前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
259件中 1 - 10件表示
  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た安田大サーカス

    ホイホイガール(セクシーな若い女性)が席に着き、上着を脱いだ時点から、制限時間5分でホイホイガールを一度もチラ見しなければ、賞金100万円が貰える。チラ見をするごとに賞金が減額され、賞金が0円(チラ見12回)になるか3秒以上見続けたら、強制的にゲームオーバーになる。ゲームオーバーとなった場合はホイホイガールからキツイ罵声(淳からの伝言)を浴びせられたり、係員に事務所(モニタールーム)に連れて行かれ、シールを貼られる罰ゲームが待ち構えている。当初は一般人がターゲットだったが(当時は10万円が最高金額だった)、後に若手芸人に仕掛けられることが多くなり、殆どはゲームオーバーとなる。だが、安田大サーカスのHIROはホイホイガールよりも目の前のご飯に集中していたため100万円を獲得した。2006年以降は海岸で夏季限定で行われている。最速記録はフットボールアワーの岩尾望の18秒で、2006年以降海岸で夏季限定で行われるようになってからの最速記録はハイキングウォーキングの鈴木Q太郎の35秒・28秒である。ちなみにTKOの木下隆行の40秒は一発勝負での最速記録である。ターゲット次第で仕掛け人のタイプを変える場合があり、クリス松村にはホイホイボーイが投入された(2011年)。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たボビー・オロゴン

    2005年に放送された「淳とボビー」では淳とボビー・オロゴンが街に出かけ、一般女性にどちらが格好いいかを選んでもらい、先に10票集めた方が勝利するという勝負を行った。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た青田典子

    2004年以降、後述する各界の女性芸能人の個性も手伝い、「格付けし合う女たち」のコーナーが2004年8月31日の放送で18.3%という視聴率を記録して以降、人気コーナーに成長し、梨花、飯島愛、杉田かおる、青田典子など強烈な個性を持った女性タレントをブレイクさせた。一方、それまでの素人参加や、恋愛に関するような企画は減り、ドッキリや、芸人のキャラクターにスポットを当てるようなものが中心になっていく。以前は「恋愛バラエティー」と称されていたが、現在では「芸人や女性芸能人の素顔を暴く」企画がメインとなっている。ただし、初期からの構成作家や演出家などが2016年現在でも継続して制作していることもあり、ドッキリなどの基本的なコンセプトは維持されている。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た高田純次

    高田純次 - その後もたまに、ゲストで出演することもある。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た熊田曜子

    ある芸能人が異性に何かをする(例「熊田曜子が後ろから抱きつく」「チェ・ジウと散歩」)という条件を提示、それに対し挑戦者(お題の芸能人と同性)が何をすればそれと同程度の条件になるかを当てる。条件を決めたら別室に待機している一般人(挑戦者の異性)100名がおり(コメント担当の芸能人も含む)、どちらの条件がいいか投票させる。得票がぴったり50票ずつに分かれた場合、挑戦者に賞金500万円が与えられる。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た谷澤恵里香

    2012年11月13日より、女性版もスタート。審査員は小木博明(おぎやはぎ、通称「センス小木」)、有吉、プロのモデル3人が担当。1回目は谷澤恵里香、2回目は大久保佳代子、3回目・4回目はKONAN、5回目はAKB48横山由依が優勝した。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たフットボールアワー

    ホイホイガール(セクシーな若い女性)が席に着き、上着を脱いだ時点から、制限時間5分でホイホイガールを一度もチラ見しなければ、賞金100万円が貰える。チラ見をするごとに賞金が減額され、賞金が0円(チラ見12回)になるか3秒以上見続けたら、強制的にゲームオーバーになる。ゲームオーバーとなった場合はホイホイガールからキツイ罵声(淳からの伝言)を浴びせられたり、係員に事務所(モニタールーム)に連れて行かれ、シールを貼られる罰ゲームが待ち構えている。当初は一般人がターゲットだったが(当時は10万円が最高金額だった)、後に若手芸人に仕掛けられることが多くなり、殆どはゲームオーバーとなる。だが、安田大サーカスのHIROはホイホイガールよりも目の前のご飯に集中していたため100万円を獲得した。2006年以降は海岸で夏季限定で行われている。最速記録はフットボールアワーの岩尾望の18秒で、2006年以降海岸で夏季限定で行われるようになってからの最速記録はハイキングウォーキングの鈴木Q太郎の35秒・28秒である。ちなみにTKOの木下隆行の40秒は一発勝負での最速記録である。ターゲット次第で仕掛け人のタイプを変える場合があり、クリス松村にはホイホイボーイが投入された(2011年)。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たロンドンブーツ1号2号

    『金曜★ロンドンハーツ』(きんよう ロンドンハーツ)は、テレビ朝日系列で毎週金曜日 21:00 - 21:54 (JST) に放送されているバラエティ番組、およびロンドンブーツ1号2号の冠番組である。通称は『金曜ロンハー』『ロンハー』。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た品川庄司

    上記の「チョイふる-1GP」の派生的企画で、歌ネタやリズムネタなど今旬の子供受けしそうなネタを持つ芸人たちも対象になっている。ルールはほぼ同じで幼稚園児100人を前に持ちネタを披露し、○×で面白いか面白くないかを判定して○の数を競う。エントリーはAMEMIYA、ウーマンラッシュアワー、クマムシ、品川庄司、千鳥、テツandトモ、流れ星、8.6秒バズーカー、バンビーノの9組と山崎と藤本の即席コンビ「フジモン&ザキヤマ」の計10組で、肘祭りネタで89点を獲得した流れ星が優勝した。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た狩野英孝

    スペシャルにおいては、青木さやかの写真集やパリコレ(ほぼコレ)デビュー、バブル青田や50TAのCDデビューをプロデュースするなど、数千万円単位という規模の大型企画が多く展開され、2016年現在でも継続されている。これまでに記録した最高視聴率は、2004年10月12日に放送された3時間スペシャルの22.1%。この他、2005年4月12日放送の「青木さやか写真集 東京〜沖縄密着80日間 アレ見せんのかよスペシャル」でも21.9%を記録した。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
259件中 1 - 10件表示