152件中 111 - 120件表示
  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たフォード・コスワース・DFVエンジン

    エランとコーティナ・ロータスの成功により経済的な余裕を得たロータスは、GPにおいても快進撃を見せる。初参戦から5年後の1963年、革新的な軽量モノコックシャシを採用したタイプ25と名手ジム・クラークを擁してコンストラクタ・タイトルを獲得。その後、インディ500を制覇し、コスワースと組んで名基DFVエンジンを開発するなど、モータースポーツ界を象徴する名門チームのひとつに成長した。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たトラックレーサー

    タイプ108 - カーボン製フレームのトラックレーサー(競技用自転車)。バルセロナオリンピックの4,000m個人追い抜き種目でクリス・ボードマンが金メダルを獲得した。市販型はタイプ110。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たいすゞ・4XE1

    エラン(1962年) - バックボーン(背骨)フレームはトヨタ・2000GTが手本としたとされる。1989年の2代目エランはいすゞ製4XE1型エンジンを搭載している。その後、この車の生産設備を韓国の起亜自動車へ売却した。キア・ビガートも参照のこと。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たGP2

    ARTグランプリと協力し、2011年より「ロータス・ART」の名でGP2とGP3に参戦している。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たシャシ (自動車)

    彼は事業パートナーであったコーリン・デア、ディレック・ウェットン、そしてガールフレンドであったヘイゼル・ウィリアムズらとともに旧式のシャシを初めとする大部分を作り直し別の車と言ってよいほどの大幅な改造を施した。この作業はロンドンのミューセル・ヒルにあったウィリアムズの実家のガレージで行われたという。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見た公道

    マーク6はそれまでの市販車ベースの改造ではなく、専用設計されたシャシを持つ最初のロータスとなった。プロトタイプは順調に完成し、テストを兼ねて1952年7月からレースにエントリーするが、その年の8月アレンが公道で運転中にクラッシュ、これがきっかけとなりアレン兄弟はロータスを離れることになった。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たプロトタイプ

    マーク6はそれまでの市販車ベースの改造ではなく、専用設計されたシャシを持つ最初のロータスとなった。プロトタイプは順調に完成し、テストを兼ねて1952年7月からレースにエントリーするが、その年の8月アレンが公道で運転中にクラッシュ、これがきっかけとなりアレン兄弟はロータスを離れることになった。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード

    タイプ119 - ソープボックス(動力なし競技車両)。グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのタイムトライアルで優勝した。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たスクーデリア・フェラーリ

    2009年にダニー・バハーが新CEOに就任すると、積極的にモータースポーツに関与するようになった。バハーは以前レッドブルのF1計画に関わり、フェラーリでブランドイメージ戦略を担当した経験を持つ。また、モータースポーツディレクターにはスクーデリア・フェラーリの元広報部長だったクラウディオ・ベロが就任した。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たコスワース

    イクオス・タイプ125 - シングルシーター、オープンホイールボディでサーキットのみ走行可能。コスワース製3.5リッターV8エンジンを搭載する。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

152件中 111 - 120件表示

「ロータス」のニューストピックワード