70件中 11 - 20件表示
  • エヴリシング・チェンジズ

    エヴリシング・チェンジズから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    「エヴリシング・チェンジズ」(Everything Changes)はイギリスの男性グループ、テイク・ザットのシングル曲。彼らの2ndアルバム、同名の『エヴリシング・チェンジズ』に収録されており、同アルバムからの5枚目のシングルである。作詞はメンバーのゲイリー・バーロウらが担当した。1994年3月にリリースされ、UKチャート1位を獲得した。メインボーカルはロビー・ウィリアムズエヴリシング・チェンジズ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フラッド (テイク・ザットの曲)

    ザ・フラッド (テイク・ザットの曲)から見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    「ザ・フラッド」("The Flood")はイギリスのポップグループ、テイク・ザットのシングルである。6枚目のアルバム『プログレス』からの1枚目のシングル曲となる。リード・ボーカルはゲイリー・バーロウとロビー・ウィリアムズ。1995年にテイク・ザットを脱退したロビー・ウィリアムズが2010年に戻ってきて以来初となるシングルでもある。ザ・フラッド (テイク・ザットの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ベースメント・ジャックス

    ベースメント・ジャックスから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    2006年にはロビー・ウィリアムズとのコラボツアーを敢行。4枚目となる「クレイジー・イッチ・レディオ」を9月にリリースし、単独の全英アリーナツアーを成功させるなど絶頂期を迎えている。ベースメント・ジャックス フレッシュアイペディアより)

  • タウンハウス・スタジオ

    タウンハウス・スタジオから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    タウンハウス・スタジオでレコーディングをしたアーティストには、エルトン・ジョン、クイーン、フィル・コリンズ、ザ・ジャム、エイジア、ブライアン・フェリー、コールドプレイ、ミューズ、デュラン・デュラン、ジャミロクワイ、カイリー・ミノーグ、オアシス、XTC、ロビー・ウィリアムズなどがいる。「ストーン・ルーム」と呼ばれたスタジオ2は、ドラムのレコーディングで1980年代に特に人気があった場所であるが、これは世界中のラジオを席巻し、ポップ史最大のヒット曲の一つに数えられるフィル・コリンズの「夜の囁き」のドラムが、ヒュー・パジャムのプロデュースのもと、ここスタジオ2で収録されていたことによるものである。タウンハウス・スタジオ フレッシュアイペディアより)

  • ハッピー・ナウ

    ハッピー・ナウから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    「ハッピー・ナウ」("Happy Now")はイギリスのポップ・グループ、テイク・ザットのシングルである。イギリスのチャリティ団体コミック・リリーフが行うチャリティ番組のプロモーションのためシングルカットされた。リード・ボーカルはゲイリー・バーロウとロビー・ウィリアムズ。2010年11月15日に発売されたアルバム『プログレス』の6曲目として、2011年3月18日よりイギリスでデジタル・ダウンロード版が、6月18日にヨーロッパでプロモーション・シングルがそれぞれ発売された。ハッピー・ナウ フレッシュアイペディアより)

  • 自由への疾走

    自由への疾走から見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    トム・ジョーンズ - アルバム『Reload』(1999年)に、ロビー・ウィリアムズとのデュエットによるカヴァーを収録。自由への疾走 フレッシュアイペディアより)

  • アイーダ・フィールド

    アイーダ・フィールドから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    2010年8月7日、全欧的な人気を誇るイギリスのポップシンガーロビー・ウィリアムズと結婚。アイーダ・フィールド フレッシュアイペディアより)

  • ネヴァー・フォゲット - アルティメット・コレクション

    ネヴァー・フォゲット - アルティメット・コレクションから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    "シュア" (ゲイリー・バーロウ、マーク・オーエン、ロビー・ウィリアムズ) ? 3:41ネヴァー・フォゲット - アルティメット・コレクション フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・レンク

    ヨハン・レンクから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    多くの音楽家のミュージック・ビデオを監督しており、これまでにマドンナの「ハング・アップ」と「」、カイリー・ミノーグの「ラヴ・アット・ファースト・サイト」、オール・セインツの「」、ロビー・ウィリアムズの「」と「」、ザ・リバティーンズの「ホワット・ビケイム・オブ・ザ・ライクリー・ラッズ」、スウェードの「」、ニュー・オーダーの「」と「」、ビヨンセの「」などを手掛けている。ヨハン・レンク フレッシュアイペディアより)

  • ゴーラ (ブランド)

    ゴーラ (ブランド)から見たロビー・ウィリアムスロビー・ウィリアムズ

    1980年代以降、ナイキやアディダスが伸長する一方でゴーラは低迷していき、10年間にわたって冬眠状態にあったが、1996年に多くの靴ブランドを傘下におさめるD・ジェイコブソン・アンド・ソンズがゴーラを買収し、1998年に市場展開を再開した。ジェイコブソン社の社長ハーヴィー・ジェイコブソンは、ゴーラの魅力としてその高いブランド認知度を挙げた。再出発後のゴーラはレトロなデザインを強みとしており、スポーツラインのゴーラ・スポーツ (Gola Sport) に加え、レトロラインのゴーラ・クラシックス (Gola Classics) をもうひとつの柱として展開している。ゴーラのスニーカーはポール・ウェラーやロビー・ウィリアムスといったセレブリティによって好まれて履かれている。ゴーラ (ブランド) フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「ロビー・ウィリアムズ」のニューストピックワード