150件中 61 - 70件表示
  • ブガッティ

    ブガッティから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    アルティオーリは1993年にロータスをゼネラルモーターズから買収するなど過大な投資のために財政が破綻、1995年に倒産した。それに伴いEB110の生産も終了、総生産台数は154台であった。ブガッティ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のF1世界選手権

    2011年のF1世界選手権から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    「ロータス」という名称の使用権を巡る関係者間の不和により、ルノー改め「ロータス・ルノーGP」と、ロータス・レーシング改め「チーム・ロータス」という2チームが参戦する奇妙な状況になった。この問題はチーム・ロータスとグループ・ロータスが法廷で争う事態となったが、双方の和解により2012年よりチーム・ロータスがケータハムに改名する事で解決を見た。2011年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のインディカー・シリーズ

    2013年のインディカー・シリーズから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    前年不振に終わったロータス(ジャッド協力)は2012年限りで撤退したため、エンジンはホンダ(HPD)とシボレー(イルモア協力)の2社が引き続き供給する。2013年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • コーリン鉛筆

    コーリン鉛筆から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    また、コーリン・チャップマンが率いたイギリスのスポーツカーメーカーのロータスやチーム・ロータス(初代)のライセンス供与を受けた鉛筆や鉛筆削り器などを、販売していた事もある。コーリン鉛筆 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ダンブレック

    ピーター・ダンブレックから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    1985年より母国イギリスで、カートに参戦を開始し、1993年に4輪レースにデビューする。翌1994年にはイギリス・フォーミュラ・ボグゾール・ジュニアのチャンピオンを獲得。1996年にはイギリス・フォーミュラ・ボグゾール・ロータスのシリーズタイトルを獲得すると伴に、イギリスF3でもシリーズ3位と活躍し注目を集めた。彼の才能に目を付けたTOM'Sが日本に招聘、1998年は全日本F3選手権にフル参戦しシリーズチャンピオンに輝くと共に、マカオGPでも優勝するなど、彼のレースキャリアの中で最良の1年の一つとなった。なおこの年は全日本GT選手権・GT300クラスにも途中参戦している。1999年はTeam LEYJUNから全日本選手権フォーミュラ・ニッポンに参戦している。ピーター・ダンブレック フレッシュアイペディアより)

  • オートプラネット

    オートプラネットから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    自社以外のテナントに、ピザ・サンマリノ、アース電機(自動車電装)、EURIS(自動車内装加工会社)、ACマインズ(ロータス代理店)、しっぽ屋(モペッド販売)が入居していたが、ACマインズ、しっぽ屋は退店した。代わりに自社のヒュンダイ名古屋が入居した。オートプラネット フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンウォール

    ヴァンウォールから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    クーパー製シャシーにノートンのオートバイエンジンを改造した直4エンジンを搭載したヴァンウォールのF1マシンは、の地元イギリスGPでデビューした。翌まで成功を収められず、マイナーフォーミュラの新興コンストラクターロータス・エンジニアリングにシャシー製作を依頼。コーリン・チャップマンらの手掛けたマシンは徐々に戦闘力を上げ、のノンタイトルレースで初勝利を挙げた。ヴァンウォール フレッシュアイペディアより)

  • プロトン・サトリア

    プロトン・サトリアから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    1996年にはマレーシアにおいてフェイスリフトが行われ、フロントグリルのほかテールライトなどリアのデザインもミラージュとは異なったものが採用された。また、輸出仕様車にも後にフェイスリフトが施された。この際に、1.3L 12バルブ、1.5L 12バルブ、1.6L 16バルブ各エンジンが新型に変更され、新たに新グレードの「LXi」、「S LXi」、「GTi」が用意された。なお、GTiには直列4気筒 1.8L 4G93型エンジンが搭載され、後にロータスエンジンやハンドリングの改良が施された。プロトン・サトリア フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・7

    オースチン・7から見たロータス・カーズロータス・カーズ

    第2次世界大戦後には、多くの中古「オースチン 7」が、その廉価さと改造の容易さから「スペシャル仕様」としてリビルドされ、或いはパーツ流用でレーシングカーのベースになるなどして、モータースポーツの勃興に寄与した。ロータス創業期の出世作「ロータスMk1」はその中の代表例である。オースチン・7 フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・エクラ

    ロータス・エクラから見たロータス・カーズロータス・カーズ

    エクラ(Eclat )は、イギリスの自動車メーカーであるロータス・カーズが製造・販売していた、2+2乗りFRレイアウトのスポーツカーである。ロータス社内のタイプナンバーは76と84。ロータス・エクラ フレッシュアイペディアより)

150件中 61 - 70件表示

「ロータス」のニューストピックワード