59件中 11 - 20件表示
  • マーク・スミス (外野手)

    マーク・スミス (外野手)から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    にヤクルトスワローズに入団し、来日。開幕からロベルト・ペタジーニ、高橋智とともに強力打線を形成。しかし、その好調さも開幕当初のみで、その後は成績が伸び悩んでシーズンオフに自由契約となり、帰国した。マーク・スミス (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 酒井順也

    酒井順也から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    初奪三振:2001年5月30日、対ヤクルトスワローズ9回戦(明治神宮野球場)、8回裏にロベルト・ペタジーニから酒井順也 フレッシュアイペディアより)

  • メルビン・バンチ

    メルビン・バンチから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    初奪三振:同上、2回表にロベルト・ペタジーニからメルビン・バンチ フレッシュアイペディアより)

  • 曽我部直樹

    曽我部直樹から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    9月11日のヤクルト戦で、ロベルト・ペタジーニのホームランをキャッチしようと神宮球場のフェンスによじ登る際アキレス腱を断裂、全治6ヶ月の大怪我を負う。曽我部直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋一正

    高橋一正から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    松井秀喜5打席連続敬遠が起きた時に小学校6年生だった高橋は、「自分はプロに入って松井と勝負したい」と思い、岡山より明徳へ野球留学をし、3年時甲子園に控え投手として出場。98年のドラフトに指名されヤクルトスワローズに投手として入団。プロ1年目の1999年10月5日対巨人戦の登板で松井が打席に立ち念願の勝負する時が来たが、当時はヤクルトのロベルト・ペタジーニと松井秀喜の本塁打王争いの渦中だったため、ベンチの指示により高橋は松井を敬遠する投球をすることになった。高橋一正 フレッシュアイペディアより)

  • 故意四球

    故意四球から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    、41本塁打の松井秀喜(巨人)と42本塁打のロベルト・ペタジーニ(ヤクルト)とが本塁打王の座を争い、ヤクルト対巨人の最終戦に突入するが、松井が敬遠気味の四球で歩かされると巨人の監督・長嶋はペタジーニに対して敬遠を指示した。この際、投手の上原浩治は勝負できない悔しさにマウンド上で涙を流した。故意四球 フレッシュアイペディアより)

  • 河野博文

    河野博文から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    1球敗戦投手:1999年8月5日、対ヤクルトスワローズ17回戦(明治神宮野球場)、6回裏にロベルト・ペタジーニに右越逆転2ラン ※史上14人目(15度目)河野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤智

    江藤智から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    巨人時代は一度も四番スタメンはなかった。自身が巨人に在籍していた時期には、清原和博、松井秀喜、高橋由伸、ペタジーニ、小久保裕紀が四番を打った。江藤智 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    MVP ロベルト・ペタジーニ(ヤクルト)2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    6月2日 - ロベルト・ペタジーニ(ベネズエラ、野球)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「ロベルト・ペタジーニ」のニューストピックワード