59件中 21 - 30件表示
  • 6月2日

    6月2日から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    1971年 - ロベルト・ペタジーニ、プロ野球選手6月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜5打席連続敬遠

    松井秀喜5打席連続敬遠から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    5打席連続敬遠が起きた時に小学校6年生だった高橋一正は自分はプロに入って松井と勝負したいと思い、岡山より明徳へ野球留学をして3年時甲子園に控え投手として出場して、98年のドラフトに指名されヤクルトスワローズに投手として入団。プロ1年目の1999年(平成11年)10月5日対巨人戦の登板で松井が打席に立ち念願の勝負する時が来たが、当時はヤクルトのロベルト・ペタジーニと松井秀喜の本塁打王争いの渦中だったため、ベンチの指示により高橋は松井を敬遠する投球をすることになった。松井秀喜5打席連続敬遠 フレッシュアイペディアより)

  • 木之元 亮

    木之元亮から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    かつてプロ野球のヤクルト・巨人・ソフトバンクに在籍のロベルト・ペタジーニに似ていると言われたこともあるらしい。木之元亮 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・フィンリー

    スティーブ・フィンリーから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    移籍1年目のは打率.285・170安打・10三塁打・34盗塁を記録する。は全試合出場を果たし、打率.292・177安打・13三塁打・44盗塁と更に成績を伸ばした。は故障の影響もあり全体的に数字を落としたが、13三塁打はリーグトップだった。はストライキでシーズンが打ち切られたが、自身初の二桁となる11本塁打を記録した。12月28日にデレク・ベルら6選手との交換トレードで、ケン・カミニティ、ロベルト・ペタジーニらと共にサンディエゴ・パドレスへ移籍。スティーブ・フィンリー フレッシュアイペディアより)

  • モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん

    モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくんから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ぺたじーに(ロベルト・ペタジーニモリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん フレッシュアイペディアより)

  • 宮出隆自

    宮出隆自から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    長身から繰り出されるパワフルな打撃から、一時はロベルト・ペタジーニに引っ掛けて「ミヤジーニ」のニックネームで和製大砲として期待された。また、2005年にはその長身から同年に巨人に在籍していたバート・ミアディッチと引っ掛けて「ミヤデッチ」または「ミヤディッチ」と呼ばれていた事もあった。宮出隆自 フレッシュアイペディアより)

  • 史上最強打線

    史上最強打線から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    苦戦を強いられた巨人は、大阪近鉄バファローズを自由契約になっていたタフィ・ローズを獲得。また福岡ダイエーホークスから、その年のオープン戦で膝に重度の故障を負った小久保裕紀が無償トレード扱いで移籍。この結果、2003年までに巨人に移籍していた清原和博、江藤智、ロベルト・ペタジーニと合わせて、かつて他球団で4番を打った打者5人が巨人に集まることになった(清原以外の4人は本塁打王のタイトルを獲得している)。しかし小久保は当初1988年に吉村禎章が膝に負った右膝靭帯断裂と同等の故障を負っており、ローズは高齢であった。史上最強打線 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野謙次

    矢野謙次から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    初出場:2003年8月19日、対横浜ベイスターズ24回戦(東京ドーム)、7回裏にロベルト・ペタジーニの代走として出場矢野謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 岩村明憲

    岩村明憲から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    にはロベルト・ペタジーニがにマークしたチーム史上タイ記録に並ぶ44本塁打を放つ一方で、シーズン173三振の日本人新記録とセ・リーグ新記録、歴代5位の記録を作る。岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • ロドリゴ・ヴィルジリオ

    ロドリゴ・ヴィルジリオから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    甲府時代に風貌が某野球選手に似ていることから同時に加入したレアンドロ・セザール・デ・ソウザ(甲府での登録名が「レ」)とともに(ネタ的な意味で)話題となった。ロドリゴ・ヴィルジリオ フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

「ロベルト・ペタジーニ」のニューストピックワード