前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1780件中 1 - 10件表示
  • 発明の年表

    発明の年表から見た古代ローマ古代ローマ

    紀元前600年代: ラテン文字(古代ローマ発明の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 民主主義

    民主主義から見た古代ローマ古代ローマ

    古代ギリシアの衰退以降は「デモクラシー」の語は衆愚政治の意味で使われるようになった。古代ローマでは「デモクラシー」の語は使用されず、王政を廃止し、元老院と市民集会が主権を持つ体制は「共和制」と呼ばれた。民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • ゲルマン人

    ゲルマン人から見た古代ローマ古代ローマ

    その存在は古くは古代ローマ時代のガリア戦記・ゲルマニアに著されている。ゲルマン人は傭兵や同盟兵としてラテン人の古代ローマと関係を持ったが、ケルト人とは違い一定の距離を保ちローマと同化しなかったとされる。古代末期にローマが衰退するとゲルマン人達は大移動を繰り返し欧州各地に進出、現在のゲルマン系民族の伝播に寄与し、中世ヨーロッパ世界の形成に影響を与えた。ゲルマン人 フレッシュアイペディアより)

  • ユニコーン

    ユニコーンから見た古代ローマ古代ローマ

    ユニコーンは極めて獰猛で、力強く、勇敢で、相手がゾウであろうと恐れずに向かっていくという。足が速く、その速さはウマやシカにも勝る。角は長く鋭く尖っていて強靭であり、どんなものでも容易に突き通すことが出来たという。例えば、セビリアの教会博士の聖イシドールス(560頃 ? 636)が著した『語源集』(Etymologiae, 622 ? 623年)第12巻第2章第12 ? 13節には、ユニコーンの強大な角の一突きはゾウを殺すことが出来るとある。このユニコーンとゾウが戦っている挿絵が『クイーン・メアリー詩篇集』(The Queen Mary Psalter, 1310 ? 1320年頃、大英図書館蔵)に載っている。また、ドイツのスコラ哲学者、自然科学者のアルベルトゥス・マグヌス(1193頃 ? 1280)は『動物について』(De animalibus, 年代不詳)第22巻第2部第1章第106節で、ユニコーンは角を岩で研いで鋭く尖らせて、戦闘に備えているという。ユニコーンは人の力では殺すことは出来ても、生け捕りにすることは出来なかったという。たとえ生きたまま捕らえられたとしても、絶対に飼い馴らすことは出来ず、激しい逆上の中、自殺してしまうという。さらに、アレクサンドリアの修道士、地理学者のコスマス・インディコプレウステース(6世紀)は『キリスト教地誌』('''', 6世紀)第11巻第7章の中で、ユニコーンは狩人に取り囲まれ、逃げ道を失った時、断崖から真っ逆さまに身を投げ、その角を地面に突き立てて落下の衝撃を和らげて、逃げると言っている。この逃げ方は、オリックス、アイベックス、ジャコウ・ウシ、アルガリ(盤羊, Ovis ammon)に見られるものである。大ポンペイウス(前106 ? 48)はユニコーンをローマに連れて来て見世物にさせたという。ユニコーン フレッシュアイペディアより)

  • ファシズム

    ファシズムから見た古代ローマ古代ローマ

    「ファシズム」()の語源はイタリア語の「ファッショ」(束(たば)、集団、結束)で、更に「ファッショ」の語源はラテン語の「ファスケス」(fasces、束桿)である。ファスケスは斧の回りにロッド(短杖)を束ねたもので、古代ローマの執政官の権威の象徴とされた。ファスケスは彼のリクトルによって運ばれ、彼の命令で体罰や死刑にも使われた。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見た古代ローマ古代ローマ

    国名の は、11世紀の『ローランの歌』においてまでは遡って存在が資料的に確認できるが、そこで意味されている はフランク王国のことである。一方で987年に始まるフランス王国 に、 という名前が用いられているが、これは後代がそのように名付けているのであって、その時代に という国名の存在を認定できるわけではない。また中世のフランス王は と署名している。 は中世ヨーロッパに存在したフランク王国に由来すると言われる。その証左に、歴代フランス王の代数もフランク王国の王から数えている(ルイ1世とルイ16世を参照)。作家の佐藤賢一は、ヴェルダン条約でフランク王国が西フランク、中フランク、東フランクに3分割され、中フランクは消滅し、東フランクは神聖ローマ皇帝を称したため、フランク王を名乗るものは西フランク王のみとなり、フランクだけで西フランクを指すようになった、と説明している。ドイツ語では、直訳すればフランク王国となる を未だにフランスの呼称として用いている。これと区別するために、ドイツ語でフランク王国は と呼んでいる。多くの言語ではこのフランク王国由来の呼称を用いているが、ギリシャ語では古代ローマ時代に現在のフランスの領域が属していた行政区画のガリアに由来する を使用している。フランス フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見た古代ローマ古代ローマ

    紀元前1000年から紀元前500年ごろまで、ゲルマン人は青銅器時代だったが、ケルト人は同じころ鉄器時代に入っており、ハルシュタット文化が生まれていた。それらの文化は古代ローマと軍事的にも農耕の慣習上でも対立したが、ヨーロッパ人はローマ人の技術的優位によって征服された。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • 東ローマ帝国

    東ローマ帝国から見た古代ローマ古代ローマ

    「ビザンツ」「ビザンティン」は、すでに帝国が滅びて久しい19世紀以降に使われるようになった通称である。これらの通称はあくまでも古代から1453年まで続いたローマ国家の一時期を指すもので、以下に述べるように、いわゆる「古代ローマ帝国」とは文化や領土等の面で違いが顕著であるため便宜上用いられているにすぎない。日本語での呼称は、歴史学では「ビザンツ」が、美術・建築などの分野では「ビザンティン」が使われることが多い。「ビザンティン」は英語の形容詞 に、「ビザンツ」はドイツ語の名詞 によるもので、いずれも首都コンスタンティノポリスの旧称ビュザンティオンに由来している。東ローマ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 議会

    議会から見た古代ローマ古代ローマ

    近代議会は古代ギリシア・古代ローマの市民総会または評議会・元老院と似た部分を持っている。しかしどちらも近代議会とは歴史的に異なる性格を持ち、政治体制への組み込み方も異なるので、区別することが多い。議会 フレッシュアイペディアより)

  • ローマ建築

    ローマ建築から見た古代ローマ古代ローマ

    ローマ建築(Roman Architecture)は、古代ローマの文化、芸術を代表する建築。共和政ローマ、そしてローマ帝国の支配地域に広く残る遺跡と、ウィトルウィウスの残した『建築について』の存在により、ルネサンスに始まる古典主義建築の源泉となった。ローマ建築 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1780件中 1 - 10件表示