259件中 121 - 130件表示
  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た西川晃啓

    西川晃啓(レギュラー)が後藤についてのアンケートで「昨日、彼女とデートで…」と始まったことから、収録直前のギリギリまでアンケートを取っていることが分かっている。2012年12月4日には初の女性版が放送された。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たクロちゃん (お笑い芸人)

    6月19日放送。当時劇団ひとり・品川祐(品川庄司)ら芸人の小説がベストセラーになったことから生まれたドッキリ企画。田中卓志(アンガールズ)・庄司智春(品川庄司)・クロちゃん(安田大サーカス)に恋愛小説の執筆をオファーし、完成した作品をドラマ風のイメージ映像と共に発表。中でも庄司の作品『花のことば』は発表時にゲストの女性タレント達が涙するほどクオリティの高い作品で、ドッキリの枠を飛び越えて『別冊カドカワ』に掲載され単行本としても出版された。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たジャングルポケット (お笑いトリオ)

    2010年11月16日開始。進行はロンブーの2人。文字通り、事前にテーマを決められてそれに沿ったファッションをトーナメント形式で芸人が披露して対決する。プロのモデル5人の評価により「どちらがよりセンスが無いか」を判定、負けた方が残っていくいわゆる「負け残り方式」。決勝戦は残った二人と敗者復活戦での負け残りの3人で行われる。1回目・2回目・5回目は後藤輝基(フットボールアワー)、3回目は井上裕介(NON STYLE)、4回目は村上健志(フルーツポンチ)、6回目は宮迫博之(雨上がり決死隊)、7回目は斉藤慎二が優勝している。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たHIRO (お笑い芸人)

    ホイホイガール(セクシーな若い女性)が席に着き、上着を脱いだ時点から、制限時間5分でホイホイガールを一度もチラ見しなければ、賞金100万円が貰える。チラ見をするごとに賞金が減額され、賞金が0円(チラ見12回)になるか3秒以上見続けたら、強制的にゲームオーバーになる。ゲームオーバーとなった場合はホイホイガールからキツイ罵声(淳からの伝言)を浴びせられたり、係員に事務所(モニタールーム)に連れて行かれ、シールを貼られる罰ゲームが待ち構えている。当初は一般人がターゲットだったが(当時は10万円が最高金額だった)、後に若手芸人に仕掛けられることが多くなり、殆どはゲームオーバーとなる。だが、安田大サーカスのHIROはホイホイガールよりも目の前のご飯に集中していたため100万円を獲得した。2006年以降は海岸で夏季限定で行われている。最速記録はフットボールアワーの岩尾望の18秒で、2006年以降海岸で夏季限定で行われるようになってからの最速記録はハイキングウォーキングの鈴木Q太郎の35秒・28秒である。ちなみにTKOの木下隆行の40秒は一発勝負での最速記録である。ターゲット次第で仕掛け人のタイプを変える場合があり、クリス松村にはホイホイボーイが投入された(2011年)。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た中野俊成

    構成:高須光聖、そーたに、中野俊成、町田裕章、岩本哲也、興津豪乃、遠藤敬、松橋周太呂金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たイビチャ・オシム

    2006年8月8日放送。毎日放送の『情熱大陸』に出たがっていた青木さやかに、気分だけでも味わってもらおうと仕掛けられたドッキリ企画。本家『情熱大陸』同様の撮影を60日間密着して行った。放送当日は青木の楽屋と淳らがいる別室のモニターにのみ同番組が流れるよう仕掛けていた(この日、本家ではイビチャ・オシムが登場し新聞や雑誌を見ることも考慮してか、青木側には「都合で(オシム放送の回は)延期になった」と伝えている)。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た二岡智宏

    格付けの他に「オシャレゲート」にもレギュラー出演していて初期の梨花や飯島愛並みの常連だった時期もある。出演初期こそ不倫イメージで順位が低かったが、「この女に口説かれたら落ちる!」というテーマで1位を取り、それ以降はいい女のイメージが定着した。2008年7月に読売ジャイアンツ(当時)に在籍していた二岡智宏と不倫騒動を起こし謹慎し降板。2009年5月に「格付け」に復帰したが、以降出演せず引退した。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た板橋順二

    チーフプロデューサー:板橋順二金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た志村ファミリー

    谷澤と同じく「未来の熊田★磯山オーディション2012」で準グランプリに選ばれた。私服センス等で淳のお気に入り。2015年以降は、志村ファミリーの仕事を中心にして、出演しなくなる。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たハイキングウォーキング

    ホイホイガール(セクシーな若い女性)が席に着き、上着を脱いだ時点から、制限時間5分でホイホイガールを一度もチラ見しなければ、賞金100万円が貰える。チラ見をするごとに賞金が減額され、賞金が0円(チラ見12回)になるか3秒以上見続けたら、強制的にゲームオーバーになる。ゲームオーバーとなった場合はホイホイガールからキツイ罵声(淳からの伝言)を浴びせられたり、係員に事務所(モニタールーム)に連れて行かれ、シールを貼られる罰ゲームが待ち構えている。当初は一般人がターゲットだったが(当時は10万円が最高金額だった)、後に若手芸人に仕掛けられることが多くなり、殆どはゲームオーバーとなる。だが、安田大サーカスのHIROはホイホイガールよりも目の前のご飯に集中していたため100万円を獲得した。2006年以降は海岸で夏季限定で行われている。最速記録はフットボールアワーの岩尾望の18秒で、2006年以降海岸で夏季限定で行われるようになってからの最速記録はハイキングウォーキングの鈴木Q太郎の35秒・28秒である。ちなみにTKOの木下隆行の40秒は一発勝負での最速記録である。ターゲット次第で仕掛け人のタイプを変える場合があり、クリス松村にはホイホイボーイが投入された(2011年)。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

259件中 121 - 130件表示