1 2 3 4 5 6 7 次へ
66件中 61 - 66件表示
  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た東京ドーム

    150本塁打:2002年8月15日、対読売ジャイアンツ22回戦(東京ドーム)、1回表に入来祐作から右越先制2ラン ※史上122人目ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た

    は一塁手には清原和博がいたため、主に外野手として出場。しかし外野手としては難があり、中日ドラゴンズとの開幕戦では右翼守備でバックホームの際に捕手の頭を大きく超える大暴投をしてしまった。同年5月、左故障で登録抹消。その影響で100試合の出場にとどまり、来日して初めて規定打席にも到達しなかったが打撃面では9月13日に史上11人目となる5年連続30本塁打を記録するなど、打率.323、34本塁打、81打点の成績を残した。また、翌9月14日にはプロ野球通算8万号本塁打を記録している。なお、同年の出塁率は、規定打席に20打席不足して出塁率.457であり、不足分を凡打と仮定して加算しても出塁率.436で、規定打席到達者1位(福留孝介の.401)を上回っていた。現在は、公認野球規則10・22(a)に照らして最高出塁率となるが、当時は同規則は打率と長打率のみ適用だったため、福留が最高出塁率として表彰された。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た最優秀選手 (野球)

    MVP:1回 (2001年)ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見たメジャーリーグベースボール

    メジャーリーグのボストン・レッドソックス傘下の3Aポータケットと契約。同年8月にメジャーに昇格し、8月5日の対カンザスシティ・ロイヤルズ戦では『4番・一塁手』で先発出場した。ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た勝利打点

    最多勝利打点:1回 (1999年) ※特別賞ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ペタジーニ

    ロベルト・ペタジーニから見た月間MVP (日本プロ野球)

    月間MVP:3回 (1999年7月、2001年4月、2001年5月)ロベルト・ペタジーニ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
66件中 61 - 66件表示