259件中 31 - 40件表示
  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た飯島愛

    2004年以降、後述する各界の女性芸能人の個性も手伝い、「格付けし合う女たち」のコーナーが2004年8月31日の放送で18.3%という視聴率を記録して以降、人気コーナーに成長し、梨花、飯島愛、杉田かおる、青田典子など強烈な個性を持った女性タレントをブレイクさせた。一方、それまでの素人参加や、恋愛に関するような企画は減り、ドッキリや、芸人のキャラクターにスポットを当てるようなものが中心になっていく。以前は「恋愛バラエティー」と称されていたが、現在では「芸人や女性芸能人の素顔を暴く」企画がメインとなっている。ただし、初期からの構成作家や演出家などが2016年現在でも継続して制作していることもあり、ドッキリなどの基本的なコンセプトは維持されている。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た綾瀬はるか

    第6弾(2013年12月3日SP):「女性芸能人5」 - 綾瀬はるか金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た手島優

    淳自身が異常なまでの潔癖症かつ神経質なため、「(風呂場の)シャンプーボトルの裏がヌルヌルしてるから嫌」、「電化製品の保護フィルム(購入時に付いているもの)が付いたまま」などの極めて細かい点までチェックされる。第1回の放送ではエントリーの中では1番お金がなく部屋も狭かったたんぽぽの白鳥が優勝しており「家が広いとか出てくる食事が豪華とかは関係なく、あくまで気配りや心づくしが評価基準」と淳は語っている。また「ガサツなイメージがあった」と語っていたクワバタオハラの小原は家が整頓されている・料理が旨いなど、鳥居みゆきは芸風とは異なる誠心誠意のおもてなしを見せる一方、手島優は「昔好きだった人の噛んだガムを取っておく」「寝ている淳の横顔を見つめる」などの奇怪な一面が明らかになり淳は企画を中止し泊らずに帰宅した。他にもキンタローやKONANなどは余りにも家が汚かったため、本人が寝ている隙を見て淳が帰宅した。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た西田麻衣

    2008夏SPで一旦「格付けしあう売れっ子たち」に改名(若手芸人に加えつるの剛士が参加したのが一因)し、2008年 - 2010年現在まで8回開催。ご意見番はスザンヌ。2010年5月11日放送分は西田麻衣が担当した。2011年以降は「格付け」はこのコーナーを放送していたが、2015年には上記の通り「格付けしあう男たち」に戻った。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た神田うの

    ウソ企画やウソ番組で呼び出した芸能人のファッションセンスを見るコーナー。指定したシチュエーションに合わせた服装を各自でしてもらい、神田うの等のファッションに詳しい芸能人がそれを審査するというもの。アンタッチャブルの山崎はこのコーナーに初回から出演していて、長い棒状の物(傘、テニスラケットなど)を持っていると必ず淳のフリで(格好が似ていたため)マタギのモノマネが行われる。第3回では、千原ジュニアがロンドンハーツ初登場で不本意な出場をしてしまったが審査員を「素晴らしい」と言わせるほどの華麗な私服センスを披露し優勝。後述の「私服センスなし芸人No.1決定トーナメント」はルールに変更はあったが実質上の後継企画で山崎のマタギのモノマネなどは継続して行われている。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たSHEILA

    テレビ朝日のタレント通用口に、警備員に扮したロンブー・青木・スザンヌ(以前は飯島→モナ)・えみり(以前は梨花→SHEILA、時々高田純次)らが陣取り、通りかかる有名人の私服をチェックする。チェック終了後に貰えるタグを見せると次にゲートを通ってもチェックを受けずに済むが、このコーナー自体が抜き打ちであるため、ほとんどが2回目のチェックを受けることになる。初期の頃は別室にいる一般女性100名からもファッションセンスの審査を受け、ゲストを得票数順にランキングしていたが、後になくなった。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た杉田かおる

    2004年以降、後述する各界の女性芸能人の個性も手伝い、「格付けし合う女たち」のコーナーが2004年8月31日の放送で18.3%という視聴率を記録して以降、人気コーナーに成長し、梨花、飯島愛、杉田かおる、青田典子など強烈な個性を持った女性タレントをブレイクさせた。一方、それまでの素人参加や、恋愛に関するような企画は減り、ドッキリや、芸人のキャラクターにスポットを当てるようなものが中心になっていく。以前は「恋愛バラエティー」と称されていたが、現在では「芸人や女性芸能人の素顔を暴く」企画がメインとなっている。ただし、初期からの構成作家や演出家などが2016年現在でも継続して制作していることもあり、ドッキリなどの基本的なコンセプトは維持されている。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た永作博美

    第1弾(2008年1月15日SP):「女性芸能人」 - 永作博美金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見たKONAN

    2012年11月13日より、女性版もスタート。審査員は小木博明(おぎやはぎ、通称「センス小木」)、有吉、プロのモデル3人が担当。1回目は谷澤恵里香、2回目は大久保佳代子、3回目・4回目はKONAN、5回目はAKB48横山由依が優勝した。金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金曜★ロンドンハーツ

    金曜★ロンドンハーツから見た上戸彩

    第3弾(2010年):「女性芸能人2」 - 上戸彩金曜★ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

259件中 31 - 40件表示