119件中 21 - 30件表示
  • ゴードン・マレー

    ゴードン・マレーから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    2011年、ロードカー部門の顧問としてグループ・ロータスに加入することを発表した。ゴードン・マレー フレッシュアイペディアより)

  • サンビーム (自動車)

    サンビーム (自動車)から見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    その後、1978年には3ドアハッチバックの「クライスラー・サンビーム」が登場、その後クライスラーの欧州事業がPSA・プジョーシトロエンに売却されると、新しいブランド名を冠し、往年とは逆にタルボット・サンビームと呼ばれることになった。同車にはロータス製DOHCエンジンを搭載したホットモデルも存在し、ラリーで活躍した。ある意味でクライスラーUK時代では唯一の輝かしい存在ということも出来よう。サンビーム (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • Mas Sawada

    Mas Sawadaから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    70年代のロックミュージックのテイストと、ロータス等のクラシカルカーを好む。自他共認める機械オタクでもある。Mas Sawada フレッシュアイペディアより)

  • パノス

    パノスから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    パノスは、1989年にダニエル・パノスによって設立された。母体となったのはマイク・コスティンの兄のフランク・コスティンが代表を務めていたアイルランドのシャシーを設計していた会社 (Thompson Motor Company) で、ロータスやマセラティ、リスターなどのデザインも行っていたこの会社を買収したのである。パノス フレッシュアイペディアより)

  • コーリン鉛筆

    コーリン鉛筆から見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    また、コーリン・チャップマンが率いたイギリスのスポーツカーメーカーのロータスやチーム・ロータス(初代)のライセンシーを受けた鉛筆や鉛筆削り機などを発売していた事もある。コーリン鉛筆 フレッシュアイペディアより)

  • コスワース

    コスワースから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    ただしコスワースはフォード専属というわけではなく、過去にはロータス、シボレー、オペル、メルセデス・ベンツ、ロールス・ロイスなどとも共同でエンジンを開発したことがある。コスワース フレッシュアイペディアより)

  • スバル・ビッグホーン

    スバル・ビッグホーンから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    1992年、いすゞでのモデルチェンジにあわせて2代目に移行、3200ccDOHCガソリンと3100ccディーゼルターボの5MTないしは4ATとなる。全グレードがロータスのチューンモデルとなる。スバル・ビッグホーン フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・7

    オースチン・7から見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    第2次世界大戦後には、多くの中古「オースチン 7」が、その廉価さと改造の容易さから「スペシャル仕様」としてリビルドされ、或いはパーツ流用でレーシングカーのベースになるなどして、モータースポーツの勃興に寄与した。ロータス創業期の出世作「ロータスMk1」はその中の代表例である。オースチン・7 フレッシュアイペディアより)

  • MGローバー

    MGローバーから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    パワートレーンでは、ケーターハム、ロータスへのエンジン供給などもおこなった。MGローバー フレッシュアイペディアより)

  • プロトン・サトリア

    プロトン・サトリアから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    1996年にはマレーシアにおいてフェイスリフトが行われ、フロントグリルのほかテールライトなどリアのデザインもミラージュとは異なったものが採用された。また、輸出仕様車にも後にフェイスリフトが施された。この際に、1.3L 12バルブ、1.5L 12バルブ、1.6L 16バルブ各エンジンが新型に変更され、新たに新グレードの「LXi」、「S LXi」、「GTi」が用意された。なお、GTiには直列4気筒 1.8L 4G93型エンジンが搭載され、後にロータスエンジンやハンドリングの改良が施された。プロトン・サトリア フレッシュアイペディアより)

119件中 21 - 30件表示

「ロータス」のニューストピックワード