1285件中 81 - 90件表示
  • ゲーム天国

    ゲーム天国から見たロボットロボット

    シューティングワールド:シューティングゲームをモチーフとしたステージ。宇宙空間を背景に、宇宙船やロボットなどが襲ってくる。ゲーム天国 フレッシュアイペディアより)

  • 測域センサ

    測域センサから見たロボットロボット

    自律移動するロボットにおいて、障害物回避、環境地図作成、自己位置推定、経路計画などのナビゲーションや物体の形状認識などに広く利用されている。測域センサ フレッシュアイペディアより)

  • ロボット工学三原則

    ロボット工学三原則から見たロボットロボット

    ロボット工学三原則(ロボットこうがくさんげんそく、)とは、SF作家アイザック・アシモフのSF小説において、ロボットが従うべきとして示された原則である。ロボット三原則とも言われる。「人間への安全性、命令への服従、自己防衛」を目的とする3つの原則から成る。アシモフの小説に登場するロボットは常にこの原則に従おうとするが、各原則の優先順位や解釈によって一見不合理な行動をとり、その謎解きが作品の主題となっている。ロボット工学三原則 フレッシュアイペディアより)

  • クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

    クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんから見たロボットロボット

    シリーズとしては初めて野原しんのすけの父・ひろしをメインとしたストーリー。謎の組織によってロボットに改造されたひろしを軸に野原一家の活躍を描く。ひろしがロボットになるというアイディアは監督の高橋渉が考えたものである。今作はロボットを題材にしていると言う事で「パシフィック・リム」や「ターミネーター」などロボットに関する看板や小道具が多く出てきている。クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 李周浩

    李周浩から見たロボットロボット

    韓国ソウル生まれ。子供の頃、悪と戦う正義のロボットアニメを見てロボット科学者に憧れた。高校時代からヘビメタ好きでディープ・パープルの大ファン。高麗大学ではマイクロマウス製作に取り組み、1995年の第16回全日本マイクロマウス全国大会エキスパートクラスで優勝している。李周浩 フレッシュアイペディアより)

  • ロボット工学

    ロボット工学から見たロボットロボット

    ロボット工学(ロボットこうがく、英語:robotics)は、ロボットに関する技術を研究する学問。ロボットの手足などを構成するためのアクチュエータや機構に関する分野、外界の情報を認識・知覚するためのセンサやセンシング手法に関する分野、ロボットの運動や行動ロボットの制御に関する分野、ロボットの知能など人工知能に関する分野などに大別される。ロボット工学 フレッシュアイペディアより)

  • 学級王ヤマザキ

    学級王ヤマザキから見たロボットロボット

    アニメではワタナベ、イケタニ、ナカモト、イカリヤ、ツカハラによる戦隊風の配下を引き連れているが、まるで役に立たず自滅した。また、冠学園校庭の地下に「オババンガーZ」という巨大ロボットを収納している。学級王ヤマザキ フレッシュアイペディアより)

  • AIBO

    AIBOから見たロボットロボット

    AIBO(アイボ、現名称: aibo)は、ソニーが1999年より販売しているペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。1999年から2006年に販売された物は全てが大文字のAIBOであったが、2018年から販売される物は全てが小文字のaiboとなった。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI(人工知能)、EYE(目、視覚)そして日本語の「相棒」()にちなむ。別名、Sony Entertainment Robot。AIBO フレッシュアイペディアより)

  • Q10

    Q10から見たロボットロボット

    脚本は木皿泉が手掛け、木皿が同枠の脚本を手掛けるのは『野ブタ。をプロデュース』以来5年振りであった。キャッチコピーは「僕が恋した転校生はロボットだった。」。Q10 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋智隆

    高橋智隆から見たロボットロボット

    大阪府出身(出生は京都大学医学部附属病院)。大阪、滋賀、カナダで育つ。比叡山中学校、立命館高等学校を経て、立命館大学産業社会学部に入学、1年間留学し1998年卒業。数社から内定を得ていたが、納得できるものではなく、子どものころの夢であるロボット作りが忘れられず、内定辞退。予備校に入学。翌年、京都大学工学部に再入学。在学中に2足歩行ロボットを開発し、関西テクノアイデアコンテストグランプリを受賞。2003年に物理工学科メカトロニクス研究室を卒業。同年に、個人事務所「ロボ・ガレージ」を創業(京大ベンチャーインキュベーション(学内入居ベンチャー)の第一号)。2004年には代表作「クロイノ」が米タイム誌で「最もクールな発明」に選ばれ、ポピュラーサイエンス誌では「未来を変える33人」の一人に選ばれる。ロボットクリエーターとして、ロボットの研究、設計、デザイン、製作を手がけている。高橋智隆 フレッシュアイペディアより)

1285件中 81 - 90件表示

「ロボット」のニューストピックワード