152件中 51 - 60件表示
  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たロータス・エスプリ

    1970年代後半に入ると、タイプ75エリート、タイプ76エクラ、タイプ79エスプリの3Eと呼ばれるモデルを中心に、従来とは異なる高級路線をとる。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たロータス・エキシージ

    1995年に登場したタイプ111エリーゼは大成功となり、ロータス・カーズは経営危機から脱した。エリーゼは当初のローバーエンジンからトヨタエンジンへ変更しつつ、クーペボディのエキシージ、GM製のターボエンジンを搭載したヨーロッパSなどの派生車種を展開した。2009年には上級車種として、14年ぶりのブランニューモデルとなるエヴォーラを発売するまでに至った。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たロータス・エラン

    ロータス・カーズは確実に利益をもたらす商品を一刻も早く開発する必要に迫られた。このような状況下、新たに市販モデルのエンジニアとしてロータスに入ったロン・ヒックマンにより、タイプ26エランが生み出される。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たロータス・エリーゼ

    1995年に登場したタイプ111エリーゼは大成功となり、ロータス・カーズは経営危機から脱した。エリーゼは当初のローバーエンジンからトヨタエンジンへ変更しつつ、クーペボディのエキシージ、GM製のターボエンジンを搭載したヨーロッパSなどの派生車種を展開した。2009年には上級車種として、14年ぶりのブランニューモデルとなるエヴォーラを発売するまでに至った。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たロータス・エリート

    イレブンまでのレーシングカー販売によって充分な資金を調達したロータスは、次のステップである国際格式レースへ参戦と本格的な市販車の製造販売に歩みを進める。そして1957年10月のアールズ・コート・モータショーにて市販スポーツカーのセブン、ロータス初のクーペボディを持つタイプ14エリート、そしてフォーミュラ2レーシングカーのタイプ12を同時に発表、2つの目標を公に発表する。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たロータス・エクセル

    1982年にチャップマンが54歳で急逝した後は経営難が深刻化し、経営はチャップマン家から事業家のデビッド・ウィッケンスに移った。この時期にエンブレムが変更され、チャップマンのイニシャルであるACBCの文字は削除された。トヨタは株主として関係を深めていき、エクラ・エクセルにはトヨタ製の部品が供給された。1984年のバーミンガムショーでは、新開発のV8エンジンを搭載し、ジョルジェット・ジウジアーロのデザインによるコンセプトカー「エトナ」を発表したが、市販化にはいたらなかった。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たロータス・エヴォーラ

    1995年に登場したタイプ111エリーゼは大成功となり、ロータス・カーズは経営危機から脱した。エリーゼは当初のローバーエンジンからトヨタエンジンへ変更しつつ、クーペボディのエキシージ、GM製のターボエンジンを搭載したヨーロッパSなどの派生車種を展開した。2009年には上級車種として、14年ぶりのブランニューモデルとなるエヴォーラを発売するまでに至った。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たトヨタ・GRエンジン

    エキシージ(2000年) - エリーゼの近代化・高性能仕様。現行はトヨタ製2GR-FE(3.5リッターV6)エンジンを搭載する。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たインディ500

    エランとコーティナ・ロータスの成功により経済的な余裕を得たロータスは、GPにおいても快進撃を見せる。初参戦から5年後の1963年、革新的な軽量モノコックシャシを採用したタイプ25と名手ジム・クラークを擁してコンストラクタ・タイトルを獲得。その後、インディ500を制覇し、コスワースと組んで名基DFVエンジンを開発するなど、モータースポーツ界を象徴する名門チームのひとつに成長した。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たモノコック

    一方、タイプ14エリートはFRPフルモノコックフレーム(日本のフジキャビンに続き史上2番目のFRPモノコック市販車)とタイプ12ゆずりの前後サスペンション、世界最速の消防ポンプと詠われたエンジン、コヴェントリー・クライマックス製FWA型を搭載する高級GTとして発表、市販がアナウンスされると同時に驚愕と絶賛の声を浴びる。そしてマーク6のデザインを受け継ぐ安価な量産スポーツカーとしてセブンも従来の顧客層から好評をもって受け入れられた。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

152件中 51 - 60件表示

「ロータス」のニューストピックワード