247件中 31 - 40件表示
  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たSHEILASHEILA

    テレビ朝日のタレント通用口に、警備員に扮したロンブー・青木・スザンヌ(以前は飯島→モナ)・えみり(以前は梨花→SHEILA、時々高田純次)らが陣取り、通りかかる有名人の私服をチェックする。チェック終了後に貰えるタグを見せると次にゲートを通ってもチェックを受けずに済むが、このコーナー自体が抜き打ちであるため、ほとんどが2回目のチェックを受けることになる。初期の頃は別室にいる一般女性100名からもファッションセンスの審査を受け、ゲストを得票数順にランキングしていたが、後になくなった。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た叶姉妹

    同年10月9日に放送された「マジックメール」で、実は密かに騙されていたものの、放送ではほとんど触れられなかった田村に対して申し訳なく思った淳が、お詫びの為に田村の元に次々と4人の美女を送り込み、モテモテの日々を味わってもらおうという「ハッピープロジェクト」を実行した。しかし、田村が4人の美女を同時に口説いているという情報を聞いた淳は、企画を変更し、ハッピープロジェクトは田村へのお仕置き企画となった。ドッキリの協力者には、叶姉妹、うつみ宮土理、中尾彬などという豪華な面々が揃った。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た杉田かおる

    また同コーナーは梨花、飯島愛、杉田かおる、青田典子など強烈な個性を持った女性タレントをブレイクさせている。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た川平慈英川平 慈英

    2012年6月12日は、当番組直前まで放送された「FIFAワールドカップアジア最終予選 日本×オーストラリア」のエンディング(東京スタジオ)にロンドンブーツ1号2号が出演。キャスターの川平慈英たちとトークをしたあと、ステーションブレイク(SB)なしで当番組に接続した。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た長澤まさみ長澤 まさみ

    第5弾(2012年6月19日SP):「女性芸能人4」 - 長澤まさみロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た永作博美

    第1弾(2008年1月15日SP):「女性芸能人」 - 永作博美ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たつるの剛士つるの 剛士

    2008夏SPで「格付けしあう売れっ子たち」に改名(若手芸人に加えつるの剛士が参加したのが一因)。2008年-2010年現在まで8回開催。ご意見番はスザンヌ。2010年5月11日放送は西田麻衣が担当した。2011年以降は「格付け」はこのコーナーを放送している。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た上戸彩上戸 彩

    第3弾(2010年):「女性芸能人2」 - 上戸彩ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た木下優樹菜木下 優樹菜

    藤本は「格付け」を中心にさまざまな企画に出演。どんな人物でも平等にツッコミやガヤを入れることから、山崎とともに「西と東のガヤ王」と呼ばれる。現在の妻・木下優樹菜との交際当時は事あるごとに主に淳とスザンヌに彼女をフルネームで呼ばれており「フルネームOKルール」という謎のルールが制定され、最初はツッコんでいた藤本も終盤では諦めていた。さまざまな芸能人と交流が深く出演者間でのイメージは良いが、「格付け」では下位グループが多い。「ちょい古-1 GP」での収録合間での雑談と淳・スタッフの悪乗りから「フジモン太夫」と言うキャラクターが誕生していたことが2011年12月26日放送分で明らかになった(ここに至るまでカットされていた)。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た村上知子

    「格付けしあう女芸人たち」のレギュラー。村上知子、大島美幸も女芸人中心の企画に出演することが多い。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

247件中 31 - 40件表示

「ロンドンハーツ」のニューストピックワード