2436件中 11 - 20件表示
  • チジック・ハウス

    チジック・ハウスから見た古代ローマ古代ローマ

    チジック・ハウスは、バーリントンによるルネサンスの模倣ではなく、典型的なローマ式庭園 (Roman gardens) (英語版) の中にあるローマ式邸宅 (Roman villa) (英語版) を作る試みだった。チジック・ハウスは16世紀イタリアの建築家アンドレーア・パッラーディオと彼のアシスタント、ヴィンチェンツォ・スカモッツィによるいくつかの建築物から、部分的に大きな刺激を受けている。邸宅はしばしば、ヴィチェンツァ 近郊のヴィラ・アルメリコ・カプラ、ラ・ロトンダ (Villa Almerico-Capra La Rotonda) に直接触発されたと言われるが 、これは建築家コーレン・キャンベル (1676年 - 1729年) が、ヴィラ・アルメリコ・カプラに極めて忠実に基づいたチジック・ハウス用の設計図をバーリントンに提供していたからである。しかしながらこれは明らかにバーリントンに影響を与えたものの、彼は提案を拒否し、設計図をケント州ミアワース (Mereworth) のミアワース城 (Mereworth Castle) (英語版) で使った。チジック・ハウスにあるバーリントンの蔵書目録によると、彼はパッラーディオだけに影響を受けていたわけではなかった。セバスティアーノ・セルリオ (1475年 - 1554年頃) やレオン・バッティスタ・アルベルティ (1404年 - 1472年) などの影響力のあるルネサンス期のイタリア人建築家の本も所有していたし、また蔵書にはジャン・コトール (Jean Cotelle、1642年 - 1706年) (英語版)、フィリベール・ド・ロルム (Philibert de l'Orme、1514年 - 1570年) (英語版) 、アブラハム・ボッセ (Abraham Bosse、1602年 - 1676年) (英語版) 、ジャン・ビュラン (Jean Bullant、1515年 - 1578年) (英語版) 、サロモン・ド・コー (Salomon de Caus、1576年 - 1626年) (英語版) 、ローランド・フレアール・ド・シャムブレー (Roland Fréart de Chambray、1606年 - 1676年) (英語版) 、ユーグ・サンバン (Hugues Sambin、1520年 - 1601年) (英語版) 、アントワーヌ・デコデ (Antoine Desgodetz、1653年 - 1728年) などの、フランスの建築家、彫刻家、イラストレーター、あるいは建築理論家の著作やクロード・ペロー (1613年 - 1688年) の著作Treatise of the Five Ordersをジョン・ジェームス (John James、1673年 - 1746年) (英語版) が翻訳した本なども含まれていた。パッラーディオの業績はおそらく設計図や古代ローマ建築の復元を通して、バーリントンに重大な影響を及ぼした。これらの多くは未出版で一部だけが知られていたが、バーリントンはそれらを2回目のグランドツアーの際に購入して、ブルー・ベルベット・ルーム (Blue Velvet Room) に収納し、研究のために使った。ローマ建築の復元プランは、バーリントンの邸宅における、八角形・円・長方形・アプス などを含む多種多様な幾何学的形状の発想の源泉となったチジック・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • ホウカム・ホール

    ホウカム・ホールから見た古代ローマ古代ローマ

    パッラーディオ様式はトマス・クックなど、自身のアイデンティティを古代ローマに探し求めていたホウィッグ党員に称賛された。ホウカム・ホールの外観を担当したのはウィリアム・ケントである。ケントはパッラーディオの「建築四書」 () (英語版) に掲載されているヴィラ・モセニゴ () (伊語版) を基本としつつ、改変を加えて設計を行った。ヴィラ・モセニゴは設計だけで建築はされなかったヴィラである。ホウカム・ホール フレッシュアイペディアより)

  • 議会

    議会から見た古代ローマ古代ローマ

    近代議会は古代ギリシア・古代ローマの市民総会または評議会・元老院と似た部分を持っている。しかしどちらも近代議会とは歴史的に異なる性格を持ち、政治体制への組み込み方も異なるので、区別することが多い。議会 フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見た古代ローマ古代ローマ

    紀元前1000年から紀元前500年ごろまで、ゲルマン人は青銅器時代だったが、ケルト人は同じころ鉄器時代に入っており、ハルシュタット文化が生まれていた。それらの文化は古代ローマと軍事的にも農耕の慣習上でも対立したが、ヨーロッパ人はローマ人の技術的優位によって征服された。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見た古代ローマ古代ローマ

    イタリアという単語は元々、半島の南端部の狭い地域の名だったということである。由来についての有力な説は、古ラテン語の vitulus (ウィトゥルス、雄の子牛)から転じたという説である。また、古代ローマの歴史家・ハリカルナッソスのディオニュシオスによれば、ギリシャ人が現在のカラブリアに上陸した時、初めて接触した民族が()だったため、その地域が「イタリア」と呼ばれるようになったという。この伝説についてはアリストテレスやトゥキディデスも言及している。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • 東ローマ帝国

    東ローマ帝国から見た古代ローマ古代ローマ

    ローマ国家自体は古代から1453年まで連綿と続いたものであり、上述の通り「東ローマ帝国」の住民も自らの国家を「ローマ帝国」と認識していた。ところが、この時期のこの国家は「古代ローマ帝国」とは文化や領土等の面で違いがあまりにも顕著となっていたため、便宜上、別の名称が使用されるようになった。「ビザンツ」「ビザンティン」は、すでに帝国が滅びて久しい19世紀以降に使われるようになった通称である。いずれも首都コンスタンティノポリスの旧称ビュザンティオンに由来している。「ビザンティン」は英語の形容詞 に、「ビザンツ」はドイツ語の名詞 、「ビザンティオン」は古典ギリシア語の名詞に由来している。日本語での呼称は、歴史学では「ビザンツ」が、美術・建築などの分野では「ビザンティン」が使われることが多い。「ビザンティオン帝国」は、英語やドイツ語表記よりも古典ギリシア語表記を重視する立場の研究者によって使用されている。ただし、この呼称は6〜7世紀以降のこの帝国を指して使われることが多く、その点で、4世紀末以降の「東ローマ帝国」とはややその概念を異にしている。東ローマ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • パルティア

    パルティアから見た古代ローマ古代ローマ

    パルティア(、前247年-後224年)は古代イランの王朝。王朝の名前からアルサケス朝とも呼ばれ、日本語ではしばしばアルサケス朝パルティアという名前でも表記される。前3世紀半ばに中央アジアの遊牧民の族長アルサケス1世(アルシャク1世)によって建国され、ミトラダテス1世(ミフルダート1世、在位:前171年-前138年)の時代以降、現在のイラク、トルコ東部、イラン、トルクメニスタン、アフガニスタン西部、パキスタン西部にあたる、西アジアの広い範囲を支配下に置いた。前1世紀以降、地中海世界で勢力を拡大するローマと衝突し、特にアルメニアやシリア、メソポタミア、バビロニアの支配を巡って争った。末期には王位継承を巡る内乱の中で自立したペルシスの支配者アルダシール1世(在位:226年-240年)によって滅ぼされ、新たに勃興したサーサーン朝に取って代わられた。パルティア フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見た古代ローマ古代ローマ

    現在のフランスに相当する地域は、紀元前1世紀まではマッシリア(現マルセイユ)などの地中海沿岸のギリシャ人の植民都市を除くと、ケルト人が住む土地であり、古代ローマ人はこの地をガリア(ゴール)と呼んでいた。ゴールに住むケルト人はドルイドを軸に自然を信仰する独自の文化体系を持っていたが、政治的には統一されていなかった。フランス フレッシュアイペディアより)

  • ゲタイ

    ゲタイから見た古代ローマ古代ローマ

    ゲタイ(ギリシャ語:Γέται、Getai)は、かつて黒海の西側、ドナウ川流域(現在のルーマニア)に住んでいたとされるトラキア系民族。紀元前6世紀から古代ギリシア・ローマの史家によってその存在が記されてきた。史料によってはゲタエ(Getae)とも表記される。ゲタイ フレッシュアイペディアより)

  • マリウス氏族

    マリウス氏族から見た古代ローマ古代ローマ

    マリウス氏族(gens Marii)とは、古代ローマに存在した氏族で、平民(プレブス)に属する氏族の一つでもあった。マリウス氏族 フレッシュアイペディアより)

2436件中 11 - 20件表示

「ローマ文明」のニューストピックワード