150件中 91 - 100件表示
  • サンビーム (自動車)

    サンビーム (自動車)から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    その後、1978年には3ドアハッチバックの「クライスラー・サンビーム」が登場、その後クライスラーの欧州事業がPSA・プジョーシトロエンに売却されると、新しいブランド名を冠し、往年とは逆にと呼ばれることになった。同車にはロータス製DOHCエンジンを搭載したホットモデルも存在し、ラリーで活躍した。サンビーム (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・エラントラ

    ヒュンダイ・エラントラから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    1990年、ステラの後継車種として登場。ただしこの車名に関して、ヨーロッパでは英ロータスから、オーストラリアでは三菱自動車の現地法人から、それぞれクレームがついたため、これらの地域では2代目まではラントラ(Lantra)の名称が使用された。ヒュンダイ・エラントラ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・エキシージ

    ロータス・エキシージから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    エキシージ(Exige)は、イギリスの自動車メーカーであるロータス・カーズが2000年から製造するスポーツカーである。ロータス・エキシージ フレッシュアイペディアより)

  • 1956年フランスグランプリ

    1956年フランスグランプリから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    ブガッティが自製の直列8気筒エンジンをミッドシップで横置きとしたユニークなマシンT251を持ち込み、モーリス・トランティニアンのドライブでデビューしたが、予選ではポールポジションのファン・マヌエル・ファンジオから18秒遅く、決勝も18周でリタイアに終わり、この一戦のみで姿を消した。ヴァンウォールのシャシー制作を担当したロータスのコーリン・チャップマンが当レースでドライバーとして参加し、予選で5位を記録したがアクシデントにより負傷したため、決勝には出走しなかった。1956年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・エヴォーラ

    ロータス・エヴォーラから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    エヴォーラ(Evora )は、ロータス・カーズが製造する4人乗り(2+2)のスポーツカー。ロータス・エヴォーラ フレッシュアイペディアより)

  • TopGearテストトラック

    TopGearテストトラックから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    元はロータス社のテストコースで、それ以前はカナダ軍(第二次世界大戦中にはイギリス軍)やブリティッシュ・エアロスペースが使用していた飛行場であった。TopGearテストトラック フレッシュアイペディアより)

  • ヴィタントニオ・リウッツィ

    ヴィタントニオ・リウッツィから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    2012年WEC第4戦より、ロータスから参戦。2013年はフル参戦となる。なお、ジェームズ・ロシターはチームメイトであった。ヴィタントニオ・リウッツィ フレッシュアイペディアより)

  • キットカー

    キットカーから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    ロータス、TVR、ドンカーブートのように、キットカーメーカーから自動車メーカーになった例もある。キットカー フレッシュアイペディアより)

  • 広島マツダ

    広島マツダから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    2018年2月:ロータス・カーズの正規ディーラー権を取得。旧ボルボ・カーズ広島東の店舗を「ロータス広島」として新装開店する。広島マツダ フレッシュアイペディアより)

  • オペル・スピードスター

    オペル・スピードスターから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    オペルの自動車生産100周年を記念したモデルで、同社の量産車としては初の本格スポーツカーとなる2シーターのオープンカーである。ロータス・エリーゼの基本設計を元にロータスと共同開発され、製造もロータスの工場で行われる。エリーゼよりは100kgほど重いものの、870kgの車重は2座オープンカーとしても軽量である。オペル・スピードスター フレッシュアイペディアより)

150件中 91 - 100件表示

「ロータス」のニューストピックワード