236件中 81 - 90件表示
  • ロンブー荘青春記

    ロンブー荘青春記から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    ロンドンブーツ1号2号の冠番組の1つである。ロンブーの2人の指示の下、ペナルティ・ピンポイント・ガレッジセールら3組のお笑いコンビと芸人をめざす芸人予備軍が様々なバラエティ企画に体を張って挑んでいた。この番組をきっかけに、沖縄出身で番組内で一押しされていたガレッジセールが全国区に打って出るようになった。ちなみに、ピンポイントのみ養成所出身では無かったのか、常に背広を着用していた。ロンブー荘青春記 フレッシュアイペディアより)

  • 岬 (ロンドンブーツ1号2号の曲)

    岬 (ロンドンブーツ1号2号の曲)から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    「岬」(みさき)は、ロンドンブーツ1号2号の1枚目のシングル。2000年12月6日発売。岬 (ロンドンブーツ1号2号の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 青田典子

    青田典子から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    「バブル青田」は、青田の歌手としての別名である。青田は元々歌手志望だったが、C.C.ガールズ時代にリリースした曲(初期は「D.D.GAPS」のユニット名でリリース)はヒットしなかった。そこで『ロンブー』の田村淳が『ロンドンハーツ』(以下『ロンハー』)で青田を「バブル青田」としてソロCDデビューさせようと企画。プロデューサーは、淳と同じ吉本興業所属(当時)で、青田自身も大好きという小室哲哉だった。青田典子 フレッシュアイペディアより)

  • 板橋順二

    板橋順二から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    ロンドンブーツ1号2号 - 「ロンドンハーツ」出演板橋順二 フレッシュアイペディアより)

  • コミックGOTTA

    コミックGOTTAから見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    1999年12月に『コミックGOTTA』として『コロコロ』とは独立した別雑誌扱いで新創刊した。GOTTAは「gotta - 」で「 - せよ」の意の英語の俗語である。人気漫才コンビロンドンブーツ1号2号が編集長という宣伝文句で売り出した(当初は応援団風の変形学生服コスチュームに扮していた)。コミックGOTTA フレッシュアイペディアより)

  • 暴ロンブー

    暴ロンブーから見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    ロンドンブーツ1号2号の冠番組の1つで、彼らが毎回番組専用携帯電話の留守番電話に吹き込まれた視聴者からの疑問・質問・悩みなどを聞き、それらを基に企画を遂行するというものだった。興味を持った内容の投稿者に対しては2人が電話を掛け、可能であれば彼らを「アジト」と呼ばれる秘密基地(収録現場)やその他のロケ地へ招待して直接話を聴いた。大筋としては以上であるが、それ以外の企画を実施することもあった。暴ロンブー フレッシュアイペディアより)

  • UN FACTORY カボスケ

    UN FACTORY カボスケから見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    当時まだ無名だったロンドンブーツ1号2号(ロンブー)は、この番組でのウンナンとの共演を期に注目されるようになる。後番組『UN FACTORY ソムリエ』でのロケ企画でも共演以後、『ウンナンの炎のチャレンジャー』への数度のゲスト出演、1997年に放送された『ウンナンの気分は上々。』での四級船舶免許取得企画や、南原と船で長崎県のハウステンボスを目指す企画など共演機会が多かったが、2000年代以降はウンナンとロンブーの直接の共演の機会はほとんどなくなっている。しかし、『イロモネア』でロンブーが司会を務める『ザ・ベストハウス123のパロディ』企画である『ザ・早ボケハウス123』の2010年3月4日放送分の際に、「ロンブーに会った時に一言言えばよかった」と内村が発言している。UN FACTORY カボスケ フレッシュアイペディアより)

  • The ピーズ

    The ピーズから見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    若手ミュージシャンでは、銀杏BOYZの峯田和伸やサンボマスターの山口隆などが、彼らに影響を受けたと公言している。また、元ウルフルズのトータス松本は「俺は一時期、はるになりたかった」とインタビューで語っている。その他、芸能界では田村亮(ロンドンブーツ1号2号)がピーズ好きで有名であり、シングル「底なし」は彼の希望によって、あなあきロンドンブーツのタイアップとなったというエピソードがある。文学界では芥川賞作家の絲山秋子が、自身の作品「逃亡くそたわけ」の中で歌詞を引用した。この作品は映画化され、作中で「日が暮れても彼女と歩いてた」をはじめとするピーズの曲が挿入歌として使用された。The ピーズ フレッシュアイペディアより)

  • 極楽とんぼの吠え魂

    極楽とんぼの吠え魂から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    加藤が仕事などで海外に行っていたりしていて、山本が一人でラジオをやらなければならないときに登場する。最初はハイテンションで好き放題やっているが、時間が経つにつれて疲れてきてグダグダになってしまう。リスナーから「かっこいい」や「好きです」などメールなどでおだてあげられると気分を良くし、ノベルティをプレゼントしまくる傾向がある。特技はスクラッチだが、他人の曲に下品な効果音を付け加えるなど失礼極まりない行為に対して苦情が寄せられることがある。加藤のことを「ゴリゴン浩次」、ロンブーの淳のことを「DJ出っ歯」と呼んでいる。極楽とんぼの吠え魂 フレッシュアイペディアより)

  • お笑いマンガ道場

    お笑いマンガ道場から見たロンドンブーツ1号2号ロンドンブーツ1号2号

    2006年1月4日に同局で『芸能界マンガ王決定戦』というタイトルの、このマンガ道場と同じコンセプトのスペシャル番組が放送された。このときの司会はロンドンブーツ1号2号の田村淳であったが、マンガ道場の完全なリメイクということではなく、コンセプトを引き継いだ程度に留まった。お笑いマンガ道場 フレッシュアイペディアより)

236件中 81 - 90件表示

「ロンドンブーツ1号2号」のニューストピックワード