162件中 91 - 100件表示
  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たいすゞ・ジェミニ

    1986年にはゼネラルモーターズ (GM) の傘下に入る。グループ内のスポーツカーメーカーとしてシボレー・コルベットZR-1の設計や、オペル・オメガ、いすゞ・ピアッツァ、いすゞ・ジェミニなどのチューニングを担当した。1989年に発売された2代目エラン(タイプM100)では、GMグループ内のメーカーからエンジン(いすゞ)、パーツ(ACデルコなど)を調達していた。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たロータス・18

    セブンは1958年の春より、エリートは多少開発を手間取りはしたものの、12月にはリリースが開始された。レーシングカーではタイプ12の後継であるタイプ16を経て、新たにミッドシップレイアウトを導入したタイプ18が名門チームであるロブ・ウォーカー・レーシングに販売され、1960年5月29日、スターリング・モスの手によって記念すべきGP初勝利を達成する。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見た繊維強化プラスチック

    一方、タイプ14エリートはFRPフルモノコックフレーム(日本のフジキャビンに続き史上2番目のFRPモノコック市販車)とタイプ12ゆずりの前後サスペンション、世界最速の消防ポンプと詠われたエンジン、コンベントリー・クライマックスを搭載する高級GTとして発表、市販がアナウンスされると同時に驚愕と絶賛の声を浴びる。そしてマーク6のデザインを受け継ぐ安価な量産スポーツカーとしてセブンも従来の顧客層から好評をもって受け入れられた。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たスクーデリア・フェラーリ

    2009年にダニー・バハーが新CEOに就任すると、積極的にモータースポーツに関与するようになった。バハーは以前レッドブルのF1計画に関わり、フェラーリでブランドイメージ戦略を担当した経験を持つ。また、モータースポーツディレクターにはスクーデリア・フェラーリの元広報部長だったクラウディオ・ベロが就任した。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たARTグランプリ

    ARTグランプリと協力し、2011年より「ロータス・ART」の名でGP2とGP3に参戦している。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たハードトップ

    技術協力では1972年発表のジェンセン・ヒーレー用のエンジン開発、グループ4ホモロゲーションモデルのタルボット・サンビーム・ロータスの開発、デロリアン・DMC-12の開発、セリカXXの開発協力や、ランドクルーザーとハイラックスサーフ用ハードトップの真空成形FRPに関する技術供与を行う。特にトヨタとは資本関係を持ち、チャップマン自らセリカXXのテレビCMに出演していた。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たコスワース

    エランとコーティナ・ロータスの成功により経済的な余裕を得たロータスは、GPにおいても快進撃を見せる。初参戦から5年後の1963年、革新的な軽量モノコックシャーシを採用したタイプ25と名手ジム・クラークを擁してコンストラクタ・タイトルを獲得。その後、インディ500を制覇し、コスワースと組んで名基DFVエンジンを開発するなど、モータースポーツ界を象徴する名門チームのひとつに成長した。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見た工程

    クラブマン向けレーサーであったセブンは安価ゆえに人気となったが、シャシ生産に多くのハンドワーク工程を必要とし、そのシンプルさとは裏腹に高コストな商品で、利益は限られていた。一方高級GTとして販売され、高い利益をもたらすはずであったエリートは、注文こそ順調であったが、複雑で類をみない製造工程で思うように生産台数を伸ばせず、さらにFRPモノコックとレーシングカーのサスペンションはともに信頼性に乏しく、ロータスはクレーム対応に追われ、さらに利益率は低下した。1959年の時点では、エリートは販売するたびに利益どころか赤字になるような状態であった。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たシルバーストーン

    ロータスはチャプマンが完成させた2番目の車であることからマーク2と呼ばれ、それに伴って最初の車はマーク1と呼ばれることになった。マーク2は完成してすぐさらに強力な「フォード10」エンジンへと換装され、レースに参戦するのは翌1950年からとなった。マーク2は高い戦闘力を発揮し、チャプマンとヘイゼルの手で総合優勝4回、クラス優勝4回と好成績を挙げる。特に同年6月3日にシルバーストーンで開催されたエイトクラブ主催のレースでは、現在のF1マシンに当たるグランプリレーサーのブガッティ・タイプ37と競り合い、優勝してしまう。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たヨーロッパ大陸

    1966年、ロータスは自身が本格的にGPに持ち込み、その後レーシングフィールドではセオリーとして定着しつつあった、ミッドシップレイアウトを採用した量産スポーツカーを発表した。イギリス以外のヨーロッパ大陸をメインターゲットとして、当初左ハンドル仕様のみとされたタイプ46ヨーロッパは、かつてのセブン同様、レーシングカーの技術をロードカーに持ち込んだ安価なスポーツカーというコンセプトの元に開発された。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

162件中 91 - 100件表示

「ロータス」のニューストピックワード