531件中 11 - 20件表示
  • A LONG VACATION

    A LONG VACATIONから見たロート製薬ロート製薬

    間奏部分は元々クレイジー・パーティーの「がんばれば愛」(アニメ映画『がんばれ!!タブチくん!!』シリーズエンディングテーマ)の間奏に使われる予定であったとされる。イントロのカウントをカットしたバージョンでアルバムと同日にシングル・カットされた。後にロート製薬「新・Vロート」(1982年)、キリンビバレッジ「生茶」(2004年)、アサヒビール「すらっと」(2010年)のCMソングに使用された。A LONG VACATION フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光のOh!デカナイト

    伊集院光のOh!デカナイトから見たロート製薬ロート製薬

    翌日、ペットショップで購入したり野生のハトを捕獲してきたリスナーのうち先着10名がスタジオへ招待。ブース内は10匹のハトが離され、飛び交うハトでブース内は大混乱。伊集院はリスナー達とロート製薬のCMソング(ハトが本社工場を飛ぶ単独スポンサー提供時のオープニングキャッチ)を合唱するなど大騒ぎした。伊集院光のOh!デカナイト フレッシュアイペディアより)

  • タケダアワー

    タケダアワーから見たロート製薬ロート製薬

    その後, 1992年にそれまでロート製薬の一社提供(末期は複数企業提供)でMBS製作・JNN(1975年3月まではNET(現・テレビ朝日)系向けに放送されていた『アップダウンクイズ』→『クイズ!!ひらめきパスワード』が終了した日曜19時からの枠に, TBS製作の武田薬品と武田薬品グループ一社提供テレビ番組『さんまのからくりTV』がスタートしてタケダ提供が復活(但し、オープニングキャッチはなし)。これはその後、1時間枠『さんまのSUPERからくりTV』として継続(2014年9月番組終了)したが、製薬メーカーの紳士協定があるためタケダの単独提供は番組前半のみ。後半は複数企業の提供で放送され、このような態勢が2007年春まで続いた。タケダアワー フレッシュアイペディアより)

  • 三枝の愛ラブ!爆笑クリニック

    三枝の愛ラブ!爆笑クリニックから見たロート製薬ロート製薬

    『三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』(さんしのあいラブばくしょうクリニック)は、フジテレビ系列局で放送されていた関西テレビ制作のトークバラエティ番組。制作局の関西テレビでは1981年9月16日から1995年9月26日まで放送された。司会は桂三枝(現・六代桂文枝)が担当した。前半30分はロート製薬の一社提供となっていた。三枝の愛ラブ!爆笑クリニック フレッシュアイペディアより)

  • アップダウンクイズ

    アップダウンクイズから見たロート製薬ロート製薬

    『アップダウンクイズ』は、1963年(昭和38年)10月6日から1985年(昭和60年)10月6日まで、毎週日曜日19:00 - 19:30(JST)に放送されていた毎日放送(MBS)製作の視聴者参加型クイズ番組である。ロート製薬の単独提供(第1回放送より)、日本航空の協賛で放送された。アップダウンクイズ フレッシュアイペディアより)

  • 参天製薬

    参天製薬から見たロート製薬ロート製薬

    1890年(明治23年)の創業当時から戦前までは風邪薬を主力商品としていたが、戦後は「ひと・ひとみ・すこやか。」をスローガンに、一貫して眼科向け・大衆向けの目薬、眼科薬、点眼薬などを製造・販売し、新商品展開にも力を入れている。日本において医療用目薬ではシェア1位。一般用目薬ではロート製薬に次いで2位のシェアを持つ。参天製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 目薬

    目薬から見たロート製薬ロート製薬

    1931年、信天堂山田安民薬房(現・ロート製薬)が両口式点眼瓶を発明。瓶の上部にゴム製のピストンを取り付け、目に適量を垂らすことが可能になり衛生面の問題も解決。ロート目薬(1909年発売)はこの発明により一躍ヒット商品となるが、太平洋戦争の激化によりゴムが軍事物資として徴用されたことから両口式点眼瓶は姿を消し瓶の底を指で弾いて点眼する一口叩き式点眼瓶に取って代わられた。目薬 フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見たロート製薬ロート製薬

    ロート製薬・ロートビタ40α、ロートクール40αエド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • バニラビーンズ

    バニラビーンズから見たロート製薬ロート製薬

    2010年3月中旬よりロート製薬の制汗消臭剤ロートリフレアD&DのTV-CMに出演、タイアップ曲「D&D」も歌う。フジテレビ系列のSMAP×SMAPのCM枠などでオンエアされる。衣装が白地に水色の曲線の模様が入ったワンピースとなる(ミニアルバム『Def&Def』のジャケットに採用)。なお、このCM出演についてはファン向けにはちょいワル社長によってTwitterを使って公表された。バニラビーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のテレビ (日本)

    1963年のテレビ (日本)から見たロート製薬ロート製薬

    2日 - 日本テレビ系列で芸能人が体を張ったゲームに挑戦するバラエティ番組『底ぬけ脱線ゲーム』(ロート製薬一社提供)が放送開始。金原二郎(当時日本テレビアナウンサー)の司会で親しまれた( - 1973年1月25日)。1963年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

531件中 11 - 20件表示

「ロート製薬」のニューストピックワード