247件中 81 - 90件表示
  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たインパルス (お笑い)

    塚地武雅(ドランクドラゴン)、板倉俊之(インパルス)、秋山竜次(ロバート)ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た磁石 (お笑いコンビ)

    第2回は「ドッキリスター」である狩野とフルーツポンチ村上の後に続く芸人を探した。ターゲットは児玉智洋(ジューシーズ)永沢たかし(磁石)、久保田和靖(とろサーモン)、ひろみ(第2PK)で淳曰く「ピュアでナルシストでモテたい願望がある人達」。流れなどは第1回とほぼ同様で様々なシチュエーションにおける対応力や忠誠心などを隠しカメラで監視、最後は「再現ドラマを撮る」と嘘を吐いて呼び出した所を落とし穴で落とし、GPを決定した。GPは久保田。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たNON STYLE

    2010年11月16日開始。文字通り、事前にテーマを決められてそれに沿ったファッションをトーナメント形式で芸人が披露して対決する。プロのモデル5人の評価により「どちらがよりセンスが無いか」を判定、負けた方が残っていくいわゆる「負け残り方式」。決勝戦は残った二人と敗者復活戦での負け残りの3人で行われる。1回目と2回目は後藤輝基(フットボールアワー)の連覇、3回目は井上裕介(NON STYLE)、4回目は村上健志(フルーツポンチ)、5回目には再び後藤、6回目は宮迫博之(雨上がり決死隊)が優勝している。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た近藤春菜

    このノウハウを使い、幾つかのポイントを回り、選ばれた人がおねだりできる派生企画が出来上がり、ボディだけを見て人を選ぶ「お願いボディ」、はるな愛と近藤春菜による「抱きたいのはどっち?」、ロバート秋山、オードリー春日、ウド鈴木による熟女限定の「お願い熟女」が放送された。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たチェ・ジウ

    ある芸能人が異性に何かをする(例「熊田曜子が後ろから抱きつく」「チェ・ジウと散歩」)という条件を提示、それに対し挑戦者(お題の芸能人と同性)が何をすればそれと同程度の条件になるかを当てる。条件を決めたら別室に待機している一般人(挑戦者の異性)100名がおり(コメント担当の芸能人も含む)、どちらの条件がいいか投票させる。得票がぴったり50票ずつに分かれた場合、挑戦者に賞金500万円が与えられる。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た岩尾望

    ホイホイガール(セクシーな若い女性)が席に着き、上着を脱いだ時点から、制限時間5分でホイホイガールを一度もチラ見しなければ、賞金100万円が貰える。チラ見をするごとに賞金が減額され、賞金が0円(チラ見12回)になるか3秒以上見続けたら、強制的にゲームオーバーになる。ゲームオーバーとなった場合はホイホイガールからキツイ罵声(淳からの伝言)を浴びせられたり、係員に事務所(モニタールーム)に連れて行かれ、シールを貼られる罰ゲームが待ち構えている。当初は一般人がターゲットだったが(当時は10万円が最高金額だった)、最近では、若手芸人に仕掛けられることが多く、殆どはゲームオーバーとなる。だが、安田大サーカスのHIROはホイホイガールよりも目の前のご飯に集中していたため、見事100万円を獲得した。2006年以降は海岸で夏季限定で行われている。今までの最速記録はフットボールアワーの岩尾望の18秒で、2006年以降海岸で夏季限定で行われるようになってからの最速記録はハイキングウォーキングの鈴木Q太郎の35秒・28秒である。ちなみにTKOの木下隆行の40秒は一発勝負での最速記録である。ターゲット次第で仕掛け人のタイプを変える場合があり、クリス松村にはホイホイボーイが投入された(2011年)。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たクワバタオハラクワバタオハラ

    淳自身が異常なまでの潔癖症かつ神経質なため、「(風呂場の)シャンプーボトルの裏がヌルヌルしてるから嫌」などの極めて細かい点までチェックされる。第1回の放送ではエントリーの中では1番お金がなく部屋も狭かったたんぽぽの白鳥が優勝しており「家が広いとか出てくる食事が豪華とかは関係なく、飽くまで気配りや心づくしが評価基準」と淳は語っている。また「ガサツなイメージがあった」と語っていたクワバタオハラの小原は家が整頓されている・料理が旨いなど、鳥居みゆきは芸風とは異なる誠心誠意のおもてなしを見せる一方、手島優は「昔好きだった人の噛んだガムを取っておく」「寝ている淳の横顔を見つめる」などの奇怪な一面が明らかになり淳は企画を中止し泊らずに帰宅した。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た西野亮廣

    2012年頃から出演。「はねるのトびら」終了に伴いスケジュールが空いたため、3人がまとまって出演することが多い。「はねトび」が終わったことをイジられたり、一方で「フジテレビの深夜のコント番組としてスタートしてプライムタイムのレギュラーを経て、水曜8時にゴールデンタイムに進出」と言う自分達と同じ経緯を歩んでいる「ピカルの定理」出演者の千鳥・ノブコブ吉村との対立を促されることが多い。特に塚地が嫉妬をむき出しにする事が多く、千鳥・吉村の暴露が出たと同時に「終われえーーーーーーいっ!」と呪いをかけるのが通例。ちなみに彼ら3人と別の企画に出演した時の西野亮廣(キングコング)によると「(「はねトび」は)ストレスが物凄かった」。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た和田アキ子和田 アキ子

    さらに、休憩ではビデオレターを見ることになり、事務所の先輩和田アキ子と、格付けで犬猿の仲だった杉田かおるから叱咤激励のコメントを貰った。和田はあびるの謹慎時に毎日心配の電話をかけており、100kmマラソン経験者である杉田は、走る時の心得を力強く語っていた。その後あびるは涙を流した後、安心しきったように、愛用している熊のぬいぐるみを抱きながら、少しの仮眠を取った。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たビデオリサーチ

    数値はいずれも、ビデオリサーチが調査した関東地区におけるものである。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

247件中 81 - 90件表示

「ロンドンハーツ」のニューストピックワード