前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2436件中 1 - 10件表示
  • ヴィースバーデン

    ヴィースバーデンから見たローマ時代古代ローマ

    ヴィースバーデンの歴史は古代に始まる。ローマ時代にはすでにこの街の鉱泉について知られていた。紀元後6年から15年頃に防衛施設が築かれた。この鉱泉については、77年にガイウス・プリニウス・セクンドゥス(大プリニウス)の著作『博物誌』に記述されている。この周辺に "Aquae Mattiacorum" という名のローマ人入植地が建設された。この入植地は、ローマ帝国、ゲルマニア・スペリオル属州内のキヴィタス・マティアコルムの首邑となった。ヴィースバーデン フレッシュアイペディアより)

  • 民主主義

    民主主義から見た古代ローマ古代ローマ

    古代ギリシアの衰退以降は「デモクラシー」の語は衆愚政治の意味で使われるようになった。古代ローマでは「デモクラシー」の語は使用されず、王政を廃止し、元老院と市民集会が主権を持つ体制は「共和制」と呼ばれた。民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • 発明の年表

    発明の年表から見た古代ローマ古代ローマ

    紀元前600年代: ラテン文字(古代ローマ発明の年表 フレッシュアイペディアより)

  • ロスコフ

    ロスコフから見た古代ローマ古代ローマ

    ブルターニュの西部は、ケルト人の部族オシスミイ(fr)が支配していた。当時、ロスコフは港町のひとつだったと考えられる。14世紀にロスコフとバ島の間にあるヴェルト島から剣や斧などが見つかり、17世紀のブロスコン砦の改築の際にはガリアの彫像が海中から発見された。オシスミイ族の航海士らは、長年タルテッソスやカルタゴの貿易相手であり、カルタゴの将軍ハンニバルの遠征時には、その関係は古代ローマに対抗する軍事的なものになった。のちにオシスミイ族の領土は、ガリア戦争を経て古代ローマに併合された。ロスコフ フレッシュアイペディアより)

  • ユニコーン

    ユニコーンから見た古代ローマ古代ローマ

    ユニコーンは極めて獰猛で、力強く、勇敢で、相手がゾウであろうと恐れずに向かっていくという。足が速く、その速さはウマやシカにも勝る。角は長く鋭く尖っていて強靭であり、どんなものでも突き通すことができたという。例えば、セビリアの教会博士の聖イシドールス(560頃 ? 636)が著した『語源集』(Etymologiae, 622 ? 623年)第12巻第2章第12 ? 13節には、ユニコーンの強大な角の一突きはゾウを殺すことができるとある。このユニコーンとゾウが戦っている挿絵が『クイーン・メアリー詩篇集』(The Queen Mary Psalter, 1310 ? 1320年頃、大英図書館蔵)に載っている。また、ドイツのスコラ哲学者、自然科学者のアルベルトゥス・マグヌス(1193頃 ? 1280)は『動物について』(De animalibus, 年代不詳)第22巻第2部第1章第106節で、ユニコーンは角を岩で研いで鋭く尖らせて、戦闘に備えているという。ユニコーンを人の力で殺すことはできても、生け捕りにすることはできなかったという。たとえ生きたまま捕らえられたとしても、飼い馴らすことはできず、激しい逆上の中、自殺してしまうという。さらに、アレクサンドリアの修道士、地理学者のコスマス・インディコプレウステース(6世紀)は『キリスト教地誌』('''', 6世紀)第11巻第7章の中で、ユニコーンは狩人に取り囲まれ、逃げ道を失った時、断崖から真っ逆さまに身を投げ、その角を地面に突き立てて落下の衝撃を和らげて、逃げると言っている。大ポンペイウス(前106 ? 48)はユニコーンをローマに連れて来て見世物にさせたという。ユニコーン フレッシュアイペディアより)

  • ファシズム

    ファシズムから見た古代ローマ古代ローマ

    「ファシズム」()の語源はイタリア語の「ファッショ」(束(たば)、集団、結束)で、更に「ファッショ」の語源はラテン語の「ファスケス」(fasces、束桿)である。ファスケスは斧の回りにロッド(短杖)を束ねたもので、古代ローマの執政官の権威の象徴とされた。ファスケスは彼のリクトルによって運ばれ、彼の命令で体罰や死刑にも使われた。ファスケスの象徴的意味は「統一による力」で、1本のロッドは簡単に壊れるが、束になると容易に壊せないことに由来する。類似の象徴の例にはスペインのファランヘ党の党旗があり、束にした矢が2頭の牛にかけるくびきと結合されている。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパにおける政教分離の歴史

    ヨーロッパにおける政教分離の歴史から見た古代ローマ古代ローマ

    フィレンツェでは、1400年前後の国家存亡の危機を契機に、人文主義者が、君主政治に対する共和政治の優越という政治宣伝をおこない、市民の政治への積極的な参加を促した。この危機を脱出したのち、フィレンツェでは古代文化への嗜好が急速に普及し、美術においても古代ローマの様式や題材、すなわち非キリスト教的な題材を取り入れた作品が数多く制作されるようになった。芸術家たちは個人の表情や性格、風景を正確にえがくために人体や自然をこまかく観察し、幾何学的遠近法や比例原理(黄金分割比)などをさかんに研究したが、ここでも古代ギリシア・古代ローマの建築や彫刻が参考にされた。1439年、コンスタンティノープルの東方教会とローマの西方教会の合同公会議がフィレンツェで開催された。東方教会の一行には多数のギリシア人古典学者がふくまれていたが、かれらの滞在を契機としてギリシア語による古典研究がさかんとなった。フィレンツェのコジモ・デ・メディチはマルシリオ・フィチーノにプラトンはじめギリシア語文献の翻訳を命じ、その周囲に集まったプラトン・アカデミーのなかにはピーコ・デラ・ミランドラの姿もあった。ピーコによれば、神が創造した宇宙は人間の知性では理解しがたいもので満ちており、人間は信仰と知性とに分裂して不安のただなかにあるものの、しかし、その一方を選択する意志のなかにこそ人間の自由が存し、この自由によって人間は宇宙の中心におかれているのだと説き、師フィチーノの人間中心主義を自由意思の哲学へと発展させた。プラトン哲学の神髄にふれて「人間の尊厳」というアイディアを引き出したピーコは、900におよぶ教説集を準備したが、そのなかにはキリスト教教義にまっこうから逆らうものが13もあるといわれている。ヨーロッパにおける政教分離の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ベニート・ムッソリーニ

    ベニート・ムッソリーニから見た古代ローマ古代ローマ

    対外的な主張としては旧来のイレデンティズムを拡張した、生存圏理論の一種として地中海沿岸部の統合を目指す'が唱えられた。ムッソリーニは資源に乏しいイタリアが不完全な大国から完全な大国となり、また膨大な失業者を救うには新規領土の獲得意外に方法はないと考えていた。イタリア民族にとっての父祖となるラテン人が作り上げた「ローマ帝国」を引き合いに出し、ヴェネツィア・ジュリアを筆頭とした地中海世界を今日の帝国()が再統合する大義名分とした。「'」に基いた同化政策は政権獲得直後の1920年代、新規編入されたイストリアのスロベニア系住民と南チロルのオーストリア系住民に対して最初期に政策として実施された。ベニート・ムッソリーニ フレッシュアイペディアより)

  • フェリザイ

    フェリザイから見たローマ時代古代ローマ

    ローマ時代に集落が有ったと信じられている。フェリザイ フレッシュアイペディアより)

  • ローマ建築

    ローマ建築から見た古代ローマ古代ローマ

    ローマ建築(ローマけんちく、Roman Architecture)は、古代ローマの文化、芸術を代表する建築。共和政ローマ、そしてローマ帝国の支配地域に広く残る遺跡と、ウィトルウィウスの残した『建築について』の存在により、ルネサンスに始まる古典主義建築の源泉となった。ローマ建築 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2436件中 1 - 10件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード