1780件中 91 - 100件表示
  • モラ・サルサ

    モラ・サルサから見た古代ローマ古代ローマ

    古代ローマの宗教におけるモラ・サルサ (Mola salsa) は、粗く挽いたエンマー小麦と塩を混ぜ合わせたもの。ウェスタの処女たちによって調製され、あらゆる公的な儀式で生贄に用いられた。生贄にされる動物の額や角の間に振り掛けられたり、供物台の聖なる炎に投じられたりした。家内安全を願うためであり、たいへんよく用いられた。モラ・サルサ フレッシュアイペディアより)

  • セルビア・モンテネグロの歴史

    セルビア・モンテネグロの歴史から見た古代ローマ古代ローマ

    この地域には紀元前から人が定住してきた。紀元前1世紀にローマの属州となりローマ化が進んだ。4世紀にはゲルマン人のテオドリックの反乱がいまのブルガリア周辺で勃発し、この地も騒乱の渦中となった。その後の民族大移動期には東ゴート人、フン族、アバール人がここを通過し、6世紀にはスラブ人が定住し、独自の王国を建設し始めた。これが今のセルビア人やモンテネグロ人、クロアチア人、スロヴェニア人のルーツである。ただし、モンテネグロ人だけは、古代イリュリアのイリュリア人の可能性も残されている。セルビア・モンテネグロの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 合流

    合流から見た古代ローマ古代ローマ

    近代以前は河川が重要な交通ルートであったことから合流点には交通の結節点として集落や市などが成立し、これらの中には現在の都市につながるものも多い。例として、ドイツのコブレンツはライン川と支流のモーゼル川が合流するところに建設された街で、その名は古代ローマの砦、カストルム・アド・コンフルエンテス(合流点の城砦、の意)に由来する。日本においても河合や落合といった地名・人名は合流点に由来する場合が多い。合流 フレッシュアイペディアより)

  • 古代道路

    古代道路から見た古代ローマ古代ローマ

    古代道路(こだいどうろ)とは、世界のいくつかの地域で古代に建設された道路・道路網をいう。特に、古代の中央集権国家により、計画的に整備された道路・道路網を指すことが多い。古代ローマや古代中国、インカ帝国などの古代国家は、中央から地方を強力に支配し、有事には急速な軍事移動を可能とするため、直線的で幅の広い計画道路を版図にはりめぐらせた。日本においても、飛鳥時代から平安時代初期にかけて、全国的な計画道路が整備されていた。これらの古代道路のほとんどは、古代中央集権国家体制の崩壊と共に姿を消し、わずかに遺跡として現存するのみとなっている。古代道路 フレッシュアイペディアより)

  • 武装

    武装から見た古代ローマ古代ローマ

    兵士や警察官などの個人の場合は、武装の度合いによって軽武装・重武装などという格付けをすることもあるが、その個人がいる時代や果たす役目に応じて何をもって重武装とするかは大きく異なる。現代の兵士であれば小銃の他に重機関銃などで武装すれば重武装と言えるであろうが、古代ギリシアや古代ローマで活躍した重装歩兵のような古代の兵士は兜、胸当てにすね当てを身につけ、パイクと剣を持てば重武装と言えた。また、警察官であれば警棒や拳銃の他に散弾銃(ライアットガン)を持つと重武装ととらえられる。武装 フレッシュアイペディアより)

  • メイキャッパー

    メイキャッパーから見た古代ローマ古代ローマ

    ワニの排泄物に含まれているタンパク質分解酵素を利用することで、顔のニキビを除去する方法。古代ローマの基本的なメイクテクニックとの事。メイキャッパー フレッシュアイペディアより)

  • ヴェリア

    ヴェリアから見た古代ローマ古代ローマ

    カンパニア州サレルノ県アシェーアにあるヴェリア (Velia) - 古代ギリシア植民地エレアを元にした、古代ローマの都市の遺跡がある。ヴェリア フレッシュアイペディアより)

  • タンブレロ

    タンブレロから見たローマ時代古代ローマ

    人が互いにボールを打ち合うという球技は、エジプト文明、メソポタミア文明など紀元前から世界各地でみられるとされるが、タンブレロの源流は、テニスと同じで、紀元前15世紀ごろのエジプトの壁画に確認することができるといわれる。イタリアでは、ローマ時代からさまざまな形でこの球技が行われたという。11世紀頃、ヨーロッパに進出してきたウマイヤ朝の影響を、テニスの原型とも言われる「ジュ・ド・ポーム (Jeu de paume;手のひらのゲーム)」の始まりと関連づける説があり、ラケットという言葉はアラビア語で「手のひら」を意味する「rahat」が語源といわれる。タンブレロ フレッシュアイペディアより)

  • アテルラナ

    アテルラナから見た古代ローマ古代ローマ

    アテルラナ(アテルラネ、イタリア語:Atellana)は、古代ローマで人気のあった低俗な道化喜劇。名前はこの劇が発明された、カンパニアにあったオスク人の古代都市アテルラ(Atella)に由来する。元々アテルラナはオスク語で書かれていて、紀元前391年にはローマに移入された。ローマ版のアテルラナは、他の登場人物がラテン語を使う一方、道化役のみがオスク語を使っていた。アテルラナ フレッシュアイペディアより)

  • バルダッサーレ・ロンゲーナ

    バルダッサーレ・ロンゲーナから見た古代ローマ古代ローマ

    代表作は上品な装飾のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂で、ペストの流行が終結したことを聖母マリアに感謝するため1631年に着工した。カナル・グランデの先端の半島状の部分に建つ2つのドームを持つ教会であり、ヴェネツィアの名所となっている。主玄関は古代ローマの凱旋門をモデルとしており、その後のヴェネツィアや余所の教会あるいは大聖堂で真似された。バルダッサーレ・ロンゲーナ フレッシュアイペディアより)

1780件中 91 - 100件表示