162件中 21 - 30件表示
  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たジム・クラーク (レーサー)

    エランとコーティナ・ロータスの成功により経済的な余裕を得たロータスは、GPにおいても快進撃を見せる。初参戦から5年後の1963年、革新的な軽量モノコックシャーシを採用したタイプ25と名手ジム・クラークを擁してコンストラクタ・タイトルを獲得。その後、インディ500を制覇し、コスワースと組んで名基DFVエンジンを開発するなど、モータースポーツ界を象徴する名門チームのひとつに成長した。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たモンディアル・ド・ロトモビル

    2009年、フェラーリの副社長だったダニー・バハーがCEOに就任し、シトロエン・C3やフェラーリ・458イタリアを手掛けたドナート・ココをデザインディレクターに迎えた。2010年のパリ・モーターショーでは、エスプリ、エラン、エリート、エリーゼ、エテルネ (Eterne) の5モデルものコンセプトカーを発表。ライトウェイト・スポーツから高級スポーツカーまで車種を揃える意欲を見せた。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たモナコGP

    タイプ12はGP参戦までを視野に入れた本格的シングルシータレーシングカーであり、ロータス・カーズはそれまでチャプマンらのクラブチーム的存在であったチーム・ロータスを本格的なワークスチームとして再編し、1957年から国際格式として開催されたフォーミュラ2へ参戦、そして翌1958年5月のモナコGPでチーム・ロータスはついにGPへと参戦する。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たジェームズ・ボンド

    エスプリ(1975年) - ジョルジェット・ジウジアーロのデザイン代表作の1つ。007シリーズ『007 私を愛したスパイ』にて水陸両用車が登場したことでも知られる。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見た国際自動車連盟

    ベースとなる車両にはコンサル・コーティナが選ばれ、その高性能バージョンであるコーティナGTをさらにチューンし、1000台の生産規定台数で所得できた、当時のFIAグループ2のホモロゲーションを受けるプランがスタートした。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たモーターショー

    マーク8と呼ばれるこのモデルは1954年4月には完成、そのシーズンのレースにエントリーしている。1955年、ロータスはマーク6の成功によって自動車製造販売組合に加入し、正式にメーカーとして認知された。これにより同年のアールズ・コート・モーターショーに出品が認められ、ロータスはこのショーにマーク8の発展型、マーク9のベアシャシを出品する。マーク9はその後、発展系としてマーク10そしてイレブンまで開発される。イレブンは1956年のシリーズ1、1957年のシリーズ2と総計して270台が製造された。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見た自動車産業

    マーク8と呼ばれるこのモデルは1954年4月には完成、そのシーズンのレースにエントリーしている。1955年、ロータスはマーク6の成功によって自動車製造販売組合に加入し、正式にメーカーとして認知された。これにより同年のアールズ・コート・モーターショーに出品が認められ、ロータスはこのショーにマーク8の発展型、マーク9のベアシャシを出品する。マーク9はその後、発展系としてマーク10そしてイレブンまで開発される。イレブンは1956年のシリーズ1、1957年のシリーズ2と総計して270台が製造された。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たロンドン

    それまでのワンオフに近いモデルとは異なり、最初から量産を想定したモデルはマーク6と呼ばれ、その実現のためチャプマンはマイケル・アレンと共に1952年1月1日、ロンドンのホーンジー、トテナム通りにロータス・エンジニアリングを設立した。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たスターリング・ポンド

    1962年のアールズ・コート・モーターショーに出品されたエランは、完成車で1,495ポンド、キットカーフォームで1,095ポンドと発表され、そのセブン並の価格は大いに話題となり、オーダーは順調に延びていった。エランはシリーズ4まで発展し、1973年まで12年に渡って販売され、総数12,000台以上がデリバリされた。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (自動車)

    ロータス (自動車)から見たフォーミュラ1

    ロータスはチャプマンが完成させた2番目の車であることからマーク2と呼ばれ、それに伴って最初の車はマーク1と呼ばれることになった。マーク2は完成してすぐさらに強力な「フォード10」エンジンへと換装され、レースに参戦するのは翌1950年からとなった。マーク2は高い戦闘力を発揮し、チャプマンとヘイゼルの手で総合優勝4回、クラス優勝4回と好成績を挙げる。特に同年6月3日にシルバーストーンで開催されたエイトクラブ主催のレースでは、現在のF1マシンに当たるグランプリレーサーのブガッティ・タイプ37と競り合い、優勝してしまう。ロータス (自動車) フレッシュアイペディアより)

162件中 21 - 30件表示

「ロータス」のニューストピックワード