66件中 51 - 60件表示
  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た打率

    来日1年目から松井秀喜との激しい本塁打争いを演じ、最終的に44本塁打を放ち本塁打王、出塁率.469で最高出塁率のタイトルも獲得。長打力も発揮し長打率.677はリーグ最高記録だった。来日1年目で史上初となる「打率3割・40本塁打」以上を記録した。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た指名打者

    4月15日、福岡ソフトバンクホークスへの入団が発表された。背番号は16。日本プロ野球に6年ぶりに復帰することとなり、パ・リーグのチームのユニフォームに初めて袖を通すこととなった。2010年6月9日の対横浜ベイスターズ戦で日本球界復帰後初本塁打をサヨナラ2ラン本塁打で飾った。同時に交流戦で打った初めての本塁打となった。サヨナラ本塁打はヤクルト時代の2001年8月以来、5本目。7月21日の対埼玉西武ライオンズ戦でも自身6度目のサヨナラ2ラン本塁打を打った。このサヨナラ本塁打は球団通算100本目(2リーグ制以降)のサヨナラ本塁打であった。指名打者不在の状況で加入により6番指名打者に定着。ホセ・オーティズ、多村仁志に次ぐOPS.772を記録しリーグ優勝に貢献した。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た長崎県営野球場

    初盗塁:1999年5月16日、対広島東洋カープ6回戦(長崎ビッグNスタジアム)、7回裏に二盗(投手:小林敦司、捕手:瀬戸輝信)ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見たIBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞

    IBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞:1回 (2001年)ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見たプロ野球選手

    ロベルト・アントニオ・ペタジーニ・エルナンデス(Roberto Antonio Petagine Hernandez、1971年6月2日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見たKBOリーグ

    2008年5月に韓国・LGツインズと契約し、4番打者として活躍。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た内野手

    ロベルト・アントニオ・ペタジーニ・エルナンデス(Roberto Antonio Petagine Hernandez、1971年6月2日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た捕手

    は一塁手には清原和博がいたため、主に外野手として出場。しかし外野手としては難があり、中日ドラゴンズとの開幕戦では右翼守備でバックホームの際に捕手の頭を大きく超える大暴投をしてしまった。同年5月、左膝故障で登録抹消。その影響で100試合の出場にとどまり、来日して初めて規定打席にも到達しなかったが打撃面では9月13日に史上11人目となる5年連続30本塁打を記録するなど、打率.323、34本塁打、81打点の成績を残した。また、翌9月14日にはプロ野球通算8万号本塁打を記録している。なお、同年の出塁率は、規定打席に20打席不足して出塁率.457であり、不足分を凡打と仮定して加算しても出塁率.436で、規定打席到達者1位(福留孝介の.401)を上回っていた。現在は、公認野球規則10・22(a)に照らして最高出塁率となるが、当時は同規則は打率と長打率のみ適用だったため、福留が最高出塁率として表彰された。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見たJCB・MEP賞

    優秀JCB・MEP賞:1回 (1999年)ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た規定打席

    は一塁手には清原和博がいたため、主に外野手として出場。しかし外野手としては難があり、中日ドラゴンズとの開幕戦では右翼守備でバックホームの際に捕手の頭を大きく超える大暴投をしてしまった。同年5月、左膝故障で登録抹消。その影響で100試合の出場にとどまり、来日して初めて規定打席にも到達しなかったが打撃面では9月13日に史上11人目となる5年連続30本塁打を記録するなど、打率.323、34本塁打、81打点の成績を残した。また、翌9月14日にはプロ野球通算8万号本塁打を記録している。なお、同年の出塁率は、規定打席に20打席不足して出塁率.457であり、不足分を凡打と仮定して加算しても出塁率.436で、規定打席到達者1位(福留孝介の.401)を上回っていた。現在は、公認野球規則10・22(a)に照らして最高出塁率となるが、当時は同規則は打率と長打率のみ適用だったため、福留が最高出塁率として表彰された。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示