前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た星野仙一

    1998年12月2日にヤクルトスワローズと契約。前年に中日ドラゴンズも獲得を検討していたが、投手力を中心とした「守り勝つ野球」を重視する当時監督の星野仙一の意向により、結局中日はペタジーニの獲得を断念し、李鍾範を獲得する方針に切り替えたというエピソードがある。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た三浦大輔

    初打席:同上、2回表に三浦大輔の前に空振り三振ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た福留孝介

    は一塁手には清原和博がいたため、主に外野手として出場。しかし外野手としては難があり、中日ドラゴンズとの開幕戦では右翼守備でバックホームの際に捕手の頭を大きく超える大暴投をしてしまった。同年5月、左膝故障で登録抹消。その影響で100試合の出場にとどまり、来日して初めて規定打席にも到達しなかったが打撃面では9月13日に史上11人目となる5年連続30本塁打を記録するなど、打率.323、34本塁打、81打点の成績を残した。また、翌9月14日にはプロ野球通算8万号本塁打を記録している。なお、同年の出塁率は、規定打席に20打席不足して出塁率.457であり、不足分を凡打と仮定して加算しても出塁率.436で、規定打席到達者1位(福留孝介の.401)を上回っていた。現在は、公認野球規則10・22(a)に照らして最高出塁率となるが、当時は同規則は打率と長打率のみ適用だったため、福留が最高出塁率として表彰された。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た清原和博

    は一塁手には清原和博がいたため、主に外野手として出場。しかし外野手としては難があり、中日ドラゴンズとの開幕戦では右翼守備でバックホームの際に捕手の頭を大きく超える大暴投をしてしまった。同年5月、左膝故障で登録抹消。その影響で100試合の出場にとどまり、来日して初めて規定打席にも到達しなかったが打撃面では9月13日に史上11人目となる5年連続30本塁打を記録するなど、打率.323、34本塁打、81打点の成績を残した。また、翌9月14日にはプロ野球通算8万号本塁打を記録している。なお、同年の出塁率は、規定打席に20打席不足して出塁率.457であり、不足分を凡打と仮定して加算しても出塁率.436で、規定打席到達者1位(福留孝介の.401)を上回っていた。現在は、公認野球規則10・22(a)に照らして最高出塁率となるが、当時は同規則は打率と長打率のみ適用だったため、福留が最高出塁率として表彰された。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た河内貴哉

    200本塁打:2004年5月8日、対広島東洋カープ7回戦(広島市民球場)、1回表に河内貴哉から中越3ラン ※史上79人目ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見たホセ・オーティズ

    4月15日、福岡ソフトバンクホークスへの入団が発表された。背番号は16。日本プロ野球に6年ぶりに復帰することとなり、パ・リーグのチームのユニフォームに初めて袖を通すこととなった。2010年6月9日の対横浜ベイスターズ戦で日本球界復帰後初本塁打をサヨナラ2ラン本塁打で飾った。同時に交流戦で打った初めての本塁打となった。サヨナラ本塁打はヤクルト時代の2001年8月以来、5本目。7月21日の対埼玉西武ライオンズ戦でも自身6度目のサヨナラ2ラン本塁打を打った。このサヨナラ本塁打は球団通算100本目(2リーグ制以降)のサヨナラ本塁打であった。指名打者不在の状況で加入により6番指名打者に定着。ホセ・オーティズ、多村仁志に次ぐOPS.772を記録しリーグ優勝に貢献した。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た松井秀喜

    来日1年目から松井秀喜との激しい本塁打争いを演じ、最終的に44本塁打を放ち本塁打王、出塁率.469で最高出塁率のタイトルも獲得。長打力も発揮し長打率.677はリーグ最高記録だった。来日1年目で史上初となる「打率3割・40本塁打」以上を記録した。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た多村仁志

    4月15日、福岡ソフトバンクホークスへの入団が発表された。背番号は16。日本プロ野球に6年ぶりに復帰することとなり、パ・リーグのチームのユニフォームに初めて袖を通すこととなった。2010年6月9日の対横浜ベイスターズ戦で日本球界復帰後初本塁打をサヨナラ2ラン本塁打で飾った。同時に交流戦で打った初めての本塁打となった。サヨナラ本塁打はヤクルト時代の2001年8月以来、5本目。7月21日の対埼玉西武ライオンズ戦でも自身6度目のサヨナラ2ラン本塁打を打った。このサヨナラ本塁打は球団通算100本目(2リーグ制以降)のサヨナラ本塁打であった。指名打者不在の状況で加入により6番指名打者に定着。ホセ・オーティズ、多村仁志に次ぐOPS.772を記録しリーグ優勝に貢献した。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た中日ドラゴンズ

    1998年12月2日にヤクルトスワローズと契約。前年に中日ドラゴンズも獲得を検討していたが、投手力を中心とした「守り勝つ野球」を重視する当時監督の星野仙一の意向により、結局中日はペタジーニの獲得を断念し、李鍾範を獲得する方針に切り替えたというエピソードがある。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た堀内恒夫

    、監督を務める堀内恒夫の構想により一塁手を清原と併用される。持病の膝痛も悪化した影響もあり、117試合で打率.290、29本塁打、84打点と日本では自己最低の成績に終わると同時に3割と30本の連続記録も途絶える。だが清原の故障による長期離脱で2年ぶりに規定打席に到達した。オフに堀内監督の構想で一度は清原は翌年の戦力構想から外れていたが、契約期間が1年残っていたことで清原は球団に直談判した。そして清原の翌年の残留が決まった。このため、清原を使いたいチーム方針で同年限りで巨人を退団することとなってしまった。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示