2436件中 121 - 130件表示
  • トリブヌス

    トリブヌスから見た古代ローマ古代ローマ

    トリブヌス (tribunus) は、ラテン語で部族長や軍隊の指揮官を指す。古代ローマにおいては、特定の公職や軍隊の高級将校を指す言葉として用いられたことが多い。トリブヌス フレッシュアイペディアより)

  • 合流

    合流から見た古代ローマ古代ローマ

    近代以前は河川が重要な交通ルートであったことから合流点には交通の結節点として集落や市などが成立し、これらの中には現在の都市につながるものも多い。例として、ドイツのコブレンツはライン川と支流のモーゼル川が合流するところに建設された街で、その名は古代ローマの砦、カストルム・アド・コンフルエンテス(合流点の城砦、の意)に由来する。日本においても河合や落合といった地名・人名は合流点に由来する場合が多い。合流 フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見た古代ローマ古代ローマ

    もともと足で球やボールを蹴る行為はサッカーもフットサルも起源や歴史は一緒であり、人類は歴史が始まった頃からこの行為は始まったとされる。例えば、新石器時代(紀元前約1万年前)の現中国地域の地層から石の球が発見されたこと(中国マスコミはこれをサッカーの起源として報道したが、蹴った証拠は見つかっていない)。南米の熱帯雨林で古くから早く生産して作った天然ゴムのボール(これにより南米では早くからボールを蹴るが行われていた)。パタゴニアやアンディスのインディオ文明にて描かれているボールを蹴る人々(紀元前1500年チリのピリマタム、パタゴニアのチョエカ、紀元前800年メキシコのマヤ文明のポク・タ・ポク)。他にも足でボールを蹴る遊戯は、考古学的には、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマから足でボールを蹴る人物のレリーフが発見されている(紀元前200年古代ギリシャのエピスキロス、紀元前200年古代ローマのパルパツウム)。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • 発色剤

    発色剤から見たローマ時代古代ローマ

    ローマ時代に、硝酸カリウムを主成分とする硝石に、食肉に赤みと防腐作用を持たせることが知られていたが、1891年に、細菌の還元作用により硝酸塩から生じた亜硝酸塩の作用であることが明らかになった。発色剤 フレッシュアイペディアより)

  • 65年

    65年から見た古代ローマ古代ローマ

    セネカ - 古代ローマの政治家、思想家、詩人(* 紀元前4年頃)65年 フレッシュアイペディアより)

  • ブルトゥス

    ブルトゥスから見た古代ローマ古代ローマ

    ブルトゥス (ラテン語:Brutus) は古代ローマの家族名。ユニウス氏族に属し、共和政ローマの初代執政官ルキウス・ユニウス・ブルトゥスから連なる家系と主張していた。しかしプレブス系の家系であり、パトリキであったルキウス・ブルトゥスとの関係は疑われることが多い。「ブルートゥス」と長音で称するケースもある。ブルトゥス フレッシュアイペディアより)

  • 11年

    11年から見た古代ローマ古代ローマ

    マルクス・アンティスティウス・ラベオ - 古代ローマの法学者(生年未詳、10年没説あり)11年 フレッシュアイペディアより)

  • ダキア人

    ダキア人から見た古代ローマ古代ローマ

    紀元前70年に、部族連合の首長ブレビスタがダキアを統一し、ローマ帝国に抵抗を続けた。ダキア人 フレッシュアイペディアより)

  • ルキウス

    ルキウスから見た古代ローマ古代ローマ

    ルキウス (Lucius) は、古代ローマ人の個人名。ルキウス フレッシュアイペディアより)

  • ローマ建国紀元

    ローマ建国紀元から見た古代ローマ古代ローマ

    ローマ建国紀元(ローマけんこくきげん、Ab urbe condita, AVC/AUC, a.v.c./a.u.c.)は、初代ローマ王ロームルスが古代ローマを建国したとされる、西暦換算で紀元前753年を元年(紀元)とする紀年法である。古代ローマで使われていた暦法であるローマ暦(ロームルス暦)とは異なる。ローマ建国紀元 フレッシュアイペディアより)

2436件中 121 - 130件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード