ロベルト・ペタジーニ ニュース&Wiki etc.

ロベルト・アントニオ・ペタジーニ・エルナンデス(Roberto Antonio Petagine Hernandez、1971年6月2日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。 (出典:Wikipedia)

「ロベルト・ペタジーニ」Q&A

  • Q&A

    ロベルト・ペタジーニの去就はどうなりましたか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2010年12月19日 14:00

  • Q&A

    ソフトバンクホークスのロベルト・ペタジーニが退団しました。僕は残って欲しいと思いまし…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2010年11月14日 16:53

  • Q&A

    福岡ソフトバンクホークスのロベルト・ペタジーニ一塁手がMLBで通用しなかったのは何故…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2010年10月18日 19:47

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ロベルト・ペタジーニ」のつながり調べ

  • 清原和博

    清原和博から見たロベルト・ペタジーニ

    は前年オフに松井移籍数日後、燦々会の会合で原辰徳監督に早々と4番に指名され、故障に悩まされ続けながらも打率.290、26本塁打を記録。5月18日の対阪神戦で下柳剛と安藤優也から本塁打を放ち門田博光を抜いて本塁打を打った投手が185人でトップに立ったりして記録を作ったが、シーズン後半にはロベルト・ペタジーニが4番を打つことが多くなり、(ただ、ペタジーニも規定打席不足)清原は主に5番を打ち114試合、341打数と評価の分かれるシーズンとなる。またこの年以降100試合出場がなかったため、2003年が最後の100試合出場となった。なお7月5日PLの2年後輩で中日の立浪和義が先輩清原に先んじて通算2000本安打をドームの巨人戦で達成、その際一塁守備に就いていた清原が花束贈呈し、祝福。(清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 河野博文

    河野博文から見たロベルト・ペタジーニ

    1球敗戦投手:1999年8月5日、対ヤクルトスワローズ17回戦(明治神宮野球場)、6回裏にロベルト・ペタジーニに右越逆転2ラン ※史上14人目(15度目)(河野博文 フレッシュアイペディアより)

「ロベルト・ペタジーニ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ