとの関係が最も悪かったゲイリーも、歌詞の意味については薄々気が付いていた。シャイン (テイク・ザットの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ファースト・デイ・オブ・マイ・ライフ

    ファースト・デイ・オブ・マイ・ライフから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    作詞はイギリスの有名なソングライター、ガイ・チャンバース(ロビー・ウィリアムズ、トム・ジョーンズ、カイリー・ミノーグ、ダイアナ・ロス、ウィル・ヤング、ニック・ラシェイ、バステッド、ジェシカ・シンプソン、ヒラリー・ダフ、ブライアン・マックファーデン、ジェイムス・ブラント、シャルロット・チャーチなど人気歌手を多数手がける)、エンリケ・イグレシアス、イタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリによって手がけられた。ファースト・デイ・オブ・マイ・ライフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「ロビー・ウィリアムズ」のニューストピックワード