2436件中 101 - 110件表示
  • 家族・私有財産・国家の起源

    家族・私有財産・国家の起源から見た古代ローマ古代ローマ

    第四章から第八章は古代ギリシア、古代ローマ、古代ゲルマンの氏族共同体が紹介されている。いずれも氏族は国家に先行する社会組織であり、史書や現行制度の痕跡からそれを証明しようとしている。ただし、一様なものではなく、民族ごとに豊かな形態があることをエンゲルスは叙述している。一例として古代ギリシアと古代ローマの事例を紹介する。家族・私有財産・国家の起源 フレッシュアイペディアより)

  • 鉛

    から見た古代ローマ古代ローマ

    また鉛は軟らかい金属であり、紙などに擦り付けると文字が書けるため、古代ローマ人は羊皮紙に鉛で線および文字を書き、これが鉛筆 (lead pencil) の名称の起源となった。 フレッシュアイペディアより)

  • たいまつ

    たいまつから見た古代ローマ古代ローマ

    たいまつの火をつける部分に硫黄と石灰を混ぜたものを使用すると、水の中に入れられた後でも炎が消えないたいまつが出来上がる。こうしたたいまつは古代ローマで用いられた。たいまつ フレッシュアイペディアより)

  • ロルヒ (ヴュルテンベルク)

    ロルヒ (ヴュルテンベルク)から見たローマ時代古代ローマ

    ロルヒのローマ時代の名称は判明していない。中世の名称や、現在同じく「ロルヒ」と呼ばれているオーバーエスターライヒの町に対する古名「ラウリアクム」 ('''') からの類推で、「ラウリアクム」という名称がしばしば採用される。260年から268年までの間に、アレマン人の圧力により、ラエティアの北西部およびゲルマニア・スペリオルの東部を放棄した。これによりリーメスやロルヒ城砦も放棄された。ローマ人は、ライン川を渡って西へ、ボーデン湖や上ラインを渡って南へ、を渡って東に後退した(ドナウ=イラー=ライン・リーメス)。ローマ人からはアレマン人と呼ばれたゲルマン人は勢力範囲を拡大し、ローマ人が撤退した土地に定住した。ロルヒ (ヴュルテンベルク) フレッシュアイペディアより)

  • リューテン

    リューテンから見たローマ時代古代ローマ

    カレンハルト地区では、ケルトリングハウゼン城(1714年)、バロック様式のカトリック教会(1722年)、14世紀から15世紀の村役場が印象的である。ローマ時代のクネプリングハウゼン陣地はクネプリングハウゼン地区にある。リューテン フレッシュアイペディアより)

  • ギリシャ人

    ギリシャ人から見た古代ローマ古代ローマ

    後に、マケドニア王国のアレクサンドロス大王の帝国建設などを経て、広く中央アジアから地中海世界の各地にまで広がったギリシャ語を常用するものをも指すように転じた。ギリシャ人を意味する英語の Greek 、フランス語の Grec などの西欧の諸言語における呼称や日本語の「ギリシャ(人)」は、イタリア半島の南部に移住した人々を古代ローマ人がその土地の名であるグラエキア (Graecia) からグラエキ (Graeci) と呼んだことに由来する。ギリシャ人 フレッシュアイペディアより)

  • ゲルマン人

    ゲルマン人から見た古代ローマ古代ローマ

    ギリシアの歴史家ポセイドニオスがガリア地方に侵入した部族について記述したとされる。これは後世の古代ローマの歴史家の引用で伝えられている。ゲルマン人 フレッシュアイペディアより)

  • 徴兵制度

    徴兵制度から見た古代ローマ古代ローマ

    ローマにおいては資産の多寡により兵役の内容が細分化され、多額の資産を有する者は騎兵、零細市民は安価で間に合う兵装、無資産市民は国家存亡の秋を除き兵役の対象から外されていた。その後、マリウスの軍制改革により一般市民の兵役は廃されて志願制となり、職業軍人化が進んだ。これによりローマは地中海世界を制圧する能力を得た。徴兵制度 フレッシュアイペディアより)

  • 吹奏楽

    吹奏楽から見た古代ローマ古代ローマ

    吹奏楽の歴史は、古代エジプトにまでさかのぼる。ラッパと太鼓類を主に、行進を伴奏する情景が当時の壁画に残されている。古代ローマ時代には編成を増し、中世の軍楽の基礎をつくった。中世になると楽器も発達し、種類・数量も増えて行く。オスマン帝国の侵攻に伴うトルコ軍楽との接触は西ヨーロッパの吹奏楽隊の拡張に貢献した。より多くのクラリネット、ピッコロが次第に加えられて行き、金管楽器が更に発達し、打楽器の素晴らしさ、そして劇的な効果が、大太鼓やシンバル、トライアングル等の打楽器セクションの拡張を促した。17世紀にはドイツ、フランスなどで盛んとなり、芸術音楽にも多大な影響を与えはじめた。現在、行進曲として演奏されるレパートリーが出現するのもこのころからである。1810年代には吹奏楽隊は使用する楽器が国により様々に異なって来るが、既に現在とほぼ変わらない規模に達してもいた。ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンらの作品にも行進曲や軍楽用の作品がみられる。吹奏楽 フレッシュアイペディアより)

  • カルタゴ

    カルタゴから見た古代ローマ古代ローマ

    一つは、「マグナ・グラエキア」と呼ばれた南イタリアにあるギリシアの植民都市に対するローマの攻撃に対抗するためのものであり、もう一つはシチリア島西部にあるカルタゴの領土を征服しようとするものであった。しかし、ピュロスは、イタリア半島とシチリア島の両方で敗北した。カルタゴにとっては以前の状況に戻ったに過ぎなかったが、ローマはタレントゥム(現在のターラント)を占領し、イタリア全域を支配するようになった。その結果、西地中海における政治勢力に変化が現れ始めた。シチリア島におけるギリシアの拠点は、明らかに減少する一方、ローマの強大化、領土拡大の野望は、カルタゴとの直接対決を導くこととなった。カルタゴ フレッシュアイペディアより)

2436件中 101 - 110件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード