73件中 11 - 20件表示
  • MK砲

    MK砲から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    1997年は清原が開幕から4番に座って最終的には打率.249・32本塁打・95打点の成績を残したが、当時のセントラル・リーグ新記録となる152三振を記録するなどしたために批判され続け、後半戦にはファンから応援をボイコットされる屈辱を受けた。松井はに本塁打王と打点王の二冠を獲得し、は無冠ながらロベルト・ペタジーニと争って自己最高の42本塁打を記録した。清原は1998年から下半身の故障に苦しんだ。特に1999年は春先から細かい故障が相次ぎ、自身初の規定打席未到達シーズンとなった。は負傷復帰後から清原が活躍を続け、開幕から4番を務めた松井はいずれも自己最高の打率3割1分6厘・42本塁打・108打点を記録して本塁打王と打点王、シーズンMVP、日本シリーズMVP等を獲得して巨人の6年ぶり日本一の原動力となった。は清原は打率.298・29本塁打・121打点の成績で打点王争いも繰り広げ、松井は打率.333・36本塁打を記録して自己初の首位打者を獲得した。は清原は途中に故障で離脱して55試合出場に終わるが、打率.314・12本塁打の成績を残し、松井は自己最高の打率.334・50本塁打・107打点の成績で本塁打王と打点王の二冠を獲得した。同年オフに松井がメジャーリーグベースボールのニューヨーク・ヤンキースへ移籍したために松井と清原のMK砲は終焉を迎えた。MK砲 フレッシュアイペディアより)

  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    清原・中村紀の2人で2005年までに821本塁打を記録していること、北川にカリーム・ガルシア、クリフ・ブランボーと前年それなりに数字を残した外国人2人を擁していたことから、マスコミには長打力をかなり期待されており、中村勝広はシーズン前に「かつての巨人のようなチームが2つ出来た」と形容、自信を見せていた。実際には個々が全盛時の実力を発揮したとしても、2004年に本塁打王経験者を4人抱え(小久保裕紀、ロベルト・ペタジーニ、タフィ・ローズ、江藤智)「史上最強打線」と長嶋茂雄が形容した巨人打線に対し、「ミックスモダン打線」の本塁打王経験者は中村紀のみである。しかし谷と村松の複数が盗塁王のタイトルを獲得した経験を持ち、清原は最高出塁率を過去に獲得。また谷も無冠には終ってはいるが右打者で3割5分をマークした経験を持ち、北川や村松、塩崎も好打者である。水口・阿部などのバントが得意な選手も多かった。ツボにはまった時の爆発力はあるが、小技(犠打や盗塁)などは不得手な選手が多かった典型的な「ビッグボール」向けの布陣だった1990年代後半以降の読売ジャイアンツの打線のようなイメージで語られるが、その実態は清原が黄金期に4番打者として君臨した1990年前後の西武ライオンズのような繊細な打線であった。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • ゲーブ・キャプラー

    ゲーブ・キャプラーから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    帰国後の7月15日に古巣レッドソックスとメジャー契約を結んだが、15日間の故障者リスト入りし、3Aでプレー。同じ元巨人のロベルト・ペタジーニとともに本塁打を放ち、対左投手要員という元のサヤに収まっていたが、アキレス腱断裂のため出場試合機会が減少。2005年オフにレッドソックスから戦力外通告を受けた。レッドソックスでの成績は36試合出場で打率.247、1本塁打、9打点だった。ゲーブ・キャプラー フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    6月2日 - ロベルト・ペタジーニ(ベネズエラ、野球)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 史上最強打線

    史上最強打線から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    苦戦を強いられた巨人は大阪近鉄バファローズを自由契約になっていたタフィ・ローズを獲得。また福岡ダイエーホークスからその年のオープン戦で膝に重度の故障を負った小久保裕紀が無償トレード扱いで移籍。この結果、2003年までに巨人に移籍していた清原和博、江藤智、ロベルト・ペタジーニと合わせて、かつて他球団で4番を打った打者5人が巨人に集まることになった(清原以外の4人は本塁打王のタイトルを獲得している)。しかし小久保は当初1988年に吉村禎章が膝に負った右膝靭帯断裂と同等の故障を負っており、ローズは高齢であった。史上最強打線 フレッシュアイペディアより)

  • ねじめ正一

    ねじめ正一から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    また、2004年に落合が中日ドラゴンズの監督に就任してからは、他球団もバランスよく試合を見るようになったと同時に、2002年オフにニューヨーク・ヤンキースへ移籍した松井秀喜の代わりの選手を育成しようとせず、ヤクルトスワローズから安易にロベルト・ペタジーニを獲得した巨人のやり方を疑問視し、自然と自分の好きな巨人を厳しい目で見るようになったという。ねじめ正一 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のヤクルトスワローズ

    2002年のヤクルトスワローズから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニ(一塁手、4年連続4度目)2002年のヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの国旗

    ベネズエラの国旗から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    1954年2月17日、政府用旗および軍旗には左上に国章を擁すると制定された。市民旗、商船旗、国際スポーツ大会などでは国章のないものが使用される。ただし、2006年8月2日のWBAライトフライ級タイトルマッチ・亀田興毅対ファン・ランダエタの試合では、国章入りのものが掲揚された。また、ヤクルトスワローズ時代のロベルト・ペタジーニ及び東京ヤクルトスワローズ時代のアレックス・ラミレスが打席に立つ際にも、同じ旗が応援席に掲出された。ベネズエラの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井順也

    酒井順也から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    初奪三振:2001年5月30日、対ヤクルトスワローズ9回戦(明治神宮野球場)、8回裏にロベルト・ペタジーニから空振り三振酒井順也 フレッシュアイペディアより)

  • 曽我部直樹

    曽我部直樹から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    9月11日のヤクルト戦で、ロベルト・ペタジーニのホームランをキャッチしようと神宮球場のフェンスによじ登る際アキレス腱を断裂、全治6ヶ月の大怪我を負う。曽我部直樹 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示