73件中 51 - 60件表示
  • 江藤智 (野球)

    江藤智 (野球)から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    安打に比しての本塁打が多く、通算のIsoPは0.236になる。しかし、巨人時代は一度も4番でのスタメン出場はなかった。自身が巨人に在籍していた時期には、清原和博、松井秀喜、高橋由伸、ペタジーニ、小久保裕紀などが4番を打っていたためである。江藤智 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    春季キャンプからMLB・サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズを参考にして重心移動に取り組み、長打力がアップした。オープン戦で6本塁打を記録した勢いそのままに開幕戦から3試合連続本塁打(1993年の秋山幸二以来6年ぶり)を放ち、4月には打率.433、8本塁打、29打点を記録し月間MVPを獲得。開幕から5番として試合に出場してきたが、5月5日にはプロ2年目にして巨人第66代の4番打者に指名される。以後チームメイトの松井秀喜、ヤクルトスワローズのロベルト・ペタジーニと熾烈な本塁打王争いを展開。しかし、9月14日の中日戦(ナゴヤドーム)での守備の際に外野フェンスに激突し、鎖骨骨折の重傷を負ってチームから離脱した。中日と激しい優勝争いをしていたチームにとっても高橋の離脱は大きな痛手となり、本塁打王と共にチームの優勝も逃した。自身は打率.315(リーグ5位)、34本塁打(リーグ6位)、98打点(リーグ4位)を記録。故障により終盤欠場しながら打撃成績のほとんどの数字で前年を上回り、初のベストナインに選出された。オフには年俸6100万円増の1億円でサイン。史上最速の年俸1億円到達となった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たペタジーニロベルト・ペタジーニ

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録した。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。須藤、池谷が辞任した。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 6月2日

    6月2日から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    1971年 - ロベルト・ペタジーニ、プロ野球選手6月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋聡文

    高橋聡文から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    、落合博満監督が就任すると開幕早々に一軍に抜擢される。一軍初登板となった4月13日の対巨人戦(東京ドーム)で、8対8の同点で迎えた9回裏に清水隆行、小久保裕紀、高橋由伸を抑え延長10回もロベルト・ペタジーニ、タフィ・ローズ、林昌範の計6人を2奪三振を含む凡退に抑える活躍を見せ、堂々としたマウンド捌きで強心臓ぶりをアピールした。この時は地上波テレビ放送の全国中継が既に終了し、実家にいる家族は高橋の勇姿が見られなくなり、ラジオでその後の投球内容を聴いていたという。その後は試合がもつれてきた後半の中継ぎ登板が多くなり、試合の最後までテレビ中継される衛星放送を急いで契約したとのこと。同年は中継ぎとして一軍で活躍。思いきりのいい投球で、日本シリーズでも、第7戦に登板を果たした。高橋聡文 フレッシュアイペディアより)

  • 松元ユウイチ

    松元ユウイチから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    2002年にロベルト・ペタジーニと真中満の出場選手登録抹消時に、外国人枠と外野が同時に空いたため一軍初登録。5月30日には、一軍初出場・初スタメンを果たした。守備位置はライトで、2打数1安打1四球と結果を出した。しかし、ペタジーニ復帰に伴い登録抹消され、一軍定着は出来なかった。この年、第15回IBAFインターコンチネンタルカップブラジル代表として招集され、2本の本塁打を放つなどの活躍を見せている。松元ユウイチ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ドミンゴ・マルティネス(読売ジャイアンツ)、レオ・ゴメス(中日ドラゴンズ)、ロバート・ローズ(横浜ベイスターズ)の3選手が全セの外国人出場選手登録されたために前半戦大活躍したヤクルトスワローズの大砲・ロベルト・ペタジーニが選考から洩れてしまったが、マルティネスが故障によって出場辞退したことでペタジーニが補充された。マルティネス辞退はもう一人の大砲・清原和博(巨人)をも一塁手として補充させる結果になった。しかも補充要員のペタジーニと清原はそれぞれ第1戦、第3戦でMVPを獲る椿事を巻き起こした。2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 若松勉

    若松勉から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    2001年は川崎憲次郎がFAで移籍、ジェイソン・ハッカミーが退団、伊藤智仁・山部太が故障離脱と先発投手陣に深刻な不安を抱えた状態で開幕を迎え、苦戦が予想された。しかし、ベテラン古田敦也がチームを牽引し、主砲ロベルト・ペタジーニを筆頭とする強力打線が猛威を振るうと、懸念されていた投手陣も、2年目の藤井秀悟が14勝をあげて最多勝を獲得し、テスト入団の入来智・前田浩継や8月に加入したケビン・ホッジスらが奮闘して穴を埋め、チーム防御率3.41とリーグトップの数字を残して戦前の不安を払拭し、終盤で巨人を追い抜いてリーグ優勝を果たした。日本シリーズでは近鉄と対戦し、第1戦の石井一久の好投、古田の攻守にわたる活躍により、4勝1敗で日本一に輝いた。若松勉 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

    ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくんから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ぺたじーに(ロベルト・ペタジーニゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん フレッシュアイペディアより)

  • 宮出隆自

    宮出隆自から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    長身から繰り出されるパワフルな打撃から、一時はロベルト・ペタジーニに引っ掛けて「ミヤジーニ」のニックネームで和製大砲として期待された。また、2005年にはその長身から同年に巨人に在籍していたバート・ミアディッチと引っ掛けて「ミヤデッチ」または「ミヤディッチ」と呼ばれていた事もあった。宮出隆自 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示