247件中 71 - 80件表示
  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た波田陽区波田 陽区

    小島やレギュラーなどのリズム重視の芸人が子供達には好評な傾向にある一方、波田陽区・エド・はるみなどの年代が鍵を握る芸人やアンガールズ・安田大サーカスなどのシュールを持ち味にした芸人は低得点であることが多い。アンガールズは自分達の「ジャンガジャンガ」が子供達にあまり好評ではない現実を見せられて「何であの時(ブレイク当時)はウケてたんだろう…」と本音を吐露した(FUJIWARA藤本に「心の声を出すな!」とツッコまれている)。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た麒麟 (お笑いコンビ)

    12月25日放送。著書「ホームレス中学生」がベストセラーとなった、麒麟の田村裕に対するドッキリ企画。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た高須光聖

    構成 - 高須光聖、そーたに、中野俊成、町田裕章、岩本哲也、興津豪乃ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た山里亮太

    若手芸人へのお仕置きは回を重ねるごとにバージョンアップしており、代表的なものには「落とし穴」、「放送当日に自宅に突入し生放送でネタばらし」、「デートしている店にたまたま別の番組のロケが来て映される」などが挙げられるが、何度も引っかかる学習能力のない芸人には「何もされない(デートの最中にテレビ電話でネタばれして有無を言わさずに終了)」という、ある意味一番ひどいお仕置きもある(山里亮太、ゆってぃなど)。そのため淳曰く「落とし穴とかロケ隊が来てる内はまだ幸せな方」。2010年以降は「アイドルの家などに偽装した、2階の床が抜けて1階に落ちる構造のドッキリハウス」を企画実施の度に建てる(収録後は即解体される)という、より力の入ったお仕置きを実施している。「ドッキリハウス」に引っ掛かったゆってぃは収録後、この家が建てられた場所の近所に住む知人から「いきなり家が建ったと思ったらいきなり解体された」とメールが届き、その後の放送を見て全てが繋がったらしく、「ロンドンハーツってバカなの!?」とメールが来たと語っている。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たシルク (タレント)

    2008年4月29日開始。コーナータイトルロゴは「ズームイン!!朝!」(日テレ系)のパロディーだが、テロップは「ズームイン!!SUPER」の第1部のものをそっくりそのまま流用している。偽番組のロケのためホテルに宿泊・睡眠中の芸能人の部屋に忍び込み、寝起きのすっぴん顔を見せるというもの。2010年に入ってから、女芸人、美容番長ことシルクをレギュラーに据え、「べっぴん!モーニング」として、美容エクササイズと、すっぴんを公開している。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た庄司智春

    6月19日放送。当時劇団ひとり・品川祐(品川庄司)ら芸人の小説がベストセラーになったことから生まれたドッキリ企画。田中卓志(アンガールズ)・庄司智春(品川庄司)・クロちゃん(安田大サーカス)に恋愛小説の執筆をオファーし、完成した作品をドラマ風のイメージ映像と共に発表。中でも庄司の作品『花のことば』は発表時にゲストの女性タレント達が涙するほどクオリティの高い作品で、ドッキリの枠を飛び越えて『別冊カドカワ』に掲載され単行本としても出版された。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たギター侍波田 陽区

    「格付け」では2004年から2005年にかけて通称グラビア侍として不定期に参戦しメンバーに毒舌を吐いていたが、2006年以降はストーカーキャラとして格付けメンバーに昇格した。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た品川庄司

    6月19日放送。当時劇団ひとり・品川祐(品川庄司)ら芸人の小説がベストセラーになったことから生まれたドッキリ企画。田中卓志(アンガールズ)・庄司智春(品川庄司)・クロちゃん(安田大サーカス)に恋愛小説の執筆をオファーし、完成した作品をドラマ風のイメージ映像と共に発表。中でも庄司の作品『花のことば』は発表時にゲストの女性タレント達が涙するほどクオリティの高い作品で、ドッキリの枠を飛び越えて『別冊カドカワ』に掲載され単行本としても出版された。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た狩野英孝狩野 英孝

    青木さやかの写真集やパリコレ(ほぼコレ)デビュー、バブル青田や50TAのCDデビューをプロデュースするなど大型企画が多く、その投資金額も数千万単位という規模で展開しており、その点が功を奏して高視聴率を稼ぐこともある。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たゆってぃゆってぃ

    マジックメール フルポン村上・ゆってぃロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

247件中 71 - 80件表示

「ロンドンハーツ」のニューストピックワード