前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • テイク・ザット

    テイク・ザットから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    ロビー・ウィリアムズの脱退、マネージャーとの関係悪化により1996年に解散。メンバーはそれぞれソロ活動などをしていたが、2005年にロビーを除いた4人で再結成する。同年はテイク・ザット特集のドキュメンタリー番組が放送されベスト盤を再度リリース。2006年の再結成ツアーは大成功を収め、2006年末には再結成後初のアルバムもリリース。2007年3月にはアルバムプロモーションのため、再結成後初の来日を果たした。テイク・ザット フレッシュアイペディアより)

  • シュア (テイク・ザットの曲)

    シュア (テイク・ザットの曲)から見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    「シュア」(Sure)はイギリスの男性グループ、テイク・ザットのシングル曲。3枚目のアルバム『ノーバディ・エルス』に収録されており、同アルバムからの1枚目のシングルである。UKチャートでは1位を獲得した。また、メンバー5人のうち(このときはまだロビー・ウィリアムズは脱退していない)3人、ゲイリー・バーロウ、マーク・オーウェン、ロビー・ウィリアムズがこの曲の作詞を担当した。メインボーカルはゲイリー・バーロウ。シュア (テイク・ザットの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ウェン・ウィー・ワー・ヤング

    ウェン・ウィー・ワー・ヤングから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    「ウェン・ウィー・ワー・ヤング」("When We Were Young")はイギリスのポップ・グループ、テイク・ザットのシングルである。『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のテーマソングでもある。リード・ボーカルはロビー・ウィリアムズとゲイリー・バーロウ。ウェン・ウィー・ワー・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • プログレス (アルバム)

    プログレス (アルバム)から見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    「プログレス」("Progress")はテイク・ザットの6thアルバムである。1995年に脱退したロビー・ウィリアムズが復帰した最初のアルバムである。エレクトロニック・ミュージックの影響とシンセサイザーが多用されたアルバムは多くの批評家から高い評価を得た。プログレス (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ブリット・アワード

    ブリット・アワードから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    1999年:ロビー・ウィリアムズ(3受賞)ブリット・アワード フレッシュアイペディアより)

  • カイリー・ミノーグ

    カイリー・ミノーグから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    2000年、移籍後初のアルバム『ライト・イヤーズ』を発表。リードシングル「スピニング・アラウンド」が10年ぶりに全英シングルチャートで1位を獲得し劇的な復活を遂げ、「オン・ア・ナイト・ライク・ディス」(全英2位)やロビー・ウィリアムズとの「キッズ」(全英2位)など後続のシングルカットも次々ヒットして第2の黄金期を創出する。1990年代はピンナップガールのような露出の仕方で知名度を保っていたが、この作品群をきっかけに音楽活動の主体となっていたイギリス内でセックスシンボルの地位を確立。また、「スピニング・アラウンド」のミュージック・ビデオで見せたゴールドのホットパンツや、同年オーストラリアで開催されたシドニーオリンピックの閉会式での歌唱も話題となった。カイリー・ミノーグ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・シャーロック

    クリス・シャーロックから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    1997年からソロ活動を開始したロビー・ウィリアムズのバックバンド入り、ドラマーとして活躍。クリス・シャーロック フレッシュアイペディアより)

  • AAMIスタジアム

    AAMIスタジアムから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    また、コンサートとしての開催も多く、ABBA、U2、ロビー・ウィリアムズらがコンサートを行った。AAMIスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • アイ・ファウンド・ヘヴン

    アイ・ファウンド・ヘヴンから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    プロデューサー・チームのビリー・グリフィンとイアン・レヴィンによって作詞・作曲された。テイク・ザットのデビュー・アルバム、『テイク・ザット&パーティ』に収録されており、同アルバムからの5枚目のシングルである。UKチャートでは最高15位をマーク。それまではゲイリー・バーロウが主にメインボーカルを務めていたが、この曲では後に脱退するロビー・ウィリアムズと分け合って歌われていることもあり、母国イギリスでは注目された。アイ・ファウンド・ヘヴン フレッシュアイペディアより)

  • 恋はマジック

    恋はマジックから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    メインボーカルはロビー・ウィリアムズ恋はマジック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「ロビー・ウィリアムズ」のニューストピックワード