59件中 41 - 50件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たペタジーニロベルト・ペタジーニ

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録し、究極の形となる。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの次第に超重量打線に極力サインを省いた戦いが機能しなくなり、機動力不足や高齢化による守備力の低下が目立つようになる。6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。優勝した中日は福留孝介、アレックス、荒木雅博、井端弘和ら「打って走って守れる選手」と、川上憲伸を中心とする安定した投手力による“守り勝ち”野球だった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    前年の日米野球でサミー・ソーサからアドバイスを受け、シーズン前に広角に打つことを意識したフォームに改造。5月29日の東京ドームでの阪神戦でダレル・メイからデッドボール(二塁走者の清水隆行の三盗阻止のためと思われる)を受け、怒りの表情を出して即バットを放り投げ、メイに2、3歩歩み寄った際、球審に止められてその場でうずくまり、これにより球場全体が一瞬どよめいた。試合後『あれは絶対故意に違いない』とコメント。その後試合ではサヨナラ三塁打を放った。6月5日の横浜戦から6月10日の中日戦まで5試合連続本塁打を記録する。9月21日の阪神戦では通算200本塁打を達成。7月のオールスター第1戦では4試合連続本塁打(新記録)を放ったが、第3戦で代打出場した際にわき腹を痛め、7月30日の広島戦で遂に先発メンバーから外れた。この時点で現役最多だった連続フルイニング出場が574試合(当時歴代3位)で止まる。長嶋が松井に負担のかからない形で連続試合出場記録を尊重することを決め、以後8月中旬までは記録のために1イニングだけ守備固めとして出場する。ケガの影響が響いてロベルト・ペタジーニと2本差で本塁打王を逃すことになるが自己最高の42本塁打を記録。日本人のシーズン40本塁打は1989年の落合博満以来10年ぶり、巨人では1977年の王貞治以来22年ぶりの快挙であった。シーズン終了直後の10月24日には、ヤンキー・スタジアムで初めてメジャーリーグの試合(ALCS第2戦)を生観戦している。この経験は強く心に刻まれ、後のメジャーリーグ挑戦を決断する要因の一つにもなった。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 藪恵壹

    藪恵壹から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    1000投球回数:1999年6月5日、対ヤクルトスワローズ10回戦(明治神宮野球場)、4回裏3死目にロベルト・ペタジーニを遊撃ゴロ併殺打で達成 ※史上278人目藪恵壹 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    メジャー・リーグのバリー・ボンズを参考にして重心移動に取り組み、長打力もアップ。オープン戦で6本塁打を記録した勢いそのままに開幕戦から3試合連続本塁打(1993年の秋山幸二以来6年ぶり)を放ち、4月には打率.433、8本塁打、29打点を記録し月間MVPを獲得。5月5日にはプロ2年目で巨人第66代の4番打者に指名される。以後チームメイトの松井秀喜、ヤクルトのペタジーニと熾烈な本塁打王争いを展開。しかし、本塁打王争いのトップに立っていた9月14日の中日戦(ナゴヤドーム)での守備の際に外野フェンスに激突し、鎖骨骨折の重傷を負いシーズンを終了。中日と激しい優勝争いをしていたチームにとっても痛手となり、本塁打王と共にチームの優勝も逃した。118試合の出場に留まるものの、打率.315、34本塁打、98打点の堂々たる成績を残す。初のベストナインに選出され、2年目で年俸1億円を越えた。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの国旗

    ベネズエラの国旗から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    1954年2月17日、政府用の国旗には国章を擁すると制定された。商船旗、国際スポーツ大会など民間用途では国章は使用されない。ただし、2006年8月2日の WBA ライトフライ級タイトルマッチ、亀田興毅対ファン・ランダエタの試合では国章が入っていた。また、ヤクルトスワローズ時代のロベルト・ペタジーニ及び東京ヤクルトスワローズ時代のアレックス・ラミレス(現読売ジャイアンツ)が打席に立つと国章が入った国旗が応援席に掲出された。ベネズエラの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    は移籍したロベルト・ペタジーニに替わって4番に座り、打率.333・40本塁打・124打点で打点王・本塁打王・最多安打・ベストナインの各タイトルを獲得。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ホーナー

    ボブ・ホーナーから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    最終的には故障で規定打席に達しなかったものの、打率.327、31本塁打、73打点を記録した。外国人選手が規定打席不足で30本塁打以上を記録したのは、この年のホーナーとのラルフ・ブライアント(近鉄)、のオレステス・デストラーデ(西武)、のロベルト・ペタジーニ(巨人)、のウラディミール・バレンティン(ヤクルト)らがいる。ボブ・ホーナー フレッシュアイペディアより)

  • LGツインズ

    LGツインズから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニ(在籍年度2008-2009)LGツインズ フレッシュアイペディアより)

  • 李鍾範

    李鍾範から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    、移籍金4億5000万円、年俸8000万円(推定)で中日ドラゴンズに移籍した。中日での登録名はリー・ジョンボム。当初は李ではなくロベルト・ペタジーニの獲得が検討されていたが、投手力を中心とした「守り勝つ野球」を重視する当時の星野仙一監督の意向により、結局中日はペタジーニではなく李を獲得する方針に切り替えたというエピソードがある。李鍾範 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    2001年、投手陣は川崎がFAで中日に移籍、伊藤智らの故障離脱で先発投手が不足する中、2年目の藤井秀悟が14勝を挙げ最多勝、巨人を解雇されテスト入団の入来智とオリックスを解雇されテスト入団2年目の前田浩継の「リストラ組」もそれぞれ10勝、7勝とローテーションを支えた。打線も、本塁打と打点の2冠のロベルト・ペタジーニ、打率2位の古田を筆頭にレギュラー8人が全て規定打席到達という安定ぶりで、この年のみ採用の「勝利数優先」の順位決定方式を逆手に取り、巨人を振り切り4年ぶりのリーグ優勝。若松は球団生え抜きとして初の優勝監督となった。日本シリーズでは大阪近鉄バファローズと対戦。近鉄自慢の「いてまえ打線」を封じ込めて4勝1敗で4年ぶりの日本一を達成。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「ロベルト・ペタジーニ」のニューストピックワード