291件中 111 - 120件表示
  • 田村亮

    田村亮から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    田村亮 (お笑い芸人) - お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号のメンバー。田村亮 フレッシュアイペディアより)

  • マカオ・タワー

    マカオ・タワーから見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    2006年12月17日、バンジージャンプの父であるA・J・ハケットと、香港のアーティストエディソン・チャンは、マカオ・タワーで2つのギネス記録を破った。ハケットは1998年に達成した自身の「建造物から飛ぶ最も高いバンジージャンプ」のギネス記録を破った。また、エディソン・チャンも、タワーからジャンプを行い「世界最高のバンジージャンプ施設」に記録された。また2007年9月19日放送のフジテレビ「ザ・ベストハウス123」でロンドンブーツ1号2号の田村亮が2人同時バンジーのギネス記録を達成したが、直後にロケに同伴した同番組の後藤喜男プロデューサーにあっさり更新されてしまった。マカオ・タワー フレッシュアイペディアより)

  • ナイナイナ

    ナイナイナから見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    1999年4月に日曜夜8時台へのゴールデンタイム昇格の話があったが他番組とのスケジュール都合や番組自体のコーナー改変に対して、岡村が難色を示し、結果番組自体を終了することに決定した。その代打として日曜8時に始まったのが、吉本の後輩ロンドンブーツ1号2号の「稲妻!ロンドンハーツ(現・金曜★ロンドンハーツ)」であり、ナイナイナの製作スタッフもロンドンハーツ製作に参加している。こうした番組終了の経緯については、ナイナイが「昇格に反対したのではなく、テレビ朝日から降ろされた」という記事がスポーツ新聞に掲載されてもおり、真相は不明である。ナイナイナ フレッシュアイペディアより)

  • 清水宏泰

    清水宏泰から見たロンブーロンドンブーツ1号2号

    鼻くそを食べると松本人志に暴露される。ロンブーの田村淳に著書の中で「Sさん。」というイニシャルではあるが「数少ない気骨のあるプロデュ―サ―。」と紹介されている。清水宏泰 フレッシュアイペディアより)

  • ヨシモトムチッ子物語

    ヨシモトムチッ子物語から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    ロンブーアリアツシ「田村淳(ロンドンブーツ1号2号)+アリ」(声:福山潤)ヨシモトムチッ子物語 フレッシュアイペディアより)

  • 桜坂 (曲)

    桜坂 (曲)から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    ロンドンブーツ1号2号がニッポン放送『ロンドンブーツ1号2号のオールナイトニッポン』を務めていた頃、田村亮が下り坂と間違えて階段に進入し転倒し骨折するバイク事故を起こした際、相方の田村淳が「骨折坂」という「桜坂」の替え歌を番組内で歌ったことがある。それに対して福山はロンドンブーツ1号2号の番組に「僕自身は(替え歌にされたことに対して)全然怒っていないので気にしないでください。歌うときは亮君を心からいたわる気持ちを忘れないでください。」とコメントを寄せたことがある。桜坂 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ロンブー荘青春記

    ロンブー荘青春記から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    ロンドンブーツ1号2号の冠番組の1つである。ロンブーの2人の指示の下、ペナルティ・ピンポイント・ガレッジセールら3組のお笑いコンビと芸人をめざす芸人予備軍が様々なバラエティ企画に体を張って挑んでいた。この番組をきっかけに、沖縄出身で番組内で一押しされていたガレッジセールが全国区に打って出るようになった。ちなみに、ピンポイントのみ養成所出身では無かったのか、常に背広を着用していた。ロンブー荘青春記 フレッシュアイペディアより)

  • 西新宿

    西新宿から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    ロンドンブーツ1号2号・上原多香子主演。「十二社病院」なる病院が登場する。西新宿 フレッシュアイペディアより)

  • ドリームクリエイター

    ドリームクリエイターから見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    田村淳(ロンドンブーツ1号2号)(2013年4月10日 - )ドリームクリエイター フレッシュアイペディアより)

  • 50TA (アルバム)

    50TA (アルバム)から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    2曲目の『ノコギリガール〜ひとりでトイレにいけるもん〜』は50TA初のCDデビュー企画として発売が予定されていた。しかし、エイベックスの担当者とロンドンブーツ1号2号田村淳との会話の不成立により、青木さやかが同曲をリリースすることになってしまった。その為、このアルバムでは「セルフカバー」として収録されている。作詞・作曲に使われている名義「桜田 神邪」(さくらだ しんや。正確には、苗字と名前の間に“山”をシンボライズしたマークが入る)は、淳からの提案であり、狩野の実家である櫻田山神社から来ている。ちなみにタイトルの「ノコギリガール」は狩野個人が考えたものではなく、淳の入れ知恵によるものである。50TA (アルバム) フレッシュアイペディアより)

291件中 111 - 120件表示

「ロンドンブーツ1号2号」のニューストピックワード