119件中 71 - 80件表示
  • フォード・コーティナ

    フォード・コーティナから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    ブリティッシュ・モーター・コーポレーションが1959年に発売したミニの好評を目の当たりにした英国フォードは、複雑な設計ゆえに生産コストや販売価格がサイズに比べて割高なミニと対抗するには、より大きく、常識的な設計の小型車を低価格で売り出すべきだと考えた。そのために開発されたのが初代の「フォード・コンサル・コーティナ」で、1962年9月に発売された。コーティナはサイズ的にはモーリス・オックスフォードやボクスホール・ヴィクターに匹敵し、これらの需要層の取り込みも図っていた。発売されるとすぐにコンサル・コーティナはその割安な価格、特にワゴンモデルの積載能力の高さは評判を呼び、発売3ヶ月で6万台を販売するヒット作となった。 その後も順次バリエーションを拡張し、1963年1月には当初の1198ccの「スタンダード」・「デラックス」に加え1498cc57.5馬力の上級版「スーパー」、4月にはそのエンジンを75.5馬力にチューンした「GT」を追加した。また同年にはロータス製DOHC1558cc106馬力エンジンを搭載したホットモデル・ロータス・コーティナも登場し、ロータス社工場で1966年までの3年間で約2800台が生産され、モータースポーツでも活躍した。フォード・コーティナ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のル・マン24時間レース

    2012年のル・マン24時間レースから見たロータス・カーズロータス (自動車)

    2012年のFIA 世界耐久選手権のエントリー発表に関連して、ACOはル・マンに参戦する56台の完全なエントリーリスト、加えてリザーブ9台を発表した。4月16日、ACOは改訂リストを発表し、ダイソン・レーシングの撤退が明らかになった。ステータス・グランプリとマーフィー・プロトタイプスがダイソンに代わってリザーブリストから追加になった。また、リザーブリストからいくつかのチームの撤退が発表され、その中にはジェットアライアンス・レーシング、ホープ・レーシング、ロータス・カーズ、アストンマーチン・レーシングが含まれた。2012年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • デロリアン

    デロリアンから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    長い開発期間を経て1981年に登場した同社唯一のモデル『DMC-12』は、イタルデザイン社のジョルジェット・ジウジアーロがデザインし、ロータス・カーズがメカニカル設計を請け負った。デロリアン フレッシュアイペディアより)

  • タバコ広告

    タバコ広告から見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    ルノーは2011年、グループロータスとスポンサー契約をしたのを機に、70〜80年代に使われていた黒に金のストライプにカラーリングを変更した。しかしこれはタバコの潜在的な広告にあたるのではないかとの報道があった。当時ロータスはJPSがスポンサーについており、それを思い起こさせるとしてカナダの法律に抵触するのではないかとの見解であった。類似名称の異チーム、ロータスF1チームも2011年のカラーリングとして黒&金ストライプを採用予定であったが、先にルノー側にこのカラーリングの採用を発表されてしまったため断念、従来通りのブリティッシュグリーンのカラーリングで行くことを表明していた。タバコ広告 フレッシュアイペディアより)

  • コーリン・チャップマン

    コーリン・チャップマンから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    アンソニー・コーリン・ブルース・チャップマン CBE(Anthony Colin Bruce Chapman 、1928年5月19日 - 1982年12月16日)は、自動車産業に強い影響を与えたイギリスのデザイナー、発明家、製造者。彼は1952年にロータス・カーズを設立した。コーリン・チャップマン フレッシュアイペディアより)

  • テスラ・ロードスター

    テスラ・ロードスターから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    ロードスターは2シーターオープンカーのスタイルをした電気自動車で、ボディは軽量化を図るために炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使用した。シャシー開発には英ロータス社からの援助を受けており、また、部品の一部はロータス・エリーゼから流用されている。組み立てもイギリス・ヘセルにあるロータスの工場で行われており、そこに世界各地にあるテスラの工場から送られたパーツを集め、車体を組み立てている。テスラ・ロードスター フレッシュアイペディアより)

  • プロトタイプレーシングカー

    プロトタイプレーシングカーから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    1963年にSCCAがプロ化路線に転向して、国内選手権のUSRRC(ユナイティッドステーツ・ロードレーシング選手権)を開始した。このレースは、ラグナ・セカやリバーサイドを舞台とした単発のプロスポーツカーレースを毎年10月に開催して、秋に開催されるF1のアメリカGPとメキシコGPに参戦するF1チームの面々が北米で過ごす合間に参戦を開始するようになった。F1チームの面々にとっては、高額賞金(F1より高い賞金)に加え好成績を獲得するとアメリカでの知名度向上が可能となる魅力があった。特に英国のコンストラクターにとって、アメリカは未開拓で前途洋々な市場に見えた。ブルース・マクラーレンは、当時所属していたクーパーから独立の準備を始め、ローラやロータスもアメリカ進出を推し進めるようになった。一方アメリカからは、フォードがヨーロッパのスポーツカーレース(特にル・マン24時間レース)の制圧を目指して本格挑戦を開始し、1966年?1969年に念願のル・マン24時間で4連勝を達成するようになった。プロトタイプレーシングカー フレッシュアイペディアより)

  • トヨタF1

    トヨタF1から見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    F1に関しては、何度かエンジン供給の話が噂に上がっては幻となっていた。1980年代にロータスと技術提携した際、チーム・ロータスへ供給するターボエンジンを試作したことがあったが、チームの体制変動により計画は立ち消えとなった。1991年(平成3年)にトムスがアラン・プロスト、ジョン・バーナードらと共にF1参戦を試みた際にはエンジン供給を断っている(詳しくはプロスト・グランプリを参照)。トヨタF1 フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    2010年12月8日には、ルノーが保有する残るルノーF1の株式を「グループ・ロータス」(プロトン傘下のロータス・カーズを中心としたグループ)に売却し、チーム名を「ロータス・ルノーGP」と改めることが発表された。この結果、ルノーのフルワークス参戦は2010年限りで終了し、2011年以降ルノーはエンジン供給のみを行う。この背景には、2010年にルノーエンジンを積むレッドブルのセバスチャン・ベッテルがドライバーズタイトルを、レッドブル・レーシングがコンストラクターズタイトルを獲得し2冠を達成したにも関わらず、ワークス・チームが存在するためにこれらの成果をプロモーションに利用することが難しく、ワークスの存在がむしろマイナスの方向に働いていることも指摘された。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・ヨーロッパ

    ロータス・ヨーロッパから見たロータス (自動車)ロータス (自動車)

    ヨーロッパ(Europa )は、イギリスのスポーツカーメーカー・ロータスが1966年から1975年まで製造していた乗用車である。2006年にはヨーロッパSの名で復活した。ロータス・ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

119件中 71 - 80件表示

「ロータス」のニューストピックワード