150件中 21 - 30件表示
  • ロータス・エクセル

    ロータス・エクセルから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    エクセル(Excel )は、イギリスの自動車メーカーであるロータス・カーズが製造・販売していた、2+2乗りFRレイアウトのスポーツカーである。ロータス社内のモデルナンバーは89。ロータス・エクセル フレッシュアイペディアより)

  • ケータハムF1チーム

    ケータハムF1チームから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    F1に名門ロータスの名が戻ってくることを周囲は驚きと歓迎の念をもって迎えたが、現在マレーシアの国営自動車メーカープロトンの傘下に吸収されているグループ・ロータスは、ライトスピードの計画はロータスとは無関係とし、ブランドイメージを守るため法的措置を検討すると表明した。ケータハムF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • FIA GT選手権

    FIA GT選手権から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    初年度はメルセデスのほか、ポルシェ、BMW(マクラーレン)、パノス、ロータスがワークス参戦した。ワークスが主流のGT1クラスにはセミプロトタイプとも言えるメルセデスベンツ・CLK GTR、ポルシェ・911 GT1、マクラーレン・F1-GTR LMが参戦した。そのほかにもプライベーター仕様のマクラーレン・F1 GTRやパノス・エスペランテ GTR、ロータス・エリーゼ GT1も参戦し、GT2クラスではクライスラー・バイパー GTS-Rとポルシェ・911 GT2の白熱したバトルが展開したほか、マーコス、モーガン、サリーンも参戦し、開催国も欧州以外に日本、アメリカを含む事実上の世界選手権と呼べるシリーズとなった。FIA GT選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ジェンセン・ヒーレー

    ジェンセン・ヒーレーから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    ジェンセン・ヒーレー最大の魅力はエンジンで、当初はフォードやBMWの各種ユニットが試された後選ばれたのはロータスがボクスホール・ヴィクターのユニットをもとに新開発したコッグドベルト駆動、16バルブの直4DOHC1,973cc(LV220型)であった。ヨーロッパ向けのデロルト・ツインキャブ付きでは142馬力/6,500rpm、18.0kgm/5,000rpmを発し、最高速度は195km/hに達した。このユニットはロータス・エリート(第二世代)、ロータス・エスプリにも搭載され、その後排気量拡大やターボ化も行われ、1970年代から1980年代にかけてロータスの基幹エンジンとなった。ジェンセン・ヒーレー フレッシュアイペディアより)

  • ブリティッシュ・レーシング・パートナーシップ

    ブリティッシュ・レーシング・パートナーシップから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    ブリティッシュ・レーシング・パートナーシップ(British Racing Partnership, BRP)は、1958年から1964年にかけてF1に参戦していたイギリスのチーム。1962年まではクーパーやBRM、ロータスのシャシを購入して参戦していた。ブリティッシュ・レーシング・パートナーシップ フレッシュアイペディアより)

  • プロトン・サガ

    プロトン・サガから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    エンジンはプロトンとロータスが共同開発したカンプロIAFMエンジンの1.3Lを搭載。後に1.6Lを搭載したグレードも追加されている。トランスミッションは5速MTと4速ATがラインナップされた。プロトン・サガ フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・P799WE

    いすゞ・P799WEから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    当時、いすゞは乗用車部門でロータス・カーズと関係があったこと、チーム・ロータスに多数の日本企業(タミヤ、コマツ、シオノギなど)がスポンサーとしてついていたため、容易に接触、交渉する事ができ、8月のテストが決定した。いすゞ・P799WE フレッシュアイペディアより)

  • ウェーバー (企業)

    ウェーバー (企業)から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    1945年にエドアルドが死去、1952年にはフィアットに経営を委ねる。それまではレーシングカー用の製品が目立っていたが、50年代からは前述の3メーカーに加え、アストンマーティン、BMW、フェラーリ、フォード、ランボルギーニ、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ルノー、アバルト、ランチア、ロータスなど、市販車の純正キャブレターも製造するようになった。ウェーバー (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スタウト・スカラブ

    スタウト・スカラブから見たロータス・カーズ ロータス・カーズ

    革新性は車の構成やデザインだけに留まらなかった。路上を走るほぼ全ての車が板バネで吊ったリジッドアクスルのサスペンションを使用していた時代にスカラブは前後輪共にコイルバネの独立懸架を採用し、滑らかで静粛性に優れた乗り心地を提供していた。リアエンジン配置による荷重の偏重はコイルスプリングのサスペンションと相まってスカラブに非常に良好なハンドリングとトラクションを与えていた。長いコイルバネのストラットを使用した後輪のスイングアクスル式サスペンションは、航空機の降着装置から構想を得ていた。スカラブのサスペンション自体は、後にロータス社が1957年のロータス・トゥエルブ (Lotus Twelve) から使用し始めたチャップマン・ストラット (Chapman strut) の発想の元になった。スタウト・スカラブ フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・RE50

    ルノー・RE50から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    RE50は、フェラーリで2勝の経験があるタンベイと実力を持つワーウィックが、前シーズンプロストが4勝を挙げたRE40の発展型をドライブすると言うことで期待された。果たして車は速かったものの、いくつかの問題を抱えチームもドライバーもそれを克服できなかった。ルノー・EF4エンジンはを発揮したが、ドライバーが2、3位に挑戦するには燃料消費が多すぎた。この問題はルノーエンジンを使用するロータス・95T(元ルノーのデザイナーであり、1984年にロータスに加入したジェラール・ドゥカルージュが設計した)と言った他の車と同じ問題であった。1984年のF1マシンは燃料搭載量が220リッターに制限され、再給油も禁止されていたため、ルノーは新たな燃料モニタリング装置を搭載したにも関わらず、この問題を克服することはできなかった。もう一つの大きな問題は、従来のアルミニウムよりも強度が高いカーボンファイバーで作られていたにも関わらず、モノコックが壊れやすかったということであった。この脆弱性によりワーウィックはディジョンとモナコでのクラッシュで脚を負傷し、タンベイはモナコの第1コーナーでクラッシュしたワーウィック車に突っ込み左脚を負傷した。両名ともカーボン製のモノコックを突き抜けたサスペンションアームによって脚を負傷することとなった。ルノー・RE50 フレッシュアイペディアより)

150件中 21 - 30件表示

「ロータス」のニューストピックワード