70件中 41 - 50件表示
  • マーク・オーエン

    マーク・オーエンから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    その後、テイク・ザットから脱退したロビー・ウィリアムズからライブに出演してくれないかという誘いの電話があり、そのロビーのライブに参加することになる。(このライブは大規模なものになり、ウィリアムズ自身もライブ中に感極まったシーンがあった。)この出演をきっかけにマークは再びアイランド・ユニバーサルレコードと契約を結ぶ。2003年8月には"Four Minutes Warning"(日本未発表)をリリースし、UKチャート最高5位をマークし、トップ40に8週間とどまった。しかし、2003年11月にリリースされたアルバム、"In Your Own Time"(日本未発表)ではチャート39位、またシングル"Alone Without You"(日本未発表)も26位とふるわず、再びレコード会社と解約することになった。マーク・オーエン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロヴィッツ

    ジョン・ロヴィッツから見たロビー・ウィリアムスロビー・ウィリアムズ

    俳優業以外では歌手としての才能も発揮していて、2001年には、英国のロイヤル・アルバート・ホールにてイギリス生まれのポップシンガー、ロビー・ウィリアムスとのデュエットも実現しており、その曲が収録されたアルバムも発売されている。声優としての活動もあり、アニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』でもゲスト出演の回数が多い。ジョン・ロヴィッツ フレッシュアイペディアより)

  • リトル・ブリテン

    リトル・ブリテンから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    ロビー・ウィリアムズ、エルトン・ジョン、ブルートーンズのマーク・モリスらがゲスト出演した。リトル・ブリテン フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・バーロウ

    ゲイリー・バーロウから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    バーロウはテイク・ザットのメンバーとして有名ではあったが、音楽家としての才能も見出されていた。テイク・ザットの曲のほとんどは彼によって書かれたものである。テイク・ザットのメンバーはバーロウ、ジェイソン・オレンジ、マーク・オーエン、ハワード・ドナルド、ロビー・ウィリアムズ(後に脱退)の5人である。RCAレコードと契約し、1990年代には8曲のUKチャートナンバー1シングルをリリースしている。そして、ほとんどの曲でバーロウがメイン・ボーカルであった。ゲイリー・バーロウ フレッシュアイペディアより)

  • リーランド・スカラー

    リーランド・スカラーから見たロビー・ウィリアムスロビー・ウィリアムズ

    Escapology — ロビー・ウィリアムス — (2002)リーランド・スカラー フレッシュアイペディアより)

  • デュエット

    デュエットから見たロビー・ウィリアムスロビー・ウィリアムズ

    フランク・シナトラ & ナンシー・シナトラ 「恋のひとこと(SOMETHING STUPID)」 - ロビー・ウィリアムス & ニコール・キッドマン、竹内まりや & 大滝詠一によるカバーあり。デュエット フレッシュアイペディアより)

  • シェイマス・マクガーヴェイ

    シェイマス・マクガーヴェイから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    写真家として働いた後、ロンドンで映画学校に通う。卒業後に短編映画の制作を始める。また、U2やローリング・ストーンズ、コールド・プレイ、ポール・マッカートニー、ロビー・ウィリアムズといったミュージシャンのミュージック・ビデオを多く手がけた。1994年から映画撮影に携わるようになり、2007年の『つぐない』、2012年の『アンナ・カレーニナ』でアカデミー撮影賞にノミネートされた。シェイマス・マクガーヴェイ フレッシュアイペディアより)

  • マクフライ

    マクフライから見たロビー・ウィリアムスロビー・ウィリアムズ

    NME誌に掲載されていたバステッドの3人目の募集広告に応募し、最後の2人に残ったが、落ちてしまった。つまりチャーリー(現・ファイトスター)と最後まで残ったのだ。オーディションには落ちてしまったが、元バステッドのジェイムス・ボーン(現・サン・オブ・ドーク)と連絡を取り続けて、大ヒットアルバムの「Present For Everyone」の数曲と映画『サンダーバード』の主題歌「Thunderbirds Are Go」をジェイムスと一緒に書いた。またソングライターとしては、バステッドで3曲、McFlyで7曲と計10曲もの全英1位を記録している。これはQueenやロビー・ウィリアムス、Oasisのノエル・ギャラガー、U2をも上回る数字である。2011年にはデビュー前からずっと交際していた彼女と結婚した。マクフライ フレッシュアイペディアより)

  • バック・フォー・グッド

    バック・フォー・グッドから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    脱退したロビー・ウィリアムズのシングル“Let Me Entertain You”のBサイドにはこの曲のライブバージョンが録音されている。バック・フォー・グッド フレッシュアイペディアより)

  • ドーソンズ・クリーク

    ドーソンズ・クリークから見たロビー・ウィリアムズロビー・ウィリアムズ

    シーズン1は13話しかなかったが、1999年まで放送された第2シーズンは22話になり、その後3・4・5シーズンとそれぞれ23話あった。最後のシーズン6は全24話である。テレビシリーズ自体は2003年5月で終了したが、その年の4月からDVDがシーズン1から発売され、2006年に全シーズンがDVD化された。日本でのDVD化は第1シーズンだけである。オープニング曲にはポーラ・コールの「I Don't Want to Wait」が使われた。シーズン中に使用される音楽も、チャンバワンバやサベージガーデン、ケミカル・ブラザーズやロビー・ウィリアムズなど大物アーティストの楽曲が使われていた。ドーソンズ・クリーク フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「ロビー・ウィリアムズ」のニューストピックワード