233件中 41 - 50件表示
  • ロボット

    ロボットから見た神戸学院大学

    また、松下電器産業が神戸学院大学総合リハビリテーション学部の中川昭夫教授らのチームと共同開発した半身麻痺患者のリハビリテーション用ロボットスーツは、健常な半身の筋肉の動きをセンサーで検知し、麻痺した側に装着した人工筋に伝えることで左右同じ動きを実現するもので、2008年の実用化が計画されている。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た指揮者

    1980年代後半以降、ASIMO(本田技研工業)・HRP-2/HRP-3(川田工業・産業技術総合研究所・川崎重工業)・SDR-4X/QRIO(ソニー)・PALRO(富士ソフト)等の二足歩行可能な人型ロボットが開発・発表されており、ROBO-ONEのような企画向けに個人で製作されるものにも高度なものが現れ、オーケストラの指揮したり、TPR(トヨタ)等の実際に楽器演奏ができる(従来のものは「フリ」をしてカラオケを流していただけであるが、トランペット(実際に「息」で吹く)や、ドラムを操作して音を出す)ものも登場している。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た東北大学

    千葉工業大学,東北大学,筑波大学,岡山大学,情報通信研究機構(NICT),産業技術総合研究所(AIST)が火山探査を目的にクローラ型移動ロボット「Kenaf」を開発している。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たモハベ砂漠

    2004年3月18日、コンピュータ操作の無人自動車によるレース「DARPAグランド・チャレンジ」がアメリカ国防総省によってモハベ砂漠で開催。参加車両15台中、240kmを完走した車両は出なかったが、翌年10月の第二回大会では参加車両23台のうち5台が212kmを完走した。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たジョン・ディー

    1533年、レギオモンタヌスは鷲型の空飛ぶ機械を製作した。また、ジョン・ディーは空飛ぶカブトムシの機械を製作した。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たエスカレーター

    基本的に、人の代わりに作業を行う装置のうち、ある程度の工程なり手順なりを自動的かつ連続的に行うものであり、単一の動作のみを行う装置(ベルトコンベアー、エスカレーターなど)や、絶えず人間が操作をする必要がある装置(リフト装置やエレベーター)、操縦者が搭乗する必要性があるもの(ブルドーザーやショベルカーなど)は含まないことが多い。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た火星

    宇宙開発においては、その苛酷な環境や生命が失われるリスクの高さから、自動的に状況を判断して行動するロボットの重要性は高まっている。また火星や月の裏側など、無線操縦が出来ない環境では、ある程度自己判断能力のある無人探査機の開発が求められていた。その結果、近年では無人火星探査車ローバーのように、自分で移動経路を判断して探査任務を行うロボットが実用化されている。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た二次災害

    レスキューロボットは地震や噴火・津波などによる被災地に投入して、いち早く被災者を発見・保護することで、救命率の向上と二次災害による被害を防ぐことを目的とする。これらのロボットは、センサーや移動能力を持ち倒壊建物に取り残された被災者の発見に役立てるほか、テムザックの「援竜」のように従来からある建設機械を発展させて二本のアームを供えロボット化し、瓦礫撤去を効率よくこなすことが期待される。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た軍事

    軍事活動やそれに付随する危険物処理などでは、人的被害(→戦死)を減らすための導入や、様々な活動の機械化が進められている。米国では偵察や輸送など不意な接触にともない戦闘に巻き込まれやすい分野で、日本では地雷処理など戦後処理の分野での開発が進められている。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た細川半蔵

    1796年、細川半蔵が茶運人形などの構造を図解した「機巧図彙」(からくりずい、きこうずい)を著す。ロボット フレッシュアイペディアより)

233件中 41 - 50件表示

「ロボット」のニューストピックワード