2436件中 111 - 120件表示
  • アーチ

    アーチから見た古代ローマ古代ローマ

    西洋に残る建築物の多くは石造、すなわち組積造であるため、技術としてのアーチの発展は、建築史を語る上で非常に重要な要素である。アーチは古代エジプト、バビロニア、ギリシャ、アッシリアなどで古くから使われていたが、その多くは地下の構造物であり、地上において大きく発展させたのは古代ローマであろう。ユゼスの湧き水を50km離れたニームにまで運んだアーチ橋ポン・デュ・ガールは、古代ローマ人がアーチの効果を深く理解していたことを示すものであると言える。また、コロッセオではオーダーと組み合わせることで、装飾的な外壁を生み出している。アーチ フレッシュアイペディアより)

  • 世界の歴史

    世界の歴史から見た古代ローマ古代ローマ

    エジプト - プトレマイオス朝から古代ローマ世界の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ストラボン

    ストラボンから見た古代ローマ古代ローマ

    ストラボン( / Strábôn、, 紀元前63年頃 - 23年頃)は古代ローマ時代のギリシア系の地理学者・歴史家・哲学者。全17巻から成るギリシャ語で書かれた『』(または地理誌、, Geōgraphiká)で知られる。この大著は、当時の古代ローマの人々の地理観・歴史観を知る上で重要な書物となっている。ストラボン フレッシュアイペディアより)

  • ポジェガ (クロアチア)

    ポジェガ (クロアチア)から見た古代ローマ古代ローマ

    スラヴォンスキ・ブロドの北西側で、ポジェガ盆地の南西部に位置する。標高は152mで肥沃な土壌からローマ時代より黄金の谷を意味するヴァリス・アウレア(Vallis Aurea)と呼ばれていた。盆地はスラヴォニアの山や丘陵であるポジェシュカ・ゴラ(Požeška Gora)、プスニ(Psunj)、パプク(Papuk)、クルンディヤ(Krndija)、ディリ(Dilj)などに囲まれている。ポジェガ (クロアチア) フレッシュアイペディアより)

  • セニ

    セニから見た古代ローマ古代ローマ

    セニはクロアチアのアドリア海沿岸では最大の都市圏を構成するリエカからザダルの間に位置する。都市圏はセニも含まれ沿岸に沿って76kmに達し、カペラ山脈とヴェレビト山脈などの山地とアドリア海の間に構成されている。セニはアドリア海東部に位置し、地中海の国々や都市とつながりがある。道路は沿岸部の各地と通じておりヴィノドル峡谷や北側のリエカ、南側のザダルやスプリト、ダルマチアの他、標高700mのヴラトニク峠を越えた山側などとも連絡している。山越えの道はローマ時代にはすでにヨゼフィナ(Josephina)と呼ばれる街道の最初の区間は塩の運搬に使われていた他、中世には物資の輸送にとって重要であった。ケッペンの気候区分ではCsbに含まれる穏やかな地中海性気候で夏は爽やかで乾燥している。しかしながら、地理的な影響からとくに冬はアドリア海沿岸の他の地域同様に北東の強い風であるボーラが吹き付ける時がある。セニ フレッシュアイペディアより)

  • フランクフルト・アム・マイン

    フランクフルト・アム・マインから見たローマ時代古代ローマ

    ドームヒューゲルの入植地の名前は、794年に初めて文献に記録された際、Franconofurd, または Francorum vadus と古高ドイツ語およびラテン語で記述されている。どちらもフランク人の徒渉地を意味する。おそらく、現在のアルテ・ブリュッケのやや上流側の川底に岩があり浅瀬になっていたために、通常の水位の状態であれば、現在よりはかなり川幅があったと思われるマイン川を歩いて渡ることができた。この徒渉地は、ローマ時代になると戦略的意味はなかったが、マインツからゲルマニア領内を通る街道は、マイン川河口域の湿地を迂回してドームヒューゲルを通っていた。フランクフルト・アム・マイン フレッシュアイペディアより)

  • ルパン三世 カリオストロの城

    ルパン三世 カリオストロの城から見た古代ローマ古代ローマ

    「文字盤のヤギの目に指輪をはめ込むことにより財宝への道が開かれる」。ルパンのその言葉通り、文字盤のヤギの目に指輪を納めた途端に時計塔が急速に動き始め、逃げ場を失った伯爵は激しく動く時計の針に挟まれて押し潰され最期を遂げる。時計塔が崩壊したしばらくの後、無事に湖岸へと辿り着いていたルパンとクラリスは湖の底から現れた遺跡の姿を目の当たりにする。湖は実はダム、財宝とは先祖が隠した古代ローマのポリスであり、時計塔の仕掛けは湛えられている水を排出して沈んだ遺跡を表出させるための装置、そして指輪はその起動装置だったのである。ルパン三世 カリオストロの城 フレッシュアイペディアより)

  • 闘牛場

    闘牛場から見た古代ローマ古代ローマ

    闘牛場(とうぎゅうじょう、)は、闘牛が行われる競技場である。特にスペインに多く存在するが、フランスやポルトガルなどスペインの近隣諸国、アメリカ州などの新大陸、日本などのアジアでも見られる。闘牛場は古代ローマの円形競技場に強い構造的類似性が見られ、その町の歴史的・文化的な中心地となっている場合が多い。闘牛場 フレッシュアイペディアより)

  • 同盟都市

    同盟都市から見た古代ローマ古代ローマ

    同盟都市 フレッシュアイペディアより)

  • レグア

    レグアから見た古代ローマ古代ローマ

    レウカはもともとガリア人の距離の単位で、レウガともいい、1500歩に相当する。1000歩を1ミリアリウムと数えた古代ローマ人は、1レウガを1.5ミリアリウムとしてこの単位を取り込んだ。約2.2キロメートルである。これがスペイン語・ポルトガル語のレグアの元になったのだが、1レグアが3マイル(スペイン語ではミジェ、mille)と倍になった。また一般に、徒歩で1時間に進める距離と解されるようになった。レグア フレッシュアイペディアより)

2436件中 111 - 120件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード