1285件中 71 - 80件表示
  • バイキンメカ

    バイキンメカから見たロボットロボット

    本作に登場するキャラクター・ばいきんまんが作ったロボット、乗り物、武器等の様々な発明品を指す。バイキンメカ フレッシュアイペディアより)

  • セコム

    セコムから見たロボットロボット

    2002年 5月 セコムとセコム医療システムが、手が不自由な人の食事をサポートする食事支援ロボット「マイスプーン」を開発・発売セコム フレッシュアイペディアより)

  • ヘビーメタルサンダー

    ヘビーメタルサンダーから見たロボットロボット

    ゲーム内容はロボットをカスタムして戦う格闘ゲーム。三すくみの関係にある「ストライク」「グラップル」「ガード」の三つの指令と、必殺技にあたる「ビート」を用いたコマンド入力式のシステムを採用している。ジャンケンのルールをベースとしたシンプルなもの。ヘビーメタルサンダー フレッシュアイペディアより)

  • 2050年

    2050年から見たロボットロボット

    公式ロボカップ開催(ロボットだけのサッカー)。2050年 フレッシュアイペディアより)

  • メカゴジラ

    メカゴジラから見たロボットロボット

    文字どおりゴジラを模したロボット。登場作品によって設定は異なるものの、「ゴジラを倒すことを目的に製作された」という共通点を持つ。デザインには、登場作品の製作時期ごとにロボットや機械に対するイメージが反映されている。メカゴジラ フレッシュアイペディアより)

  • 性具

    性具から見たロボットロボット

    性具(せいぐ)は性的快感を増幅し、性的欲望を十分に満たす目的で使用される道具である。女性用・男性用のほか様々な形態、使用法のものがある。淫具、大人のおもちゃとも呼ばれる。もっとも進化したものとして、ロボット技術と人工知能を組み合わせて開発されたセックスボットがある。性具 フレッシュアイペディアより)

  • 機巧童子ULTIMO

    機巧童子ULTIMOから見たロボットロボット

    アメコミ界の巨匠であるスタン・リーが日本の漫画家である武井宏之とタッグを組んだ日米合同プロジェクト作品。「究極の善と究極の悪のロボットバトル」が発想の原点になっている。機巧童子ULTIMO フレッシュアイペディアより)

  • 武井宏之

    武井宏之から見たロボットロボット

    作風に関しては、日本的な描写、善悪、メカ・ロボットものを思わせる描写が多い。『シャーマンキング』の頃までは、仏教・シャーマニズムといった宗教的な題材を作品に取り入れていた。次作『重機人間ユンボル』以降は、メカ・ロボットを前面に押し出した作品が主となっている。また、作者自身旅行好きであることから、旅行で訪れた場所での良いものを積極的に作品に取り入れたりもしている。武井宏之 フレッシュアイペディアより)

  • アイ,ロボット

    アイ,ロボットから見たロボットロボット

    世界観や登場人物・企業名は踏襲しているものの、「ロボット嫌いの刑事がロボット工学三原則が鍵となった事件に挑む」というコンセプトは、むしろ同じアシモフのロボット長編『鋼鉄都市』に近い。アイ,ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ライブ・ア・ライブ

    ライブ・ア・ライブから見たロボットロボット

    宇宙空間を航行する輸送船コギトエルゴスム号の中で1台の作業用ロボットが造られた。キューブと名付けられたそのロボットは乗組員達との交流を通して船内の様々な出来事を学習していく。平穏に航行を続けていたコギトエルゴスム号だったが、あるとき地球と連絡をするための通信アンテナが原因不明の故障を起こし、それを修理に向かった乗組員のひとりが宇宙服の故障で重体に陥り、治療の甲斐なくまもなく死亡してしまう。さらに、輸送中で厳重に保管されていたはずの地球外生命体ベヒーモスも突如脱走。船内がパニックに陥る中、乗組員は1人、また1人と命を落としてゆく。ライブ・ア・ライブ フレッシュアイペディアより)

1285件中 71 - 80件表示

「ロボット」のニューストピックワード