前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ドミンゴ・マルティネス(読売ジャイアンツ)、レオ・ゴメス(中日ドラゴンズ)、ロバート・ローズ(横浜ベイスターズ)の3選手が全セの外国人出場選手登録されたために前半戦大活躍したヤクルトスワローズの大砲・ロベルト・ペタジーニが選考から洩れてしまったが、マルティネスが故障によって出場辞退したことでペタジーニが補充された。マルティネス辞退はもう一人の大砲・清原和博(巨人)をも一塁手として補充させる結果になった。しかも補充要員のペタジーニと清原はそれぞれ第1戦、第3戦でMVPを獲る椿事を巻き起こした。2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    15日 -【NPB】ソフトバンクが元巨人・ロベルト・ペタジーニ内野手の獲得を発表。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ヤクルトは、シーズン優勝の原動力であった、入来智・前田浩継ら「リストラ組」を初めとする豊富な投手陣、ロベルト・ペタジーニを中心とした打線が順当に機能、好守も随所に見られ、シーズン終盤の負傷をおして強攻出場した古田も攻守に活躍を見せた。一方近鉄はシリーズを通じて5番礒部公一が無安打、6番吉岡雄二が1安打に終わるなど、タフィ・ローズと北川博敏以外の打者がほぼ完璧に抑えられた。また、ヤクルトの先発投手が石井一久、藤井秀悟、前田浩継といった左投手中心だったことと、指名打者制度の関係からシーズンで指名打者として活躍した左打者の川口憲史が第5戦を除いてスタメンで起用されなかったことも影響した。リーグ最下位の防御率だった投手陣はヤクルト打線に打ちこまれ、投手力の低さを露呈した。2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 上原浩治

    上原浩治から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    プロ1年目のは、毎週日曜日に登板するというローテーションが組まれていたため、サンデー上原と呼ばれた。前半戦で新人では37年ぶりの12勝を挙げるなど5月30日から9月21日まで、歴代4位タイとなる15連勝を記録。新人投手の記録としては1966年に堀内恒夫が記録した13連勝を33年ぶりに更新する。10月5日のヤクルトスワローズとの最終戦では、既に中日の優勝が決まった後の消化試合であり、専らの注目はタイトル争い。各チームに所属する松井秀喜が41本、ロベルト・ペタジーニが42本と、本塁打王を激しく争っていた。上原自身も中日の野口茂樹と最多勝を争い、この試合に20勝目がかかっていた。この年、ペタジーニを無安打に押さえ込んでいた上原は、1・2打席目では勝負して打ち取ることに成功する。しかし、この間松井が一貫して敬遠気味の四球で歩かされ続けたことで、7回裏にペタジーニの3打席目を迎えたところでベンチから敬遠の指令を受ける。指示に従いストレートの四球で歩かせたが、勝負できない悔しさからマウンドの土を蹴り上げ、全力で投げ込み、目に浮かんだ涙をユニフォームの袖で拭った。9回の4打席目では再び勝負し適時打を浴びたものの、2失点完投勝利で20勝目を挙げた。最終的には20勝4敗の好成績を残し、両リーグを通じての斎藤雅樹以来9年ぶり、新人投手としてはの木田勇以来19年ぶりの20勝投手となった。最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の投手主要4部門を制し、史上10人目、新人としては史上3人目の投手4冠を達成。また、新人王と沢村賞も受賞する。自分自身を雑草に喩えた「雑草魂」という言葉は(鈴木啓示の座右の銘「草魂」より)、松坂大輔の「リベンジ」と共に1999年の流行語大賞に選ばれた。上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球チームをつくろう!&あそぼう!

    プロ野球チームをつくろう!&あそぼう!から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    長打力のあるロベルト・ペタジーニ、リードオフマンの真中満など戦力は充実しており岩村明憲や五十嵐亮太など成長が楽しみな選手も多い。プロ野球チームをつくろう!&あそぼう! フレッシュアイペディアより)

  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    清原・中村紀の2人で2005年までに821本塁打を記録していること、北川にカリーム・ガルシア、クリフ・ブランボーと前年それなりに数字を残した外国人2人を擁していたことから、マスコミには長打力をかなり期待されており、中村勝広はシーズン前に「かつての巨人のようなチームが2つ出来た」と形容、自信を見せていた。実際には個々が全盛時の実力を発揮したとしても、2004年に本塁打王経験者を4人抱え(小久保裕紀、ロベルト・ペタジーニ、タフィ・ローズ、江藤智)「史上最強打線」と長嶋茂雄が形容した巨人打線に対し、「ミックスモダン打線」の本塁打王経験者は中村紀のみである。しかし谷と村松の複数が盗塁王のタイトルを獲得した経験を持ち、清原は最高出塁率を過去に獲得。また谷も無冠には終ってはいるが右打者で3割5分をマークした経験を持ち、北川や村松、塩崎も好打者である。水口・阿部などのバントが得意な選手も多かった。ツボにはまった時の爆発力はあるが、小技(犠打や盗塁)などは不得手な選手が多かった典型的な「ビッグボール」向けの布陣だった1990年代後半以降の読売ジャイアンツの打線のようなイメージで語られるが、その実態は清原が黄金期に4番打者として君臨した1990年前後の西武ライオンズのような繊細な打線であった。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • ももいろスウィーティー

    ももいろスウィーティーから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    なつみのお向かいに住む幼馴染み。16歳の高校生。はるかのことを愛しており、結婚したいと願っている。後に念願かなってはるかとの交際を始め、大学に合格したら結婚しようと約束している。憧れは野球選手のロベルト・ペタジーニ(ペタジーニは友達の母親と結婚したため)。ももいろスウィーティー フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・コックス

    スティーブ・コックスから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    オフ、この年貧打に悩まされて最下位に終わった横浜ベイスターズは、監督の山下大輔が左の強打者の獲得を熱望。当初はこの年限りでヤクルトスワローズを退団したロベルト・ペタジーニの獲得に動いていたが失敗したため、代わりにコックスを獲得した。移籍金100万ドル・年俸275万ドルの3年契約(3年目は横浜側が選択権を持つオプション)と横浜としては破格の条件で、4番候補として大いに期待された。スティーブ・コックス フレッシュアイペディアより)

  • ドリュー・トゥサント

    ドリュー・トゥサントから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    も引き続き育成選手として契約するが、ソフトバンクがシーズン中にロベルト・ペタジーニの獲得を発表した事により、年内の支配下選手登録の可能性は無くなったとして、4月20日に育成契約を解除、21日に自由契約選手公示された。ドリュー・トゥサント フレッシュアイペディアより)

  • トッド・ベッツ

    トッド・ベッツから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    のMLBドラフト14巡目でクリーブランド・インディアンスに指名され契約。メジャーでのプレー経験は無し。ボストン・レッドソックス傘下のAAA級ポータケットを経て、に読売ジャイアンツに移籍したロベルト・ペタジーニの穴を埋める存在を期待されてヤクルトスワローズに入団し、来日。トッド・ベッツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「ロベルト・ペタジーニ」のニューストピックワード