119件中 51 - 60件表示
  • オペル・スピードスター

    オペル・スピードスターから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    オペルの自動車生産100周年を記念したモデルで、同社の量産車としては初の本格スポーツカーとなる2シーターのオープンカーである。ロータス・エリーゼの基本設計を元にロータスと共同開発され、製造もロータスの工場で行われる。エリーゼよりは100kgほど重いものの、870kgの車重は2座オープンカーとしても軽量である。オペル・スピードスター フレッシュアイペディアより)

  • オートトレーディングルフトジャパン

    オートトレーディングルフトジャパンから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    2月 - ロータスカーズとの正規輸入契約を発表、株式会社エルシーアイを設立オートトレーディングルフトジャパン フレッシュアイペディアより)

  • チーム・ロータス

    チーム・ロータスから見たロータス (自動車) ロータス (自動車)

    しかしながら、同じロータスの商標を持つグループ・ロータスが、チーム・ロータス名義での参戦に異議を唱え、商標権の侵害として使用の禁止を通告した。チーム・ロータス フレッシュアイペディアより)

  • KISSの原則

    KISSの原則から見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    コーリン・チャップマン(ロータスの創業者)はデザイナーたちに、「単純に、軽量にしろ」と要求した。KISSの原則 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・GRエンジン

    トヨタ・GRエンジンから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    また、2008年ロンドンモーターショーで発表された、ロータス社の新型車エヴォーラには当エンジンが搭載される。トヨタ・GRエンジン フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・ロードスター

    マツダ・ロードスターから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    かつてのライトウェイトスポーツカーの名門ロータスが、「我々の作ろうと思っている車が間違いではないと証明してくれた」と語ったとされ、その完成度は非常に高かった。生産技術の優秀さや性能に対する低コストぶりなど、技術面ばかりが評価されることの多かった日本車において、車造りの「思想」という面で世界に多大な影響を与えた稀有な存在である。マツダ・ロードスター フレッシュアイペディアより)

  • カーバンクニムラ

    カーバンクニムラから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    株式会社カーバンクニムラとは、広島県広島市安佐南区に本社のある、ハマー・GM・フォード・サリーン・クライスラー・TVR・ロータス・ルノーの正規ディーラーを運営する企業である。カーバンクニムラ フレッシュアイペディアより)

  • インディカー・シリーズ

    インディカー・シリーズから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    エンジンは2012年から2.2L以下 6気筒以下 ターボ 直噴エンジンを採用する。サプライヤーは当初は前年から継続して供給するホンダ、7年振りに復帰したシボレー(実際の開発はイルモアが行う)、そしてジャッドと提携するグループ・ロータスの3社だったが、ロータスが2012年限りで撤退したため2013年からは2社体制となる。ホンダがシングルターボ、シボレーとロータスがツインターボを採用する。インディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・セリカXX

    トヨタ・セリカXXから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    1981年7月登場。初代がラグジュアリー志向の高級スペシャルティカーであったのに対し、初代のコンセプトを先に発売されたソアラが引き継いでいたため、2代目は一転してスポーティー路線へと変更された。CMでもロータスの創始者であるコーリン・チャップマンを起用しカタログでも走行性能の高さを前面にアピールしていた。外観も初代の曲線基調のなだらかなラインのボディーと、角目4灯ヘッドライトと2000GTを彷彿させるT字グリルの重厚な顔立ちから、直線を主体としたシャープな造形のボディーと空力を意識したリトラクタブルヘッドライトによるシンプルな顔立ちへと変貌を遂げた。CD値0.35とソアラよりも優れた空力特性と前面投影面積の小ささで日本車としては久々となる200Km/hオーバーを記録した (2800GT)。スポーティーに振ったキャラクターではあったが装備は充実しており、カローラ店での高級車の役割も担っていた。クルーズコンピューター(ガソリン満タン時からの走行可能距離、燃料消費量、目的地までの到着予定時刻などをコンピューターが自動演算し表示するドライブ情報表示システム)、ソアラに初採用されたデジタルメーター(2800GTに標準、2000Gにオプション)、オートドライブ、スピードアラーム(オートドライブとの併設は不可)、電子チューナーAM/FMラジオカセットオーディオ(オプション)とウーファー1個、ツイーター2個、スピーカー2個の5スピーカの凝ったオーディオシステムが装備されていた。中でも注目の装備は、目的地の方角を入力するとその方角を指示し、目的地までの距離をコンピューターが算出する「クルーズナビコン」が2800GTにオプション設定された(クルーズコンピューター、電動式サンルーフとの併設は不可)。エンジ色の内装設定も引き続き採用され、サンルーフは初代の手動式から電動式に改められた。トヨタ・セリカXX フレッシュアイペディアより)

  • 日東科学教材

    日東科学教材から見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    '70年代半ば、1/24シリーズで発売されていたロータス・ヨーロッパの売り上げが急に伸びた。これは池沢さとしの連載漫画サーキットの狼の主人公の愛車だったことが原因と判り、ニットーでは版権を取って作中登場するランボルギーニカウンタックLP400、デトマソパンテーラGTSなどを1/28スケールで商品化、全29種類を発売した。スーパーカーブーム時のピーク時には月産200万個を越えるヒットを記録した。精密さより「走らせて遊ぶ」作り易い低年齢向け仕様だったのもヒットの要因の一つだった。パーツ数は少なく、ワイパー・バンパーはボディと一体成形。単三電池は別売りだったが、クリアーパーツや、モーター(FA-130)、デカールも付属し、定価は400円と手頃だった。このシリーズのスーパーカーは殆どが共通の上げ底シャーシーで作られており、後に金型が台湾に渡り、ニットーの古い戦車モデルを販売していたブルータンクのブランドで販売された。日東科学教材 フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「ロータス」のニューストピックワード