180件中 71 - 80件表示
  • ロボット

    ロボットから見たAIBO

    1999年、ソニーが犬型ロボット「AIBO」を発売して人気となり、家庭用エンターテイメントロボットという市場が生まれた。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た建設機械

    レスキューロボットは地震や噴火・津波などによる被災地に投入していち早く被災者を発見、保護することで救命率の向上と二次災害による被害を防ぐことを目的とする。これらのロボットはセンサーや移動能力を持ち、倒壊建物に取り残された被災者の発見に役立てるほか、テムザックの「援竜」のように従来からある建設機械を発展させて二本のアームを供えロボット化し、瓦礫撤去を効率よくこなすことが期待される。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たDC-4

    1947年9月25日、アメリカ空軍のC-54輸送機がオートパイロットで大西洋を渡り、イングランドへの着陸に成功する。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たブルドーザー

    前述の定義から考えれば、「人の代わりに作業を行う」ものが本来のロボットであり、操縦者が搭乗する必要性があるブルドーザーやショベルカーなどは原則としてロボットとは言えない。しかし、パワードスーツなどを含めた「人の形をした乗り物または作業用機械」については、操縦者が搭乗する必要性があっても一般的にはロボットと呼ばれている。最近は、それらの作業機械でも高度な遠隔操作や自動制御技術の導入が進み、人間が操縦者から単なる作業指示・命令者に近づきつつある事から、一層境界が曖昧になって来ている。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たロボットカー

    しかしすでに一部では、歩行する人間型の物ではないが自動的に建物内を巡回・警備するロボットのレンタル開始、病院内の物資運搬におけるロボットカートの採用、また自動車の自動運転という意味のロボットカーなど、非人間型ロボットを中心に移動する自動機械が人間社会のなかに動き始めた。据え置き型の製造機械である産業用ロボットはそれらが動かない限り、ロボットと呼ばれる自動機械であり人間社会に与える影響も旧来の自動機械と同等と考えられたが、これからの人間社会は移動するロボットからの影響を受けることが想像される。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たアニメ

    1980年代、自動車などの生産ラインに、溶接や部品の組み付けなどの作業を行う産業用ロボットが導入され始める。また同時期、マイコン制御による自律自走式のマイクロマウス競技が流行し、様々な企業や個人が、優れた迷路脱出能力をもつロボットを開発・発表する。さらにアメリカ等の国々で、マイコン制御の家庭用ロボットが複数市販された。これらはROMチップに焼き付けたプログラムをStepByStepで実行する関係で扱いが難しく、また高価である事からあまり普及しなかったものの、消費者の関心を集めた。そのブームに乗り、パソコンやゲーム機で制御する「ロボット玩具」が普及したり、テレビアニメ等で様々なロボット物の番組が提供され、ロボットブームとなる。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た人間解体

    『ロボット』 (The Robots) クラフトワーク(1978年アルバム『人間解体』収録)ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た家庭用ロボット

    近年では、ソニーのAIBOに代表されるエンターテイメントロボットの登場により、一般家庭に愛玩品や娯楽品、果ては「家族」という位置付けで様々な家庭用ロボットが発売されている。これらは人間とコミュニケーションを取ったり、自由に動き回って目を和ませたり、更には「ロボットの居る生活」という「近未来的な暮らしをしたい」という欲求に応えている。これらは主に、ペットという性格付けが強い事から、動物型の物が多く市場投入される傾向にある。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見た地雷

    軍事活動やそれに付随する危険物処理などでは、人的被害(→戦死)を減らすためにロボットの導入や、様々な活動の機械化が進められている。米国では偵察や輸送など不意な接触に伴い戦闘に巻き込まれやすい分野で、日本では地雷処理など戦後処理の分野での開発が進められている。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たアメリカ合衆国

    1980年代、自動車などの生産ラインに、溶接や部品の組み付けなどの作業を行う産業用ロボットが導入され始める。また同時期、マイコン制御による自律自走式のマイクロマウス競技が流行し、様々な企業や個人が、優れた迷路脱出能力をもつロボットを開発・発表する。さらにアメリカ等の国々で、マイコン制御の家庭用ロボットが複数市販された。これらはROMチップに焼き付けたプログラムをStepByStepで実行する関係で扱いが難しく、また高価である事からあまり普及しなかったものの、消費者の関心を集めた。そのブームに乗り、パソコンやゲーム機で制御する「ロボット玩具」が普及したり、テレビアニメ等で様々なロボット物の番組が提供され、ロボットブームとなる。ロボット フレッシュアイペディアより)

180件中 71 - 80件表示

「ロボット」のニューストピックワード