1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ゲーブ・キャプラー

    ゲーブ・キャプラーから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    帰国後の7月15日に古巣レッドソックスとメジャー契約を結んだが、15日間の故障者リスト入りし、3Aでプレー。同じ元巨人のロベルト・ペタジーニとともに本塁打を放ち、対左投手要員という元のサヤに収まっていたが、アキレス腱断裂のため出場試合機会が減少。2005年オフにレッドソックスから戦力外通告を受けた。レッドソックスでの成績は36試合出場で打率.282、1本塁打、9打点だった。ゲーブ・キャプラー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋聡文

    高橋聡文から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    、落合博満監督が就任すると開幕早々に一軍に抜擢される。一軍初登板となった4月13日の対巨人戦(東京ドーム)で、8対8の同点で迎えた9回裏に清水隆行、小久保裕紀、高橋由伸を抑え延長10回もロベルト・ペタジーニ、タフィ・ローズ、林昌範の計6人を2奪三振を含む凡退に抑える活躍を見せ、堂々としたマウンド捌きで強心臓ぶりをアピールした。この時は地上波テレビ放送の全国中継が既に終了し、実家にいる家族は高橋の勇姿が見られなくなり、ラジオでその後の投球内容を聴いていたという。その後は試合がもつれてきた後半の中継ぎ登板が多くなり、試合の最後までテレビ中継される衛星放送を急いで契約したとのこと。同年は中継ぎとして一軍で活躍。思いきりのいい投球で日本シリーズ登板も果たした。高橋聡文 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

    ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくんから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ぺたじーに(ロベルト・ペタジーニゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん フレッシュアイペディアより)

  • 松元ユウイチ

    松元ユウイチから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    2002年にロベルト・ペタジーニと真中満の抹消時に、外国人枠と外野が同時に空いたため1軍初登録。5月30日には、1軍初出場・初スタメンを果たした。守備位置はライトで、2打数1安打1四球と結果を出した。しかしペタジーニ復帰に伴い登録を抹消され、1軍定着は出来なかった。この年、第15回IBAFインターコンチネンタルカップブラジル代表として招集され、2本塁打を放つなどの活躍を見せている。松元ユウイチ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤二郎 (野球)

    佐藤二郎 (野球)から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    当初は非力なバッティングに粗い守備が目立っていたが、徐々に弱点をカバー、二軍では主軸を打つようになる。しかし、当時のヤクルト一軍打撃陣にはロベルト・ペタジーニ、アレックス・ラミレスの二枚看板がおり、外国人投手のために枠を空けておくためにツギオは一軍に上がることができなかった。佐藤二郎 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    は前年オフに松井移籍数日後、燦々会の会合で原辰徳監督に早々と4番に指名され、故障に悩まされ続けながらも打率.290、26本塁打を記録。5月18日の対阪神戦で下柳剛と安藤優也から本塁打を放ち門田博光を抜いて本塁打を打った投手が185人でトップに立ったりして記録を作ったが、シーズン後半にはロベルト・ペタジーニが4番を打つことが多くなり、(ただ、ペタジーニも規定打席不足)清原は主に5番を打ち114試合、341打数と評価の分かれるシーズンとなる。なお7月5日PLの2年後輩で中日の立浪和義が先輩清原に先んじて通算2000本安打をドームの巨人戦で達成、その際一塁守備に就いていた清原が花束贈呈し、祝福。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    メジャーリーグで広く普及している総合打撃指標であるOPS (出塁率+長打率) では1.080 (.446+.634) という数字を残している。出塁率4割以上、長打率6割以上が超一流の数値であり、その和であるOPSが10割を超える選手は数少ない。日本プロ野球界で2000打数以上の選手でOPSが10割を超える打者は王、ランディ・バース (1.078) 、ロベルト・ペタジーニ (1.051) の3人のみである。もっともバースとペタジーニは全盛期の28歳からプレーして衰える前に一線を退いている。4000打数以上の選手の中では王のみである (2位は松井秀喜の0.996) 。またシーズン記録でも日本プロ野球史上で9度しか達成されていないOPS12割も一人で5度記録している。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • ペタジーニ

    ペタジーニから見たロベルト・ペタジーニロベルト・ペタジーニ

    ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示

「ロベルト・ペタジーニ」のニューストピックワード